第35話 塔の牢屋

「状況考えろ!」


 ラティオが怒声をあげた。


 連れてこられた部屋は、塔の最上階だ。部屋の入口には鉄格子がある。塔は牢屋もかねていた。


「すまぬ、つい」


 犬人の歩兵隊長はうなだれている。


 剣をぬいたグラヌスを止めたのはラティオだった。犬人同士でもめている場合ではないと。たしかにそうだ。ぼくらの敵はグールなのだから。


「まったくよ、お前が一緒に捕まったら意味がねえ」


 でもラティオは本気で怒ってはいない。口のはしに笑みがある。たぶん、それは癖だ。いつも冷静なラティオは、いつも口の右はしに笑みを残している。


「ラティオよ、グラヌスも悪気があったわけではない」


 ボンフェラートがたしなめた。


「すまぬ。そもそも、みなを置いて離れたのが間違いだ。異種族と行動を共にしているのを失念していた」


 グラヌスの言葉にラティオはさらに怒るかと思ったが、ふっと笑いを浮かべた。


「そう、それだ。おれも自分が他人の国にいるってのを忘れてたぜ」


 ラティオは、なぜかぼくをじっと見て首をひねる。


「アトのせいか」

「ぼ、ぼく?」

「ああ。さらにちがう人種いるからか、異種族ってのがあやふやになる」

「それは言えるの」


 ボンフェラートまで同意するのか。それから老練な精霊使いは不思議そうにグラヌスを見た。


「貴殿は歩兵の隊長と聞く。ここの兵士より格上じゃと思うのだが」


 グラヌスは、ばつが悪そうに頭をかいた。


「そこが、ややこしいところでして。各地を守る兵士は王都から派遣されております。自分はコリンディアの歩兵部隊。王都の騎士団ならともかく、歩兵の一隊長など歯牙にもかけぬでしょう」


 そういうことか。先の大戦で活躍した父さんは少し名の知れた人らしいが、王都から派遣された兵士は、だれも父さんの名を知らなかった。


「さて、歩兵隊長があてにならんとすると、どうするかじゃな」


 ぼくは牢屋の少し高い位置にある窓を見つめた。窓といっても四角い穴が空いているだけだ。明かりと風を入れるためだろう。


 窓に鉄格子はないが、ここは四階建ての四階だった。とても飛び降りれる高さではない。


「まあ、だいじょうぶだろう。この場にいないやつがいるからな」


 ラティオが軽い口調で答えた。この場にいないのはイーリクかドーリク。しかし、歩兵隊長のグラヌスでも駄目なのに、副長のふたりがどうするのか。


「うわっ!」


 思わず声がでた。見つめていた小窓から、逆さになった顔があらわれた。


「ヒュー?」


 鳥人族のヒューだ。そういえば、いつのまにかヒューはいなかった!


 ヒューは窓枠に手をかけると、上手に身体からだを入れる。部屋にすっと着地した。


「捕まるのではないか? そう思ったが、やはり捕まったか」

「なら、さきに言えよ!」


 冷静なヒューにラティオが怒った。


「この国の反応が見たかったのでな。犬人と猿人の対立、かなり根深い」


 鳥人の言葉に、さきほどそれを忘れていた犬人と猿人の三人はうなずいた。


「ヒュー、おれらを順番に窓から降ろせるか?」


 そうか、鳥人は飛べる。そう思ったが、ヒューはラティオの身体を見た。足元から頭のさきまで測るように見る。


「無理だ。重すぎる。このなかだと、持てるのはアトぐらいだろう」

「なら、長縄だな。残りふたりとも協力して、調達してきてくれ」


 これはイーリクとドーリクが外にいたのが幸運だ。犬人のふたりなら縄も調達できる。


「日が暮れてからにするか?」

「そうだな。さすがに、えっちらおっちら昼に塔の壁を降りてりゃ、いい見せ物だ」


 ヒューはうなずき、窓から出ていった。


「では、我らは昼寝でもして待つしかないか」


 石の床に横になろうとしたグラヌスをラティオが止めた。


「その前に、ちょっと肩車をしてくれ」


 グラヌスが窓を見あげる。


「出るのは夜ではないのか?」

「そう、夜だ。だが明るいうちに逃げ道を考えておきたい」


 ラティオは本当に、さきを読む。ぼくはなにかできないだろうか。無為に過ごすのも無駄な気がする。


 考えると、ここに入れられるさいに弓は没収されていない。ぼくもみんなも腰に差した剣は兵士に取られたが、弓はそのままだった。


 牢屋には寝具のかわりなのか、大きな布があった。それを丸め、部屋の隅に置く。


 弓と矢筒を装備し、つづけざまに矢を放った。この鉄の弓は精度が悪い。それなら数で対抗するしかない。


「早撃ちか。どれ、軸のずれを見てやろう。弓の名手に聞いたことがある。早撃ちで気をつけるのは身体の軸だそうだ」


 ボンフェラートが、そう言ってぼくのうしろに立つ。


「弓もあつかえるのですか!」

「少しの。無駄に長く生きておるので、一通りは使える」


 それを言われると、ぼくは短いうえに無駄に生きているのかもしれない。ボンフェラートに教わりながら、日が暮れるまで、ぼくは鉄の弓を練習しつづけた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る