第52話 甲殻のグール

 ギオナの村は焼け跡となっていた。


 村の入口から見ただけで、もう無理だとわかる。通りには動かない村人が大勢ころがっていた。


 ばさり、と音が聞こえる。空からヒューが帰ってきた。


「付近に、グールの群れは見当たらない」

「なら、念のため、生きてる者を探すか」


 ラティオの言葉にうなずいた。村の入口にあった木に馬をつなぐ。大きなブナの樹だったが、樹の上半分は焼けた跡があった。枯れゆく葉々はっぱに火の粉が飛んだのだろう。


「アト、お前、入らなくてもいいぞ、ここで待ってれば」


 ラティオがアトに声かける。自分もそれがいいと思ったが、十五歳の少年は首をふった。その表情に見える意思は強い。十五歳とはとても思えぬ胆力だが、それは元来の強さなのか。それとも、一度壊れた心の強さなのか。


 村の通りを歩いていくが、生きている者はいそうになかった。


「あまり、グールの死骸がねえな」


 それは自分も思う。グールの死骸はたまに落ちているだけだ。ラボス村では村人の数と同等ほどグールの死骸があったのに。


「夜、いきなり襲われたか」

「それだ、ラティオ殿。この村は前触れなく夜襲された、そんな気がする」


 言いながら底知れぬ不安を感じた。それは、グールが村を襲うのが上達している、ということにならないか。


 しゅっという、矢が飛ぶ音が聞こえた。


「しまった、はずした!」


 ふり返るとアトが弓をかまえている。通りのさきを見ると、前にも見た土竜もぐらのようなグール!


大土竜タルパじゃ!」


 ボンフェラートがさけんだ。


「一匹だ、ドーリク、グラヌス!」

「引き受けた!」


 応えながら剣をぬく。駆けてくるグールに剣を突こうかとかまえたが、自分の前に盾を持ったドーリクが立った。


 盾とグールがぶつかった音がし、ドーリクがぐらりと揺れる。まわりこみグールの足をはらように剣をふった。刃の先端がうしろ足にかする。


 飛びついてこようとしたので素早くうしろへさがった。自分に注意がむいたグールの背後から、ドーリクが剣をふりおろす。


 背中にざくりと刃が入り、グールは動かなくなった。


「ラティオ殿、言われなくとも俺は戦う」

「わるい、ついな」


 ドーリクがラティオに物申していた。あいだに入ろうとしたが、ちがう声が割って入る。


「なんじゃ、あれは!」


 ボンフエラートが半壊した家を指していた。


 半壊した家からのっそり出てきたのは、虫のような殻のある生き物だ。大きい。全長は大人の背とかわらない。頭の横から大きなツノ、いや爪が生えている。川にいる田鼈たがめのような形だ。


「逃げるぞ!」


 ラティオが来た道を指した。みなで走る。


「あそこの家、となりから屋根に乗れる!」


 二軒ならんで石組みの四角い家がある。ひとつが半壊していて瓦礫を踏み台にすると、となりの屋根にのぼれた。


 この家の前は通ったが、自分は細かく覚えてなどいない。ラティオはなぜ周囲の状況が頭に入っているのか。


 そのラティオがいないと思ったら、少し遅れてのぼってくる。手には弓と矢筒を持っていた。


「ラティオ殿、その弓は?」

「むかいの家に落ちてたやつだ」


 それも覚えていたのか! 急に探して見つかるものではない。


 田鼈のようなグールは動作がのろかった。がさがさと我々のいる家の前まで来ると、ぎりぎりと音を立て、こちらを見あげた。


「ボンじいも知らないグールか」

「このような姿は聞いたこともないのう」

「・・・・・・みにくい」

「弓で攻撃してみるよ!」


 アトが肩にかけていた鉄の弓をとる。


 屋根にのぼった六人のうち、ドーリクだけが憮然とした顔で立っていた。腕を組んで顔をしかめている。近寄って声をかけてみた。


「どうした、ドーリク」

「あの動きなら、たやすく剣で刺せるものを」


 なるほど。いつか言わねばと思っていたことを、言うときかもしれぬ。


「ドーリク」

「はっ」

「七人のなかで、我らふたりが一番弱い」

「はっ?」


 意外すぎたのか、大男の副隊長がきょとんとした。


「いや、イーリクもいるので三人か」

「我ら、歩兵隊ですぞ!」

「そう、歩兵。つまり相手は人だ」


 ヒックイトの里にいた男たちを思いだした。屈強そうな男ばかりだった。街にいる歩兵とは種類がちがう。


「もはや我らの相手は人ではない。グールだ。そうなると、自然の生き物を相手にしてきたラティオやアトのほうが、よほど経験を積んでいる」


 ドーリクは、まだいぶかしげな顔をしていた。


「わからぬか。あのグールはボンフエラート殿も見たことがない種だという。尻尾を見たか?」


 ドーリクは首をふる。


「針のようになっていた。毒があるやもしれぬ。おそらく、ラティオが懸念したのはそこだろう。だから逃げろと言った」


 そういえば、アトは小さい頃に毒蛇にかまれ生死をさまよったと聞いた。歩兵隊が住むコリンデイアの街に毒蛇などいない。せいぜい百足むかでにかまれて足を腫らすだけだ。


 ドーリクとイーリクは、生まれたのは森の村でも、もはや街の生活が染みついているはずだ。自分も含め三人は、新たな生活になれないと。


「毒・・・・・・」


 ドーリクが大きな顔で大きな口をあけて絶句している。


「矢が刺さらない、なんて堅いんだ!」

「アト、あれは目じゃねえか」

「よし、目をねらってみる!」

「ああ、おしいな!」

「もう一度ねらうよ」

「もっと下、いや、左下だアト」

「ラティオ、うるさくて集中できないよ!」


 屋根から身を乗りだしたふたりが騒いでいた。


「まとが小さすぎるよ、ヒュー、的中の護文!」

「醜いから嫌だ」

「そんな! ああ、また外れた!」

「アト、予備はある。どんどんいけ」


 しかし、隊長である自分が弓を苦手なため、グラヌス隊はあまり弓の調練をしていない。こんなことなら、しておけばよかった。


「隊長・・・・・・」

「その呼び名も、もう昔だ。いまは軍人でもない」


 ドーリクは組んだ腕を解き、歩きだした。二、三歩踏み出してふり返る。


「俺にとっちゃ、隊長は隊長だ。それは変えません。しかし、あのグールをあなどっていたのも事実。じっくり敵を観察しておきます」


 そう言って、アトやラティオのいる屋根のへりに歩いていった。


 それがいい。自分たちは歩兵でなくとも、戦士のはずだ。戦士なら、仲間を守るのが役目。ドーリクを連れてきてよかった、そう思える日がきて欲しい。


「どれ、石でも投げてみますか」


 ドーリクが屋根にあった大きな岩をグールに投げつけた。


「おお、へこんだ!」

「すごい、ドーリク!」

「馬鹿力・・・・・・」


 意外にそれは、そう遠くないかもしれない。それに人に言う前におのれか。そんな苦い気持ちになり、自分も屋根の上からグールを観察することにした。


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る