第58話 森の夕食

 フーリアの森に建てられた家は、簡素なものだった。


 一部屋のなかに炊事場の土間と、板張りの間があるだけだ。湯小屋は別にある。


 イーリクの家はきれいだったが、となりは掃除が必要だった。しばらく使われていなかった家を、みなで掃除する。


 五歳のオフスと三歳のオネは、森のなかというのが楽しいらしい。ずっと家のまわりで遊んでいた。


「隊長さんだったとは、知りませんで」


 掃除をしているとあらわれたのは、ドーリクの父ゲルク殿だ。ドーリクが説明したのだろう。


「隊長、なんもないですが、夕飯はこれを」


 ドーリクが大きな鍋を持っている。イーリクの家にあつまり、夕飯となった。


「礼を言うのが遅くなりましたが、ドーリクとイーリクを拾っていただき、ありがとうございました」


 父親が頭をさげた。


「ゲルク殿、ご子息は、けっかとして栄達の道を閉ざしてしまい、申し訳ない」


 自分のほうが頭をさげた。ふたりを巻きこむつもりはなかったのだ。あのまま軍にいれば、順調にのびていったものを。


「いえいえ、歩兵の副隊長までのぼりつめれば、充分です。ここにいたときは、力が有り余って悪さばっかしてたんですから」


 悪さばっかしてたのか。ドーリクを見ると、ばつが悪そうに顔をしかめた。


 話をしながらわたされた木椀は、魚と野菜を煮込んだ汁が入っていた。魚は森のなかにいくつも清流があり、そこで採れるそうだ。木の実油で揚げてぶつ切りにしているとドーリクが説明した。


 さらに、もうひとつ皿をわたされる。パンを焼く前の生地ような白いかたまりが載っていた。


「それはヤムです、隊長。タロ芋と玉蜀黍とうもろこしの粉を練ったものです」


 皿を持ってまじまじと見つめていると、今度はイーリクが説明した。ひとつちぎって食べてみる。たしかに芋だ。ほんのり甘い。


「汁に入れて食べてもいいです」


 なるほど。いくつかちぎって入れてみる。汁と一緒に食べた。


「うまいな」

「隊長、お世辞はやめてくだせえ」


 ドーリクはそう言うが、魚と野菜の汁は見た目より味がしっかりあってうまい。食べていくとわかった、干した小エビが入っている。


「息子が人を連れてくるとわかっておれば、鹿でも狩っておいたのですが」


 ドーリクの父がそう言って山のように無花果いちじくが盛られた木皿をだす。


 なにもないと言っていたが、魚も肉も身近にある。それに森のなかだ。果実は多種多様なものがあるだろう。考えようによっては食材の宝庫だ。


「ゲルク殿、とつぜんに訪ねたのはこちら。お気になさらず」


 過分な気遣いは遠慮してもらおうと思ったが、ドーリクの父は首をふった。


「ドーリクが隊長様を連れてきてくれたのは、またとない幸運です」


 幸運? 首をひねった自分を見たのか、イーリクが言葉を加えた。


「隊長、この森には兵士どころか、守兵というのも、おりません」


 そう言われれば。犬人ではない異種族がわんさと来たのだ。ほかの村なら、兵士か守兵が飛んできそうなものである。


「えんえんと木の道を歩いて入る森。外敵は来ないか」


 ラティオが納得したように声をあげた。ゲルクがうなずく。


「街道から遠く離れ、金品とも無縁。盗賊などが来ることもまずありません」


 なるほど、村のような一体感がないのは、気ままにそれぞれが暮らしていけるからか。森の民、ある意味では贅沢な暮らしとも言える。


「ところが、そうなると、どうにもならぬのが・・・・・・」

「グール、というわけか。どうする、グラヌス」


 ラティオが自分に聞いてきた。まわりのみなも自分を見ている。ドーリクの父が息子の隊長にと頼っているので、決定するのは自分なのか。


 これは困った。軍人というのは計画を遂行するのは得意だが、自らが決定することはそれほどない。


 森の奥にある池に巣くっているというが、こちらに来ないのなら、いなくなるまで待つという手もある。


「行こうよ、グラヌス」


 アトが強い目で自分を見た。その眼差しの強さは、自分も訓練兵となったとき、持っていたものではなかったか。ふと、そう思った。


「近くにグールがいると、オフスとオネも、おちおち外で遊ばせれない」


 オフスとオネを見た。無花果にかぶりついている。どうやったらそうなるのか、顔の下半分に無花果の汁や実がついて真っ赤だ。


 アトの言うことは正しい。オフス、オネ、マルカ、三人はこの森に住むことになるかもしれない。だが、このままでは無理だ。


「よし、行こう」


 大声はださず、だが、力強く言った。みなもそれを待っていたのか、おなじように力強くうなずいた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る