第43話 戦端の七人

 部屋の戸をたたく音で目が覚めた。


 ペレイアの宿屋だ。一人用でぼくしかいない。


 戦闘が終わり、ご飯を食べると宿屋で休んでくれと言われた。それも一人に一部屋。大部屋でもいいと言ったが、ハドス町長に固辞された。


 また戸をたたく音がする。ぼくは寝台からおりた。


 戸を開けると宿屋の主人だ。


「ハドス町長が広場まで来てくれと」


 町長が? なんの用事だろう。ついさきほど寝たばかりの気がする。まだ朝には早いと思うのだが。


 宿屋を出てみると、やはりまだ暗い。夜明け前だ。東の空がようやく明るくなり始めている。


 広場に行く途中、グラヌス、そしてイーリクとドーリクの三人と会った。


 グラヌスと副長のふたりは、腰に剣を差していた。聞くと、三人は夜警を買ってでたらしい。のうのうと寝ていた自分が恥ずかしくなってくる。


「軍人は夜警に慣れてますから。お気になさらず」


 イーリクが笑顔で言った。細身の体と優しい顔の見た目どおり、口調も優しい。


 広場に着くと、ハドス町長が待っていた。


「ハドス殿、なにごとですか」


 ハドス町長が難しい顔をしてふり向く。


「昨晩、話を聞いた私は、すぐにコリンディアにむけて使いをだしておいた。書簡にはグラヌス殿がいることも書かせていただいた」


 グラヌスが怪訝けげんな顔をした。


「そう難しい話ではない。グラヌス殿は翌朝に発つと申したが、夜のうちに一名、徒歩でだしておいたのだ。救援要請を」


 ハドス町長は、そこで話を区切り眉を寄せた。


「だが、難しいのはそこからだ」

「そこから?」


 思わず発したぼくの声に、町長がうなずく。


「使いの者がもどってきた。街道で野宿するコリンディアからの旅人と会ったらしい」


 ぼくはコリンディアまで川下りをしていった。街道を行けば、人と会うことも多かったのか。ザクトさんが近道を教えてくれたのは、人となるべく会わないようにするためだったのかもしれない。


 ザクトさんを思いだすと、ラボス村も思いだした。コリンディアに行ったあと、みんなの遺体を埋葬しないと。


「その旅人がどうかされましたか?」


 グラヌスの声に、ぼくは我に返った。


「その旅人が言うにはだ。ラボス村が猿人族に襲われ、コリンディアの歩兵隊はザンパール平原に進発したと」


 進発! ぼくはグラヌスを見た。グラヌスもおどろいている。


「そこで聞きたい。コリンディアの歩兵隊長よ。昨日、貴殿は言った。ラボス村はグールに襲われたと」


 グラヌスが口を開きかけたとき、陽気な声がうしろから聞こえた。


「よう、くせもの町長さん」


 ラティオの前にグラヌスがかばうように立った。


「ハドス殿、我らはなにも騙してはおらん。猿人族は・・・・・・」


 言いかけたグラヌスをハドス町長は手を挙げてさえぎった。


「この目でグールと戦った身。どちらの情報が正しいかは、考えずともわかる。聞きたいのは、なにが起きているのか、ということだ」


 ボンフェラートとヒューが来たところで、場所を広場からハドス町長の家に移動した。


 昨晩に窓からのぞいた居間だった。ぼくら七人とハドス町長は輪になるようにして木のイスに座る。


 ぼくとグラヌスで、ここまで起きたことを町長に説明する。反対にハドス町長はラティオらに旅人のことを伝えた。


「もう出発しちまったか・・・・・・」


 ラティオは顔をしかめ、あごに手をやった。


「隊長、軍の動きがあまりに軽率。ゼノス師団長は反対されぬのでしょうか」


 声をあげたのはイーリクだった。


「そりゃ急ぐさ、グラヌスがいねえからな」


 答えたのは意外にもラティオだ。ぼくと犬人の三人は首をひねった。


「おいおい、馬鹿な親子がいるのを忘れたのか。おっ、そうか、ふたりは知らねえな」


 ラティオはイーリクとドーリクに、グラヌスが毒を盛られたことを話した。


「それで隊長がいない今、功をあせって・・・・・・」

「隊長をねらうとは、ダリオンの首、ねじきってくれようぞ!」


 立ちあがったドーリクをグラヌスがいさめる。


 聞いていたハドス町長はため息を漏らした。


「なかなかに事態は複雑。この田舎の町長では手にあまるな」

「そう、複雑だ。戦争をけしかけてる国もわからねえ。おれはバラールが臭いと踏んでたが、ここの話を聞くとアッシリアの線もある」


 ここの話とは、民兵をなくしたことだろう。王都の兵士があまっていると。でも、あまっているから戦争になるのだろうか。兵士を減らせばいいだけにしか思えない。


「ぼくがわからないだけで、大人は戦争をしたがるものなのだろうか?」


 みんながぼくを見ていた。自分の疑問を思わず口走ってしまった。


「アト、それはな、大人じゃねえ。戦場に行かないやつが戦争をしたがるんだ」


 みんなが深く深くうなずいた。これは、ぼくが知らないだけで、この世の常識なのか。


「それで、どうされる、歩兵隊長は」


 ハドス町長がグラヌスに聞いた。


「無論、止める!」


 グラヌスが立ちあがった。


「動きだした軍は止まらねえ。それこそグールグールが戦うようなもんだ」


 ラティオがつぶやいた。


「それでも、自分は軍人だ。大義なき戦いが始まるのを手をこまねいて見ていることはできん!」


 イーリクとドーリクも立ちあがる。


「隊長、我らも!」


 ラティオがそれを見て、小さい声でつぶやくのが聞こえた。


「大義ねぇ・・・・・・」


 グラヌスがあらためてハドス町長をむく。


「ハドス殿、この街にアトと猿人、そして鳥人を残していきます。加護をひとつ!」


 そうか、グラヌスがいなくなると、ぼくらには犬人がひとりもいない。


「心配は無用。七人は街を助けた英雄だ」


 ハドス町長は立ちあがり、グラヌスと握手をかわす。


「アトがいないと無理だ」


 ぼそっとヒューが口を開いた。


「アト殿が? ヒュー殿、どういう意味だ?」


 それまで一言もしゃべらなかった鳥人に、みんなの目があつまる。


「このテサロア地方に、騒乱が訪れようとしている」


 ヒューは天井を指差した。


「上からながめてごらん」

「上から?」


 グラヌスが天井を見た。


「空からだ。国の権謀術数、個人の私利私欲が入り乱れ、そこにグールという嵐が混じってきた」


 ぼくも上をむいた。木の板を張った天井だ。染みがいくつかあるのがわかった。でも、ヒューの言葉はわからない。


「おそらく色んな思惑が入り乱れているだろう。それを狂わせているのは、たったひとり、人間の少年」


 みんなの目が、ぼくにあつまった。


「ことの始まりは、少年が街道を使わなかったこと」


 あっ! と声をあげたのは、ラティオ、ボンフェラート、イーリク、ハドス町長だった。


 意味がわからないぼくと、グラヌス、ドーリクが見あう。


「ヒュー殿、その・・・・・・」


 グラヌスが聞こうとしたら、ラティオが代わりに答えた。


「アトがもし、街道を通っていたら、おそらく生きてコリンディアには着いていない」


 ぼくが生きていない?


「それは正しいと思います。現に、ラボス村の使いは偽物しかあらわれてません」


 イーリクが言った。そうか、父さんは、ぼく以外にも使いをだしたはず。その人は、街道のどこかで殺された。そういうことか!


「だから、グラヌス、アトは連れて行ったほうがいい。すべての発端はラボス村であり、アトなのだ」


 グラヌスはうなずいた。


「アト殿、このグラヌス、命をかけて守る。ついてきてくれるか?」


 ぼくはグラヌスを戦争から守りたかっただけだ。ぼくが重要だとは思えない。


「おかしいよ。ぼくがバラールに行けたのはグラヌスのおかげだ! そこからラボスまで行けたのは、ラティオのおかげ!」


 ヒューが首をかしげ口を開いた。


「なるほど、アトだけではないのか。その三人がいたからなのか。おや? それを言い出せば、わたしまで入るのか?」


 ヒューが自分で言ったことに悩み始めた。


 押し殺した笑いが聞こえると思ったら、笑っていたのはハドス町長だ。


「空から見ずとも、この街を救ったのは七人がいたからこそ。ならば全員で行かれるがよい」


 七人が見あった。


「みんなで行こう」


 ぼくが口にする言葉ではないかもしれない。でも、みんなで行きたかった。


「アト殿に同意する」

「まあ、おれは掟があるからな」


 ラティオとグラヌスが立ち上がった。


「あんまり危なかったら飛んで逃げるよ」

「隊長とはどこまでも、ご一緒いたします」

「ダリオン、ただじゃおかん」

「もうしばし、老体に鞭打つかの」


 四人も立ちあがった。みんな手を貸してくれるようだ。


「この街から、馬をありったけだそう。乗りつぶしてかまわん。ペレイアの町長として、そしてアッシリアの国民として、七人にお願いする。戦争を止めてくれ」


 グラヌス、ラティオ、ヒュー、ボンフェラート、イーリク、ドーリク、そしてぼくアトボロス。種族のちがう七人は、たがいを見つめ、力強くうなずいた。


 おなじ目的のためにあつまった仲間。短いあいだでも、七人もいるのが嬉しかった。


 戦争を止めるという一大事があるのに、妙に、ぼくの胸は高鳴っていた。




 第二章 終

 

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る