第37話 ハドス町長の家

 ほかの家にくらべ、少し大きな家だった。


 街の東にある一軒家。イーリクやドーリクが待っている場所は西側なので、ここは正反対だ。ヒューが言うには、ここに住民があつまっているという。


 表に面した窓から家内をのぞくと、燭台に灯りはあるが、人影はなかった。


「ヒュー?」


 問いかけてみたが、鳥人族も不思議そうに首をひねった。


 ちょうど男がひとり来る。ぼくらは家から離れ、草陰にかくれた。


 男は家に入らず裏にまわった。あとをつける。


 家の裏手には、下へ降りる階段があった。男が降りていく。地面のすぐ上に小窓があった。この家は地下室があるのか。


 身をかがめ、地面の近くにある小窓をのぞく。地下室には大勢の人があつまっていた。


上級獣ダーズグールなんて話、信じられるか!」

「しかし、わしは少年からたしかに聞いた」


 おじいさんだ。街の人に囲まれている。


 ぼくは階段を駆けおり、木戸を開けた。


「おじいさん!」

「おお、アトボロス、無事じゃったか」


 室内にいた大勢が、いっせいにぼくを見た。


「え、猿人!」

「昼間に捕まったやつだ、逃げだしのか!」

「捕まえろ!」


 男の人が数人、ぼくにむかってこようとして足を止めた。


 背後に気配が。ふり返るとグラヌス、ラティオ、ヒュー、ボンフェラートの四人だった。


「アト、おれは言ったよな」


 ラティオが小声でぼくに注意した。そうだった。飛びだすなと言われていたのに。でも、おじいさんがみんなに責められているように見えた。


「犬人、猿人、それに・・・・・・鳥人?」

「どうなってんだ、こりゃ」


 おどろくペレイアの住民から、ひとりの男が前に歩みでた。男が手を挙げると、さわぎが少し静まる。


「私は、町長をしているハドス。そのほうら捕まったはずだ。なぜここに?」


 この人が町長。年はグラヌスより上。でも、父さんほどの年長者でもなかった。大柄ではないが、がっしりとした体つきをしている。守兵もしているのだろうか。


「ぼくは、ラボス村、セオドロスの息子、アトボロス」

「セオドロスの息子?」


 ハドス町長が目を見開いた。


「父をご存じですか?」

「名は知っているが、お会いしたことはない。猿人が犬人の子供と申すのか?」

「ぼくは猿人ではなく、人間です」

「人間だと!」


 室内にいたみんなが、ざわめいた。


「ちょっと、どいとくれ!」


 あつまった人のなかから恰幅の良い中年の婦人が前に来た。


「セオドロスの子と言ったね」

「はい」

「なら、母親は」

「メルレイネです」

「おや、まあ・・・・・・」


 婦人が、ぼくに近づいてこようとした。


「ベネ婦人!」


 ハドス町長がするどく注意する。


「その母親の子とは限らん、注意されよ」

「あのかたの名を語るなど、できるもんかね!」

「人間の子ぞ!」

「メルレイネ様は、お優しいかた。人間の子を育てたとしたら、おどろきはしても、ありえる話さね」


 ベネと呼ばれた婦人は、ぼくの前にしゃがんだ。


「お母さんは元気?」


 答えに困った。なんと言えばいいのだろう。


「アト殿のご両親は亡くなくなられた」


 うしろからグラヌスが言った。


「メルレイネ様が」


 ベネ婦人がぼくを見た。その目は動揺している。うなずこうとしたら、急に婦人がぼくを抱きしめた。


「ベネ婦人!」

「町長! あたしゃ、すぐラボス村へ発つよ。馬を貸しとくれ!」

「無茶を申すな!」

「あたしゃ、メルレイネ様に精霊の癒やしケールフィリアを教わったんだ!」


 この人は癒やし手ケールファーベなのか! しかし、あまりに強く抱きしめられ、息ができなかった。


「おお、ごめんよ」


 ベネ婦人が、ぼくを離す。そのさい、どこかで嗅いだ香りがした。


「母さんのパンの匂いだ」

「嬉しいことを言うね。あたしゃメルレイネ様に精霊ケールを教わり、反対にメルレイネ様にパンを教えたのは、このあたしだよ」


 ベネ婦人は、ぼくを守るように前に立った。


「町長、すぐ馬を用意しな。反対するなら、あたしゃ金輪際、だれも治療しないよ!」


 人々がざわめいた。ハドス町長は返答に困ったかのように顔をしかめる。


「ご婦人、もう行っても遅いのです」


 グラヌスが前にでた。


「犬人よ、遅いとはどういうことだ?」


 ハドス町長が聞いた。グラヌスはうなずき、これまでのことを話し始めた・・・・・・

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る