第40話 長い影

 なにか、なにかがちがう。


 北のグラヌス隊を見た。かがりのそばに立っている影はおなじだ。西のハドス町長の隊もおなじ。戦いが始まっているようすは微塵みじんもない。


 たまに人の声が聞こえるぐらいで、街は静かだった。いや、待てよ、静か?


「川の音!」


 ちょろちょろと流れていた水路の音が聞こえない。ぼくは見はり台の囲いに身を乗りだし、下をのぞきこんだ。


 上から見た水路は黒かった。いや、それは影だ。大きく長い影が水路にひそんでいる!


「ラティオ!」


 上からさけんだ。ラティオは水路のそばで、悪いことに水路を背にして立っている。


「ラティオ!」


 だめだ。声が届いてない。ぼくは矢筒から矢を一本つかみ、弓にかけた。


 そのまま、油皿の油をやじりに浸し火を付ける。鏃が燃えだした。


 見はり台の囲いから腕をだし、ラティオの足下をねらう。本人に当たらないよう少し離した。矢をはなつ。ラティオから五歩ほどの地面に矢が刺さった。ラティオがぎょっとして上を見る。


「ラティオ、川!」


 ぼくは水路を指差した。ラティオが水路をふり返ると同時に、水路から巨大な水しぶきがあがった!


 蛇だ。それは巨大な蛇だった。


大蛇獣サーペントじゃ! みな、さがれ!」


 ボンフェラートのさけぶ声が聞こえた。


 ぼくは火矢をもう一本、真上に向かって放った。敵は中央、それを北と西の隊に知らせる。


「アト、降りろ! このやぐらを攻撃されたら、アトが落ちる」


 ヒューが言った。ぼくは弓を背中にかけ梯子を降り始める。降り始めたとき、西の家々の屋根が見えた。なにかが屋根の上にいる!


「ヒュー!」


 鳥人族を呼んだ。ぼくはさきほど、真上に火矢を放った。ハドス町長はこっちに注目してないだろうか。それだと屋根の上に気づかない。


「ヒュー、ぼくを街の西へ!」


 さけんだ。姿が見えないが聞こえただろうか。もう一度さけぼうとしたとき、うしろから抱きしめられ、体は宙に浮いた。


 街の西側へ飛んでいく。こっちにむかって駆けてくる一団が見えた。その通りの屋根の上。ボンフェラートが大土竜タルパと呼んだ土竜もぐらのようなグールだ。


「ヒュー、あの屋根の上へ!」


 ひとつの屋根を指した。その建物は三階建てで、グールがいる屋根の斜め前になる。


「町長、屋根の上!」


 ぼくの声にハドス町長が気づいた。駆ける隊が一旦止まる。ぼくは屋根の上に降り立った。


 すばやく矢をつがえ、斜めむかいの屋根にいるグールをねらう。むこうのほうが低い。撃ちおろすようにはなった矢は、一番手前のグールにあたり屋根から落ちた。


「上だ! 屋根にいるぞ!」


 隊の先頭にいたハドス町長がさけんだ。隊のなかで弓を持つものが矢をむけたとき、隊の後方から絶叫が聞こえた。


 火の咆哮ほうこう。通りのむこうから来たのは、獅子と山羊の頭を持つ双頭のグールだった。


上級獣ダーズグールだ、盾をかまえよ!」


 盾をかまえたそこに火の咆哮が放たれる。ぼくは矢をつがえた。火を吐くのは獅子のほう。少し遠い。ここから当たるか。


 風? ぼくの体に追い風が当たる。気づけばヒューが、弓をかまえるぼくの背中にそっと触れていた。口元はなにかを唱えている。


 これは風の精霊アネクネメシス。ヒューは風の精霊使いだったのか!


的中の護文ストーコス


 ヒューがつぶやくと同時に、風の道が見えた。それはぼくから獅子の頭へとむかっている。風の道に矢を乗せるよう引き絞り、強くなる追い風とともに放つ。


 矢は一直線に飛び、獅子の左目に突き立った!


 火の咆哮がやみ、双頭のグールが背をむけた。いそぎ矢をつがえ放ったが、矢はあらぬ方向へ飛んでいく。


 下から絶叫が聞こえる。大土竜タルパと人々が戦っていた。まだ屋根にもいる。


 連続で矢を放った。そのいくつかは当たり、屋根から大土竜タルパが転げ落ちる。しかし、矢筒に矢はなくなった。


 三階建ての屋根からどう降りようかと下を見たら、またうしろから抱きかかえられた。通りの地面に降りる。


 ハドス町長の隊へ駆けようとすると、ヒューが肩をつかんだ。


「グラヌスの隊を呼んだほうがいい」


 そのとおりだ。ぼくは街の中央にむけて駆けだした。


 中央の広場では、グラヌスの隊と大蛇が戦っていた。二体の大蛇が地面に横たわっている。残りの一体が暴れていて、そのまわりを剣と盾を持った人々が囲んでいた。


「三体もいたのか!」


 近くにグラヌスを見つける。


「グラヌス!」


 剣と盾をかまえていたグラヌスがぼくを見た。


「グラヌス、西側にもグールが!」

「数は!」

「多い!」


 聞いたグラヌスはすぐに声をあげた。


「イーリク! 半数を率いてハドス町長と合流!」

 

 イーリクがまわりの人に声をかけ走りだす。


 生き残った大蛇は、横たわったものより大きかった。鎌首をもたげた高さは建物の二階とおなじだ。


 大蛇は牙を見せ威嚇している。みんなは近寄れないでいるようだ。


 うしろから剣を持ったふたりが斬りかかろうとした。大蛇の尻尾がうなりをあげ、その大人ふたりがなぎ払われた!


「アト、無事か?」


 グラヌスがぼくに近寄っていた。体は大蛇にむけたままで、ぼくに話しかける。


「グラヌス、だれか氷結の呪文パーゴスは?」


 大蛇の動き、水の呪文で止めれないだろうか。


「駄目だ。大きすぎて効果がなかった」


 副長のイーリクは精霊戦士ケールテースだったはず。とうに試しているか。では、なにかないか。いや、待てよ、そうだ!


「アト!」


 弓をおいて駆けだしたぼくをグラヌスが呼んだ。ぼくは塔の詰所にむかって走る。


 牢を抜けだすとき、なにを使った? そう、長縄だ!


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る