第65話 グールの追跡

 追うグールは三匹。


 山へ入ると足跡をすぐに見つけた。三つあったので間違いない。


 三匹というのが追いやすかった。草のしげみの倒れかたがわかりやすい。フンも見つけた。三匹いるのだ。フンをする回数も多い。


 三匹は山へ登ってはいなかった。山すそを進んでいる。


 行き先はグールの巣穴か、新たな村をねらうのか。または彷徨さまよっているだけかもしれない。グールの生態は、わからないことが多すぎる。


 できれば巣穴であって欲しい。ラボス村が襲われてから今日まで、人はグールに蹂躙じゅうりんさっれぱなしだ。少しでもグールに関して新たな知見が手に入れば。


「待って」


 アトが止まった。うしろをふり返る。


「風が変わった。これだと、ぼくらが風上になる。いまグールの方向はこう」


 前方を指した。


「一度、山へ登るように迂回し、さきでもう一度、痕跡を見つけよう」


 風上か。ヒックイト族でも狩りの上手なイブラオあたりは、そこまで気を配る。


「アトが習ったのは、父親か」


 人間の少年はうなずいた。父とは話に聞く犬人族のセオドロス。


「狩りが上手だったんだな」

「父さんが村で一番だった」


 村長をしていた父セオドロス、癒やし手ケールファーベの母メルレイネ。変わった境遇で育ったアトだ。自分ではわかっていないが、そこらへんの少年とは段違いに優秀だ。だが、実はその優秀さはどうでもいい。


「では行こう」

「アト殿、待ってくれ。自分が先頭を行く」


 グラヌスが先頭になり、山の斜面をななめに登る。


 ふたりを背中を見ると、しみじみ思う。四種族がおなじ道を歩む、あり得ないことだ。そのあり得ない状況を作っているのがアトだ。


 アトが人を寄せつけるのは、わかりやすいからだろう。若さなのか、できた親の教えなのか、アトの心は真っ直ぐだ。


 おれは昔から人をうがって見るほうだった。そのためか、友と呼べるような者はいない。まさか、人生初の友が人間族になるのだろうか。


 面白そうだから流れでここまで来た。危なくなったら逃げればいい。ヒューだけでなく、おれもそう考えていた。


 うしろのヒューをふり返る


「ラティオ、どうかしたか?」

「いや、べつに」


 しかしヒューよ、危なくなって去れるのか。ここまで真っ直ぐに信用されることなど、このさきの人生であるのか。


「ラティオ殿、歩く方向がまずければ、すぐ言ってくれ」


 先頭のグラヌスがふり返った。うなずいておく。そうだった。類は友を呼ぶ。アトが連れてきた犬人もおかしなやつだ。


 アトをヒックイト族に入れる。ラボス村がなくなってから、それをねらっていた。


 アグン山は、とくに面白いこともない山奥。おまけに閉鎖的だ。場所がアグン山ではなくフーリアの森のほうに豊かな場所であれば、閉鎖的でもいい。だが、あんな山奥で人を拒絶して暮らしても、豊かにはならない。


 アトがヒックイト族に入ればきっと面白くなる。そう思ったが、猿人以外の仲間がごろごろ増える。どうしたものか。


 しばらく山を登るように進み、今度はななめにおりる。三匹の痕跡をさがすと足跡がすぐに見つかった。


 まだ風はうしろから吹いている。もう一度、迂回するように山を登った。


「おかしいな」


 さきを歩くアトがつぶやいた。おそらく、おれもおなじことを思っている。それは話さず、ひたすらに追跡をつづけた。


 山すそに沿ってのびる三匹の痕跡は、ふいに山をおりた。広がっていたのは平原だった。ところどころに草むらがある。


 足跡や草むらの折れた痕跡から考えると、真っ直ぐだ。三匹のグールは平原を南へつっきり山脈へとむかっている。


「このまま行くなら・・・・・・まさかな」


 グラヌスがなにか言おうとして止めた。


「なんだ、三匹の目指す場所がわかったのか」

「いや、ラティオ殿、気の迷いだ」

「言ってみてくれ。おそらく当たっている」


 犬人の戦士が、おどろいたように足を止めた。


「アトもそう思うだろ?」


 おれより狩りが上手い少年がうなずく。


「そうなんだ。野生の動物は餌をさがしながら歩く。それがなかった。あきらかに目的地がある」


 やはりアトが感じた疑問はおなじ。通常の狩りで追跡すると、あちらこちらに歩く。それが真っ直ぐだった。


「では、自分が思ったことを述べてみる」


 グラヌスは平原のさきにある山脈を指差した。


「あの山脈が、アッシリア国の最南端となる。そこにあるのは鉱山」

「鉱山?」

「ラウリオン鉱山窟こうざんくつ。大昔から鋼石の採掘場で有名だ」


 そういえば。腰に差していた剣をぬいた。


「この剣をバラールで買うとき、アッシリア国の南部で作られていると聞いた」


 グラヌスがうなずく。


「ラウリオン産だろう。鉱山だけでなく山すそには村があり、精錬場や工房などもある」

「おい、それって・・・・・・」


 四人が見あった。その村は大丈夫なのか、と四人ともが思っただろう。


 いそぎ南の山脈にむかい歩きだしたが、グラヌスだけ立ち止まっていた。


「どうした、グラヌス」

「鉱山を所有するのは、レヴェノアの領主だ」

「自治領か!」


 おれは最北のアグン山に住んでいるので、南部のことはほとんど知らない。


「ああ、かといってバラールのような華やかさはない。南部は自治領が多いが、どれも辺境の田舎だ」


 少しがっかりした。バラールのような都が南部にもあるのかと思った。


「レヴェノアの街に行けば、なにかわかるだろう」


 なるほど。おれたちは南の山脈にむかうのをやめ、レヴェノアへと歩きだした。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る