第57話 森の民はどこへ

 深い緑の世界だ。


 そびえる樹は高く、深緑の葉がしげっている。岩場には樹がないので光が当たるが、岩のあいだから草が生え、大きな葉で岩を隠していた。


 小鳥が多いようで、あちらこちらから音色のちがうさえずりが聞こえる。


 森のなかの小道を歩いた。道沿いに家はなく、ところどころに小屋のような家があった。村という感じではない。家と家は離れていて、それぞれが勝手にやっているような雰囲気があった。


「人がいない」


 猫人のマルカが近寄ってきて、背中の服をそっとつかんだ。そう、小屋はあるが人がいない。


 何軒かの小屋を過ぎたあと、ようやく小屋の前でまき割りをしている男がいた。頭に厚手の手ぬぐいを巻いた男だった。歳は四十から五十に見える。


 ヒックイトの山の民は屈強そうな男が多かったが、この男は華奢きゃしゃだった。


「ゲルクさん!」


 イーリクが男を呼んだ。


「おお、イーリク、それにドーリクもか!」


 近寄ってこようとしたが、男は足を止める。


「猿人、いや、鳥人・・・・・・猫人? おい、どうなってやがる!」


 イーリクは頭をかいて苦笑いした。


「話せば長い話になります。ですが、すべて仲間です」


 そう、話せば長い。あまりに出来事が多すぎて、気分として一年は経っているように思える。だが実際は、ひと月ほどだ。


 ゲルクと呼ばれた男は、いぶかる顔を浮かべながらも道までおりてきた。


「ばあちゃんまで、帰ってきたのか」

「ええ、それはともかく、人がいないようですが」


 頭の手ぬぐいを外しながら、男はため息をついた。


「奥の池にグールが住み着いたみたいでな。いく人かは退治に行ったが、もどっては来ない。森のみなは避難を始めている」


 ここにもグールが来ているのか。池に巣くうグール、おそらくペレイアの街を襲った大蛇とおなじか。


「まあ、とりあえず入れ。茶をだそう。その長い話を聞かねばならぬし」

「いえ、幼子おさなごもおりますので、ひとまず家に帰ります」


 男はボンフェラートの背中で寝る幼子、オネを見た。


「そうか。たまに掃除と草刈りはしてある。すぐに使えるはずだ」

「恩にきます」


 イーリクが頭をさげた。この男が、だれもいないイーリクの家を守っていたというわけか。


「おめえはどうする? 母ちゃんに顔ぐらい見せないと」


 とつぜん、自分にむかって言われた。


「帰る」


 うしろから声が聞こえた。ふり返るとドーリクだ。


 唖然あぜんとするみなの前で、ドーリクと男は家へと帰って行った。


 ふたりが家に入り、木戸が閉まったところで我に返った。


「ドーリクの父君だったのか!」


 イーリクが笑った。


「そう、だれしも一度はおどろきます。ドーリクの両親は、いたって普通の体型です」


 おどろいた。なにを食えば、あんな大男になるのだろう。


 父親が言った池のグールは気になるが、子供と老婆がいる。まずはイーリクの家にむかった。


 イーリクの家も小さな小屋だ。ドーリクが我が家に帰り人は減ったが、それでも十人いる。この人数が寝れるのだろうか。


「使われていない家は、自由に使っていいのがここの流儀です。人数が多いので、となりも使いましょう」


 イーリスが少し離れたところにある家を指差した。人の気配はない。


「では、あれも使えるか」


 ヒューが見つめるさき、樹の上に建てられた家があった。


「なかなか、わたし好みだ」


 飛び立とうとしたヒューをラティオが止めた。


「ヒュー、マルカも連れてけよ。女はふたりなんだ」

「えっ、あたしはグラヌスと一緒に・・・・・・」


 マルカが言い終わらないうちに、ヒューがうしろから両脇を持って飛び立った。静かな森のなか、マルカの絶叫がこだまする。こだまが聞こえなくなると、また小鳥のさえずりが聞こえ始めた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る