第66話 レヴェノアの街

 大きな街ではあるが、のどかな街だった。


 街を囲う外壁はなく、入口を示すのか、大きな石柱が二本立っていた。そこから黒っぽい石を使った石畳がのびている。


 建物は密集というほどではなく、二階建ての建物が多い。


 街の入口から住民を観察した。この街はアッシリア南部の交易要所だとグラヌスが言っていた。そうなのだろう。くたびれた服に荷物が多いのは旅人だ。行商人の荷馬車も見かける。数は多くないが、猿人や猫人もわずかに見かけた。


「全員で入っても問題なさそうだな」


 アトがうなずく。ペレイアの街では安易に入って注目を浴びてしまった。


 この仲間で旅をしていると、猿人だの犬人だのを忘れてしまう。なんせこっちには人間と鳥人がいる。さらには猫人まで増えた。


「これが、うわさのレヴェノアの石道か」


 グラヌスが地面を見ていた。おれも下を見る。ただの石畳だ。


「おい、いちいち踏みしめる地面に感動するなよ」


 この犬人はウブラ国に入ったさい、しみじみと地面の土を踏みしめていた。あいかわらず大げさだなと思ったら、グラヌスは剣をぬいた。


「ちがう。この石畳を見られよ。正確に四角い石が、きっちり交互に組みあわさっている。それが刃も通さぬ正確さで」


 見るとほんとうだ。石と石のあいだに隙間がない。グラヌスが剣先を隙間に刺そうとしたが、まったく入らなかった。


「あの山脈、鉱石も有名だが、石の採掘場も多い。ここの石工は優れた技術があると有名なのだ」


 なるほど。おれは街を見まわした。バラールのような高い建物はない。だが、それぞれ建物の土台には石積みがあった。その上に漆喰の壁。屋根はだいだい色の瓦が使われていた。


 土台の石の黒、白い壁、橙の屋根。三色に統一された街なみが広がっている。


「おい! 貴様、剣をふりまわし、なにしとるか!」


 赤い生地に金の刺繍が入った外套がいとう、腰には剣を差している。見るからに都の兵士だ。おいおい、この街でも捕まるのか。


 また牢屋か、そう思ったが、領主に用事があると言うと、兵士の男は顔をしかめた。


「くそう、ならついて参れ」

「あら、捕まえないので?」


 どうやら、領主の元へ案内してくれるらしい。


「領主への面会は、我ら兵士は止めぬと、約束してある」


 ほう。ここの領主、やり手かもしれない。兵士はアッシリア王都から派遣のはず。街のあちこちに、おなじ赤の外套を着た男を見た。兵士の数は多そうだ。しかし好き勝手にはさせていない、ということか。


 兵士のうしろを歩きながら家々を見た。温暖な気候だからか、どの家も窓を開け放っている。物を売る店のほかに、革細工や鍛冶屋の工房もあった。


 バラールの都ほど人は多くない。石畳の通りを歩く人もまばらだ。でも街には活気がある。


 さきを歩く兵士は街の中央へ伸びる黒い石畳からそれ、街のはずれにむかい歩いていく。


 街のはずれに大きなやかたがあった。大きいが、ほかの建物と外観は変わらない。正確に四角く切られた黒石の土台、白い壁、だいだい色の屋根。


 二階建ての二階には、小ぶりな窓がならんでいた。来客を泊めるための客室だろうか。


「ここだ。悪さはせぬように」


 兵士は面白くなさそうに告げ、歩き去った。


「ちょっと、聞いてくれ」


 おれは仲間の三人へむいた。


「領主との会話、おれにすべて任しちゃくれねえか」


 アトとグラヌスが見あって首をひねった。


「ラティオ殿、わざわざ断ることでもないと思うが」

「おれ以外は口をつぐんでて欲しいんだ」


 グラヌスが眉を寄せた。おれは館を見あげる。


「この街、統治が行き届いているように見える。そのわりに、領主の館は普通だ」


 グラヌスも館を見あげた。


「普通ってのがおかしい。領主ってのは城か、権威を誇示するために大きな建物を好む」


 ペレイアで兵士がいた詰所は街一番の塔だった。バラールの役所は巨大な石の建造物。ゴオ族長ですら、自分だけいつも馬に乗っている。それにくらべ、ここの領主は民への威圧は不要らしい。


「できた御仁ごじん、というわけか」


 できた御仁であればいい。妙に切れ者だとやっかいだ。


「街の防壁はなく、兵士は王都の兵に丸投げ」


 言ったのはヒュー。鳥人族め、よく見ている。兵士の数は多かったが、民兵らしき姿は見なかった。領主の館も堅牢な石造りでもない。ここまで防御を考えていない領主ってのは、初めて見る。


「探られて困る黒い腹はないが、警戒はされたくない。なんせ、おれらの見た目は変わり種だ」


 アトとグラヌスが見あった。意味がわからなかったようだ。


軽業かるわざの一座、そんなところで行くか」


 ヒューが言った。いいかもしれない。四人は歳が若い。行商人というのも変か。


「そうだな。変わった集団には、変わった職業だ」


 それから四人で口裏をあわせ、領主の館へと入って行った。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る