第41話 大蛇の最後

 塔の一階では兵士がまだ寝ていた。階段を駆けあがり牢屋に行く。


 鉄格子には長縄ながなわがむすばれたままだった。ほどいて手繰り寄せる。円状にまとめ、肩にかついだ。


 まるめた長縄は重かった。息をきらし広場にもどる。


 大蛇は広場の近くにある家にゆっくり移動していた。狭い路地裏に入ろうとしているのか!


 ぼくは長縄を肩からおろし、先端をつかんだ。


 大蛇が首をもたげている。黄色い目の瞳孔はたてに細い。その目がぎょろっとまわりを見た。大きな牙のあいだからは、長い舌が見える。


 駆けだそうとするが足がすくんだ。小さいころ、ぼくは毒蛇に噛まれて生死をさまよったことがあるらしい。そのためか、昔から蛇は苦手だった。


 何本かの矢が飛んだ。皮の表面で跳ね返される。そのうちの一本が突きたった。大蛇はのたうち尻尾をふりまわす。尻尾が家のかべに当たり無残にくずれた。


「アト、それを貸せ!」


 ラティオが駆けながら手を開いた。ぼくは体の前に手を伸ばし、先端を差しだす。


 ぼくの前を駆けぬけながら縄の先端をつかんだ。弧を描くように走り大蛇へとむかう。


 大蛇が口を大きく開け、ラティオにせまった。


「ラティオ!」


 素早く横へかわし、首の下にすべりこんだ。むこうからまわって背中に乗ろうとしているのか。ラティオが大蛇の背に乗ると、大蛇が激しく身をくねらせた。ラティオが跳ね飛ばされる。


 地面に激突したラティオは、まだ縄を離していない。起きるより早くさけんだ。


「縄を全員で引くぞ!」


 長縄はちょうど蛇の頭のうしろで一回まわった。ぼくは足下の長縄を見る。円状に束ねていた残りは少ない。あわてて縄をつかむと、縄に引っぱられつんのめった。


「アト、離すな!」


 ラティオの声。手のひらに巻きつけてにぎる。大蛇が動きまわり、ぼくは引きずられた。顔を地面の砂でこすった。でも両手は離さない。


 ペレイアの男たちが駆けてくる。ぼくの縄をつかんだ。


「少年、だいじょうぶか!」


 ぼくはうなずいて立ちあがる。ラボスの男は弱音を吐かない!


 ラティオが持つほうにも、人が群がっていた。みんなで縄を引く。首にまわされた縄で身動きが取れない大蛇はさらに暴れた。


「尻尾くるぞ!」


 大蛇は身を反転させ、尻尾をふった。当たる! 顔をそむけると、がん! と鉄に当たった音がした。


「ドーリク!」


 巨漢のドーリクが大きな大きな盾を持ち、ぼくらの前に立っていた。


「いまなら、いけるやもしれん!」


 ボンフェラートが進みでて手のひらを大蛇にむけた。呪文を唱え始める。


泥土の呪文モリヴドス!」


 大蛇の表面を灰色のようなまくがおおっていく。大蛇の動きがみるみるうちに鈍くなった。


「いまだ、引け!」


 力をふり絞り縄を引く。大蛇の頭がさがった。そこに走る影があった。グラヌスだ。


 グラヌスは長剣を背中に背負い、両手には短剣をにぎっていた。それも逆手だ。


 走り寄ったグラヌスが跳んだ。大蛇の皮に短剣を突き立てる。それを反動にして、さらに上へもう片方の短剣を突き立てた。


 その短剣にぶら下がる格好になったグラヌスは足をふり、背中にかける。大蛇の上にのぼった!


 頭へ駆けると同時に背中の剣をぬく。頭の上につくと剣を素早く持ちかえ、真下へと突き刺した。


 大蛇がのたうち、頭の上のグラヌスが転げ落ちる。


「みんな、縄を!」


 ぼくの声にまわりが気づき、みんなで必死に引っぱる。


 しばらく動いていた大蛇は、尻尾がばたりと倒れ、次に口をひろげたまま横に倒れた。頭には剣が刺さったままだ。


 倒せた。ぼくは縄を離し、その場にへたりこんだ。一緒に縄を引いたペレイアの人も、力尽きたかのように地面に腰をおろした。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る