第42話 ペレイアの夜ふけ

 グールとの戦闘は終わった。


 グールの死骸は街のそとに運ぶ。大蛇は大きすぎて荷車に乗らない。街の住民が総出になり、引っぱって運んだ。


 運んだあとは、油をかけて燃やした。いまでも街の北から黒い煙がうっすら見える。


 ぼくとグラヌス、ラティオは中央の広場にあるかがりのそばで休んでいた。


 まだ平穏というにはほど遠く、ご婦人方は怪我人の治療に走りまわっているし、男の人は倒れそうな家など、急を要する箇所の修復をしていた。


「アトボロス、怪我はないかい?」


 声をかけてくれたのは、癒やし手ケールファーベのベネおばさんだ。


「特に大きなものは」


 ぼくはそう答えたが、ベネおばさんは近寄ってきた。ぼくの手をつかむ。


「両手がひどい擦り傷だよ」


 縄を必死でつかんだからだ。ベネおばさんは腰袋から小瓶をだすと、ねばり気のある液体をぼくの手のひらに塗った。傷用の軟膏だ。これも母さんがよく作っていた。


「あんたらは、だいじょうぶかい?」


 グラヌスとラティオがうなずく。


「この街の者でもないのに、よくやってくれたよ。もうあとは任せてお休み」


 曖昧あいまいにラティオはうなずいた。ぼくは寝れるだろうか。とても寝れるとは思えない。


 広場のはしには、助からなかった人々が横たわっている。落ち着いたら明日にでも埋葬するそうだ。


「おっかあ!」


 男のさけびが聞こえた。広場に面した家のひとつ。あの大蛇が壁をくずした家だ。さきほどから数人の手で瓦礫がれきをどかしていた。母親が下敷きになっていたのか。


 ぼくは、思わずうつむいた。


「どうした、アト殿」


 あのとき、躊躇ちゅうちょした自分を思いだした。


「おい、アト」


 ラティオまでぼくを呼ぶ。ぼくは顔をあげた。


「蛇が苦手だった」

「今日のやつか?」


 ぼくはうなずく。


「毒蛇に噛まれ死にそうになったことがあって、それ以来、苦手なんだ」

「そりゃ無理ねえな。なら、今日はよく戦ったぜ」


 ラティオの言葉に小さく首をふった。


「あそこで怖がらなければ、壁はくずれなかったかもしれない」


 ぼくが見ているほうを、ふたりも見た。瓦礫の下から老婆が運びだされている。


「あのときか。アト、それは考えすぎだ」

「うむ。戦いに失敗はつきもの」


 ふたりはなぐさめの言葉をかけてくれた。でも、そうではないのだ。


「失敗ならいい。ぼくの場合はただの未熟だ」


 ぼくは戦士になれると思っていた。それは大間違いだった。できないことが圧倒的に多い。


「おいおい、お前が未熟とか言いだしたら、策を練ったのはおれだぜ」


 ラティオはため息をつき、広場を見まわした。


「まさか、中央からとはな。それは考えに入れてねえ」

「それは無理だ。ラティオ殿。だれも対応できない」

「いや、対応できなくてもいい。だが、考えてないってのは問題だ」


 ラティオの言葉を聞き、今度はグラヌスまで、ため息をついて腕を組んだ。


「ふたりは民間人。その点、自分は軍人だ。コリンディアでは強いと褒められても、グールの前では、なんと頼りないことよ」


 グラヌスがもう一度、ため息をついたとき、ちがう人影があらわれた。


「こんなところで若者が三人、なにかな? むこうには食事を用意しているというのに」


 軽い口調は意外にも、ハドス町長だった。


「どうした? セオドロスの子、アトボロスよ」


 ぼくはハドス町長を見あげた。せっかく信用してくれたのに、街は壊されてしまった。


「なにも、なにもできませんでした。申しわけありません」


 ハドス町長は笑った。それは軽快な笑いだった。


「なにを馬鹿なことを」


 町長はぼくの脇に手を入れ、頭の上まで持ちあげた。


「その目は節穴か、アトボロス! よく見よ。この街は生き残った!」


 ぼくはまわりを見た。たしかに、みんな生きている。町長は、ぼくを地面に降ろしてしゃがんだ。


「アトボロスよ、ラボス村は本当に気の毒だった。だが、この街もそうなるところだったのだ。それを救ったのは、まぎれもなく、そのほうら」


 ハドス町長は立ちあがった。


「亡くなった者も多いが、生き残った者は、いまは生き残ったことを喜ぶときぞ。悲しみに暮れるときではない。それは、断じてちがう」


 ハドス町長は歩きだした。そのうしろ姿にラティオが声をかける。


「町長さん、兵士はどうした? そろそろ起きるんじゃねえか?」


 町長はふり返らず答えた。


「心配ない。貴殿らはコリンディアの歩兵隊長、それにバラールの傭兵と説明してある」


 傭兵か。あれやこれや説明するより、そのほうが単純な気がした。


「反対に、街の危機に酒を飲んでいたと、王都に意見書をだすと脅しておいた。いまごろ震えあがっているだろう」


 ハドス町長は笑いながら帰っていく。


「あの町長、切れ者どころじゃねえな。くせ者だ」


 ラティオはそう言って、腰に手をあてた。


「だが、言ってることは間違いじゃねえ。生き残ったおれらは、飯でも食うか」


 ラティオの言葉は正しく思えた。ぼくの肩をグラヌスがたたく。グラヌスも笑顔でうなずいた。


「たしかに、急いだほうがいい。ドーリクが平らげる心配がある」


 ドーリク副長の大きな体を思いだした。それは、たしかに急ぐべきだ。ぼくら三人はやや早足で、広場をあとにした。


 生き残った喜び。考えもしなかったことを、考えてみよう。そしてそれは、ご飯を食べながら噛みしめるには、とてもいいことのように思えた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る