小話2話 ハドス 戦いのあと

「こりゃ、だれも生きちゃいませんね、町長」


 そう言ったのは、おなじペレイアに住む宿屋の親父だ。


 ここはラボス村、いや、かつてラボスと呼ばれた村があった場所。いまは焼け落ちた家と、無数の亡骸、それにグールの死骸があるだけだった。


 ラボス村に行ってみると決めたのは、私ではなかった。街の人々が自発的に決めたのだ。


 ペレイアの街はアトボロスら七人によって救われた。その恩返しの気持ちが強い。


 村は全滅したと聞いたが、もしかしたら、逃げだせた人もいるかもしれない。ならば、その者は村へもどっているだろう。その期待は甘かった。


 ペレイアから来た二十人は、生きている人を探すのはやめ、埋葬の作業をすることにした。


「町長!」


 けっそうを変えて走ってくる一人が見えた。さきの戦いでは家を壊され、母親が亡くなった男だ。気の毒に。


「生きてる人が一人!」

「なに!」


 私はくわを投げだし、走りだした。


 案内されたのは、裏山だ。


 このラボス村はアッシリアの最北に位置する。この村から北は山岳地帯がつづき、最後は死の山脈へと行き着く。


 その山への登り口。男がひとり倒れていた。


 男の服は血まみれだ。うつぶせに倒れた背中にも、いくつも爪で切り裂かれたような傷があった。


 駆け寄ってひっくり返す。胸がわずかに上下していた。この傷でも生きているのか!


 男はひっくり返されたことで気がついたのか、目を覚ました。そして信じられないことに起き上がろうとする。


 男の背中をかかえ、上半身を起こすのを手伝った。


「おい、だいじょうぶか!」


 男には聞こえてないようだった。立ちあがろうとして、そのまま前に倒れる。顔から地面にぶつかった。もはや、手をつく気力すらないのか。


 私はもう一度、男の体をひっくり返し、上半身を腕にかかえた。


「さ・・・・・・探さないと」


 男はもう一度、立ちあがろうとした。すごい執念だ。


「よし、もうだいじょうぶだ。助けにきた!」


 男は焦点の合わない目で、周囲を見ようとした。ここがどこか、それを知りたいのだろうか?


「ここはラボス村だ! 私はペレイアの町長。たすけにきたぞ。ほかの者はいるか」


 男は手をのばした。山の方角だ。山のなかに逃げた人がいるというのか。


「おい、みなを呼べ。山のなかを捜索だ!」


 宿屋の主人に言った。だが、私の言葉を止めるように男が手を動かした。


「だめだ。山はグールでいっぱいだ。もう、だれも生きていない」


 男はまた、起き上がろうとする。


「おい、もう動くな。これから治療する」

「さ・・・・・・探さないと」


 男が無理に動き、私の腕から落ちた。もう一度かかえ起こす。なにを探すのだ。生き残った者はいないと言った。


「おい! 探すってなにをだ」

「あ・・・・・・」


 男のまぶた痙攣けいれんしている。気を失うかもしれない。気を失う前に聞いたほうがいい。なにか重要なことかもしれない。


「おい、なにを探すんだ!」

「ア・・・・・・アト」


 なに、あの少年か!


「おい! おい! アトボロスの父親か!」


 アトボロスの名を私が口にした瞬間、男の目に光がもどった。


「・・・・・・生きてるか?」

「生きてる、アトボロスは生きてるぞ! 私の街に来た! 父親だな?」

「よかった・・・・・・セオと最後の約束だ。あの子を守る・・・・・・」


 セオ? 父親のセオドロスか!


「お前の名は!」

「・・・・・・ザ」

「なに?」

「ザクト」


 男は意識を失った。


 私は、ゆっくりと男の頭を地面にもどした。街のみなが駆けてくるのが見える。


 男の胸は、さきほどよりはっきりと上下している。治療すればなんとかなるだろう。


「おい、ベネ婦人は!」


 街の者に大声で聞いた。癒やし手ケールファーベのベネ婦人を念のため連れてきておいてよかった。


 しかし、あの言葉。セオと最後の約束。男はそう言った。それは、この男が生き残り、セオドロスは死んだということだ。


 私は空を見あげ、人間の少年を思いだした。


 あの少年に、また過酷な運命が降りかかるのか。素直ないい少年だった。


 ペレイアの街に住めばいい。ふとそう思った。


 ラボス村はもうない。両親も亡くなった。


 あの少年を受け入れることができるのは、この世界でペレイアの街しかないのではないか。そして、その町長は私だ。それをすることが、私の運命ではないのか。


 決めたぞ。あの子をペレイアで引き取る。珍しく雲ひとつない秋空にそう誓い、私はベネ婦人を呼ぶために歩きだした。




 小話2話 終


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る