第53話 ギオナ村の生存者

 矢と岩の攻撃により、甲殻をまとったグールは倒せた。


 屋根から降り、引きつづき生存者を探す。


 群れからはぐれたグールだったのか、ほかにグールの姿はない。


「あれが集団で来たらと思うと、ぞっとするな」


 ラティオにそう言ってみたが、うなずくだけで、なにか考えこんでいた。この猿人は、だいたいふざけているが、こういう顔もよくする。自分とはちがい思慮遠望があるのかもしれない。


「むこうに気になるものが・・・・・・」


 そろそろ帰ろうかと思っていた矢先、アトがみなに言いにきた。


 アトが言った場所は麦畑のあぜ道だ。水たまりのへりについた足跡。ほかにも、ところどころに足跡があった。足の大きさはまちまちで複数の人がいたと思われる。


「追ってみるか」


 みながうなずく。六人でかたまり、足跡を追った。念のため剣をにぎっていく。


 しばらく歩くと、先頭のドーリクが止まった。


「駄目ですな」


 麦畑のなかに人が倒れていた。すでに死んでいる。さらに進んでいくと、多くの亡骸なきがらがあった。


「無駄だったか」


 引き返そうとしたラティオを止めたのは、アトだった。


「あの水車小屋」


 アトが指したのは、麦畑のわきにある水車小屋だ。


「一応、見てみるか」


 ラティオの考えに賛成だ。水車小屋に行き、戸の前で剣をかまえる。なかにグールがいるかもしれない。


「あけるぞ」


 ラティオが短く言う。うなずいた。


 木戸をあけ、目に飛びこんできたのは生き物だ。しかも剣をかまえている。だが、小さい。


「近寄ったら斬るぞ!」


 犬人の子だ。剣を持っている男の子は五歳か六歳。そのうしろにいる女の子は三歳ほどではなかろうか。


「敵ではないぞ。もと、第三歩兵師団の第五隊長、グラヌスだ!」


 剣先が自分にむけられる。


「ばかもん、剣をむけ子供に話しかけてどうする」


 歩み出たのはボンフエラートだ。


「え、猿人!」


 子供は入ってきた猿人に剣をむけたが、ボンフエラートは笑みを浮かべた。腰に差していた剣を鞘ごとぬき、戸口から外に投げる。


「左様。じいじはボンフェラートという。お前さん、名はなんという?」

「オフスだ! 猿人め!」


 ボンフェラートは、とぼけた顔をして頭をかいた。そして入口からのぞいている仲間を指す。


「お前さんは犬人じゃの。わしは猿人。そこにおるのが鳥人と人間じゃ」


 オフスと名乗った男の子は、ぽかんと口をあけてアトとヒューを見た。


 こちらに敵意がないことがわかると、オフスは剣をおいた。妹の名はオネというらしい。


 オフスが落ち着いたので、話を聞く。この村が襲われたのは、もう三日も前のことだった。


「よく頑張ったの。ここで三日も辛抱したか」


 ボンフェラートが子供ふたりの手をにぎり、外へ連れようとすると、女の子のほうが動こうとしなかった。


「オネ、大人がいるからグールが来ても平気だって!」

「なにっ、グールがおるのか!」


 聞けば、夜になるとグールが畑をあさりに来るらしい。狸や狐ではないかと思ったが、それよりもずっと大きいとオフスはいう。


「昼は、滝の洞窟に隠れてるよ!」


 グールのあとをつけるとは、危ないことをする。女の子のオネは、どうしても出ていきたくないようで、ボンフェラートが抱きかかえると泣きじゃくった。


 ラティオと見あう。これは困った。


 ボンフェラートはオネをおろし、その頭を撫でた。


「よし、では、じいじが退治してきてやろう」

「ボンじい、危ねえぞ」

「聞く限りでは一匹じゃ。それなら、なんとかなるじゃろう」

 

 子供たちがいるのでアトとドーリクは残し、このグラヌスにボンフェラート、ラティオ、ヒューの四人で行くことにした。


 教えてもらった滝は、近くの山すそだ。水量はそれほどでもないが、二階建ての家とおなじほどの高さがある。そこから、いくつか水の流れが落ちていた。


 その滝の横に、洞窟というより洞穴ほらあなに近い小さな穴があった。大人だと、かがまないと入れない。


「あれじゃの。調べてみよう」

「ボンじい、孫にいいところ見せたいのか」


 笑いながらラティオが言った。


「それもあるがの。グールは、ほかの国でも生態が謎の生き物じゃ。巣穴があるなど、わしは初めて聞く」


 たしかに、グールの巣とは聞いたことがない。


「このテサロア地方にグールが大挙しておるのはなぜか、それを知る足がかりになればと思うての」


 ラティオが地面から石をひろった。


「ちょっと投げ入れてみるか」


 遠目から穴にむかって投げる。一投目は外し、二投目の石が穴に入った。


 待ってみたが、なにかが動くような音はしない。


「どれ、調べてみよう」


 ボンフェラートは手にしたランタンを掲げて洞穴に近づいた。


 ランタンは村の家から拾ってきたものだ。ランタンの灯りをかざし、なかをのぞいている。


「なにもおらん。もう移動したようじゃ」


 ボンフェラートが洞穴に入る。どさりと音がした。


「ボンじい!」


 駆けだそうとしたラティオの肩を押さえる。


「自分が行く。ふたりはここで」


 剣をぬいて洞穴に入った。


「これは!」


 洞窟のなかは、荒れ狂ったように火の精霊が飛びまわっている。


 攻撃こそしてこないが、精霊の乱れが急激に胸のむかつきを起こした。精霊に鈍感な自分でも、気分が悪くなるのだ。ボンフェラートのような精霊に長けた者なら気を失うだろう。


 ふいに火の精霊がいなくなった。残ったのは闇だ。


 アトが自分を守った一夜がある。闇が怖かったと、後日に笑って言った。あのとき、アトは一晩にわたって耐えたのだ。このグラヌスが、このていどの闇に屈するわけにはいかない。


「我が名はグラヌス! 命惜しくなければ、かかってくるがよい!」


 ぼう、と洞穴のさきに灯りがついた。いや、それは灯りではなく火の精霊だ。


「猫人族!」


 人だった。それもアトと変わらぬ年端もいかぬ娘。その娘のまわりを火の精霊がまわっていた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る