第64話 名もなき村

 名もない小さな村だった。


 目指しているソロアの村も近い。


 ただ目指すだけでなく、道すがら民家があれば立ち寄る。人さらいが起きていないか聞くためだ。


 畑にいた村人に聞くと、この村で人さらいは起きていない。水をわけてもらえないかと聞くと快く応じてくれた。ウブラ国でもそうだが、街より小さな村のほうが旅人に優しい。


 ちなみにヒックイト族に水をくれと旅人が来たら、ゴオ族長が首を切る。というのはヒックイト族が陰で言う冗談だ。


 村の井戸で水を飲み、しばらく休む。


 井戸を中心として、小さな道がいくつも伸びていた。山すそにある村で、すべての家を数えても十軒もない。


「グラヌス、遅いな」


 アトが心配そうな顔をした。


 村人からグールが裏山にいるかもしれない、そう聞いてグラヌスだけが山へ入った。


 あの九頭の蛇と戦って以来、グラヌスはひとりで戦うのを好んだ。また、グールがでたと聞けば、率先して退治しにでかける。


 ほとんどはグールではなく、野生の動物であったりするのだが、まれに大土竜タルパなどもいた。ひとりで行くと言うだけあり、ひとりで退治して帰ってきた。


 怪我をして帰ってくることも多かったが、それでも、いまはひとりで行きたいそうだ。


 グラヌスは変わった。それがいいことなのか。正確に判断はできないが、なにか思い詰めたようすではない。どちらかと言えば突き抜けている。


「グールではなく、いのししであったわ」


 うわさをすればだ。グラヌスが帰ってきた。剣に血がついている。その猪はしとめたようだ。


 剣についた血を井戸水で流し、腰にもどした。


「グールめ、なかなか会えぬ」

「お前な・・・・・・」


 一言、物申そうとしたが、アトが手をあげる。


「なにかいた」


 おれはすぐ、みなに隠れるようにうながした。井戸から一番近い家の陰に移動する。


「隠れるほどのことか?」


 グラヌスが不思議そうに首を伸ばして通りを見た。


「念のためだ。いろんな村に立ち寄ったのは話を聞くためだが、まだ人さらいが来ていない村を把握しておきたい」


 犬人戦士の顔は腑に落ちてない。


「おれが人さらいなら、一度さらった村に二度目は行かない」


 グラヌスがはっと目を見ひらく。理解したようだ。おれは注意深く家の陰から道のさきをのぞいた。


 アトが見たのは、道のさきにある一軒の家だ。なにかが家に入ったらしいが形は定かではないらしい。


 その、なにかが出てきた。大きな黒い狼。


「おい、あれって・・・・・・」


 おれが言う前にアトがうなずいた。


「ラボス村で死骸を見た。グールだ」


 覚えがある。狼に似ているが、体は狼より二回りは大きい。


 その黒い狼は、大きな編み籠をくわえていた。


「赤ちゃん籠だ!」


 駆けだそうとしたアトの肩をつかむ。犬人の戦士も飛びだそうとしていた。


「グラヌス待て!」


 声を押し殺し素早く言った。黒い狼がもう二匹あらわれる。


「ラティオ殿、赤子が危険だ!」

「待て、グラヌス!」


 通常の狼でも人はかなわない。それがグールで三匹。こちらは八人。


 女の絶叫が聞こえた。母親だ。畑から帰ってきたのか、手に野菜を持っている。


 アトとグラヌスが飛びだした。くそっ! おれも剣をぬき走りだす。


 三匹の黒い狼がこっちに気づいた。狼が駆けだそうとして、くわえた編み籠の取っ手がちぎれる。なかから赤子が落ちた。赤子がびっくりして泣く。


 黒い狼は赤子にかまわず駆けだした。山のほうへ逃げるつもりか。


 母親は我が子をひろい抱きしめた。


「旅のかた、助かりました」


 腰がぬけたのか、母親は地面にへたりこんだ。


「この子が食われるところでした」


 母親は赤子に頬寄せた。いや、狼は赤子を食おうとはしていない。


「ラティオ、さっきのって・・・・・・」


 アトが言いたいことはわかる。おれはうなずいた。


「ソロア村の人さらい。グールだったとはな」


 グールが赤子をさらう。理由がさっぱりわからん。


「ボンじい、どうなってんだ?」

「わしが聞きたいわい」


 老賢人でもわからない話か。


「ラティオ、さっきのグールを追おうよ」


 アトの言葉を聞いたグラヌスが、不思議そうにふり返った。


「アト殿、敵はもう山へ逃げた」

「そうだよ」

「影も形もない」

「そう、だから追うんだ」


 グラヌスが首をかしげる。そうか、おれとアトは山の育ちだ。獲物を追うのは慣れているが、みなは初めてなのか。


「行こう、ラティオ」

「アト、グールが何匹いるかもわからねえ。危険だ」

「でも、好機だ。巣穴が見つかれば」

「待ってくれ、ふたりとも。言われている意味がわからぬ」


 グラヌスが割って入った。


 赤子がまた泣きだしたので、母親とともに帰ってもらう。腰をぬかした母親は、取っ手のとれた編み籠に赤子を入れ、四つん這いで引きずっていった。


 これは手伝ったほうがいいのか。でも猿人が犬人の赤子を抱くと、怖がられるかもしれない。やめておこう。


 気を取りなおし、仲間を見た。みな不思議そうな顔をしている。説明したほうがいいか。


「おれやアトは、山で猟をするとき、獲物を追いかけてしとめる。それは半日のときもあれば、一日のときもある」


 みなが、まだ浮かない顔をしていた。


「どうやって追うんじゃ?」


 ボンフェラートは数年前にアグン山に来たが、思えば狩りに同行はしていなかったか。里のなかでは治療師のような仕事をしていた。


「足跡やフン、それに曲がった草や木の枝。なにもない荒野だと追うのは難しいが、山なら痕跡が残りやすい」


 みなが、なるほどとうなずいた。しかし行くしかないか。このままソロアの村へ行っても、なにも解決はしない。

 

「おれ、アト、グラヌス、ヒューの四人で追うか」

「ぜひ、このドーリクも一緒に」


 犬人の大男が一歩でた。


「いや、少ないほうがいい。おれとアトだけでもいいが、念のためグラヌス。このなかで足が一番速そうだからだ。ヒューはなにかあったとき、みなに知らせてもらう」


 ボンフェラートとイーリクがうなずいた。このふたり、考えかたがおれに近い。

 

「ほかは馬を連れてソロア村へ。巣穴が見つかったら、おれらは帰る」


 グールの巣穴など聞いたことがない。だが、赤子を持ち帰ろうとした。どこかに拠点はあるだろう。


 拠点、という言葉が浮かんだ自分に笑えたし、ぞっとした。まるで人だ。


「今度こそ、グールか」


 グラヌスが目を細めた。人類でグールを待ちわびているのは、この男ぐらいだ。戦士として頼もしいんだか、やっかいなんだか。


 そして必要な装備だけ持ち、おれら四人は山へと入った。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る