第36話 牢屋から脱獄

 日が暮れると同時にヒューがあらわれた。


 ヒューが持ってきた長縄のはしを、入口の鉄格子にむすぶ。


 みんなに手伝ってもらい窓にのぼる。窓から外を見ると目がくらんだ。高い。思えば、こんな高い建物はラボス村にはなかった。


 縄を持ち、身を外に投げだす。風がけっこう強い。ぎゅっと縄をつかみ、ぶら下がる。そこから身体は動かなかった。


 眼下に見える街の通りには、ランタンを吊したような外灯が見えた。点々とつづく灯り、それがぼくに高い場所だと強烈に意識させる。


「壁に足をつけて」


 見あげるとヒューが屋根に座っていた。


 ぼくの足は膝が曲がったままで、まったく動かなかった。


「アト、踏んばれ! いそがないと見つかるぞ」


 ラティオの言うことはもっともだ。そのとき、塔の前の道を小走りに駆ける音が聞こえた。どこかの婦人だった。


 婦人は塔を見あげることなく、駆け去っていった。よかった!


 なんとか足を伸ばし、壁につこうとしてみる。綱を持った手がずるっとすべった。あわてて握りしめるが、反動で身体も縮こまる。


 ばさり、と音がして背後から抱きかかえられた。


「手を離して」


 ヒューだった。身体を持ちあげられたようた感覚がして、ぴんと張った長縄がたわんだ。浮いている!


 手を離した。ぼくの身体は浮いているのか。手足が空のなかにあるようだ。


 がくっと揺れ、急速に地面が近づいてきた! さけび声をあげそうになるが、なんとかこらえる。


 地面にぶつかる! そう思ったときに羽音が聞こえ、ふわりと地面に降り立った。背後からまわされた腕が解かれる。


「ありがとう」


 ヒューは、しみじみとぼくを見た。


「わからぬ。こけて頭を打っても死ぬだろう。怖がる必要はない」

「そうかもしれないけど、落ちると思ったら怖いよ」


 ヒューが首をひねる。


「では、落ちるときは必ずわたしが手をつかむと約束しよう。これで怖くないか?」


 そう言われても恐怖は消えないと思うが、申し出はありがたいのでうなずく。


「ぼくにはヒューという羽がある。そう思うようにするよ」


 なんとか自分に言い聞かせてみよう。ぼくの今後の人生で、あんなに高い場所に行くことなど滅多にないとも思うけど。


 話をしているあいだに、あっという間にラティオが降りてきた。


「ここで待たないほうがいい。こっちだ」


 ラティオは塔から少し離れた路地裏まで、ぼくらを案内した。


「おい、あの副長のふたりは?」


 ラティオがヒューに聞いた。


「最初に馬をつないだ街外れの木だ」

「よし、グラヌスとボンじいが降りたら、路地裏をぬけていく」


 ラティオはすっかり街の地図を頭に描いているようだ。


「この街の人が、おさと思われる人の家に集まっている」


 ヒューがとうとつに話し始めた。


「そりゃ幸運だな。逃げるにはもってこいだ」

「アトがいう老人もいた」

「おじいさんが?」

「おい、こっちは逃げる身なんだ。余計なことはいい」


 ラティオが少し声を荒げた。


「この街にも、昨日、土竜もぐらのようなグールが出たらしい」


 ・・・・・・それはグールの大群がくる前触れだ!


「おい!」


 ラティオがヒューの胸ぐらをつかんだ。


「ラティオ殿、どうされた?」


 グラヌスがきた。聞かれたラティオはその犬人には答えず、鳥人に聞いた。


「お前、なに考えてる?」

「べつに。盗み聞きしたことを言っただけ」

「ヒュー殿、どうされた」


 ヒューは肩をすくめ、グラヌスを見た。


「このとおり、荒ぶる猿人に乙女の胸が危機にさらされている」


 それを聞いたラティオが手を離す。ぼくは、さきほどの話を思いだした。


「グラヌス、この街にも、すでにグールはきてる!」

「なにっ、それはラボス村のときとおなじなら・・・・・・」


 ぼくはうなずいた。


「ラティオ、街の人に知らせに行こう」

「だめだアト、いまは逃げたほうがいい。また捕まるぞ」


 そうか。みんなを危険にはさらせない。


「ぼくが行って、自分の村のことを伝えてくる。みんなは街外れで待ってて」

「そうはいかねえだろう!」


 最後のひとり、ボンフェラートもきた。剣呑な場のふんいきに不思議そうな顔をした。


「おお、どうしたんじゃ?」


 ボンフェラートにも手短に説明する。


「・・・・・・ふむ。わしも逃げたほうが、よいと思うがの。コリンディアに行かねばならぬであろう?」


 そうだ、戦争を止めなければ。でも、このまま街の人を放ってもおけない。どうしたらいい。


 考えた。でも、考えても考えても、答えはでなかった。


「アト殿」


 グラヌスがふいに口を開いた。


「どちらがよいか、自分には判断がつかぬ。ここは、アト殿の思うように」

「おい、グラヌス」


 ぼくの思うように? それでいいのだろうか。考えこむぼくを見ていたグラヌスが、ラティオにふり返った。


「ラティオ殿、みなを連れ、街外れで待っててくれ。なにがあっても、このグラヌス、アト殿を必ず連れていく」


 ラティオは天を一度あおぎ、ため息をともにうなだれた。


「しょうがねえ。行くしかねえか」


 そしてラティオは、なぜかヒューをにらんだ。ヒューもなぜか、にやりと笑う。


「わたしが、なにを考えてるか言おうか。宝物、みいつけた」

「なにかあったら、責任とれよ」


 ラティオとヒューが話す言葉の意味がわからなかった。


「では、案内しよう」


 そう言ってヒューは歩きだす。ヒューが歩きだした道も路地裏だ。


 ぼくは一度目をつぶり、それから大きく見開き、踏みだした。


 グールがくる。今度は村をつぶさせない。絶対にだ。


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る