小話1話 ガラハラオ 宴のあと

 ヒックイト族の住むアグン山は、日が暮れるのが早い。


 農作業を終え、家に着いた。妻のタジニは家におらぬようだ。夕餉ゆうげに使う野草でも摘みに行ったのかもしれない。


 家の前に置いた水瓶から水をすくい、手を洗う。腰にさげた手ぬぐいで手を拭きながら暮れる空をながめた。


「ふたりは慣れているのにな」


 思わず、つぶやいた。無口で通っているこのガラハラオが思わず。


 たった一晩であったが、にぎやかな夜だった。それが去っていくと、妙に家の静けさを感じる。


 ラティオは根なし草のような性格だ。家にいないことも多い。タジニとふたりというのは、慣れているはずのに、それが静かに感じる。


「だれか、なに用か」


 声にだし、私はゆっくりと家の壁に立てかけていた斧を握った。


「俺だ、イブラオだ」


 イブラオか。妙な気配がして声をあげてみたが、ブラオの弟か。しかし声が返ってきても、居場所がつかめぬ。


「さすが、狩りの名手、ヒックイトの山猿、と言われるだけあるな」

「俺は気配をっていた。気づいたあんたのほうが、大したもんだ」


 妙なところで褒められた。


「して、なぜ姿を隠す」

「ラボス村に行った連中は、まだ帰ってこねえ。俺と兄貴は尾根づたいに先に帰ってきた」


 なるほど。山を知り尽くした男だ。このアグン山からラボス村への行き方も心得ているのか。


「俺が狩りを教わったのはな、セオドロスからだ」


 いきなり、なんの話だ。セオドロス、聞いたことのない名だ。


「セオドロスは、アトの父親だ」

「なっ!」


 言葉を失った。この里の者が、アッシリアの犬人と会ったことがあるのか。いや、会うどころではない。さきほど狩りを教わったと言った。


「なぜ、犬人と、そう思うだろう。昔に兄貴の妻フィオニが、流行病はやりやまいにかかっただろう」


 そういえば、そんなことがあった。里から隔離するために、アグン山から長く離れていた。


「それを治したのは、アトの母親メルレイネだ」


 それでラボス村への行き方を熟知しているのか!


「では、お前、あの人間の子とは」

「ああ、会ったことがある。まだ小さいころにな」


 なんと数奇な運命か。


「ラボス村は駄目だった。全滅だ。アトはひとり、残された。兄貴の家がアトを引き取るつもりだ。その、うしろ盾になって欲しい」


 なるほど、そういうことか。別の種族が里に入るのは、なにかと抵抗があるだろう。私にも協力しろと。しかし、あの子の里、気の毒に。


「悪いが、協力はできん」

「・・・・・・どういうことだ?」


 声を押し殺してはいるが、怒りが感じとれた。


「うちの息子ラティオは、あの少年の亡き母が作ったパンを食べた。最後のふたつだったそうだ。この意味がわかるか?」


 すぐに返答がこない。考えているのだろう。


「・・・・・・いにしえの掟か!」

「そうだ」

「・・・・・・なんという数奇な」


 今度は山猿が、私とおなじことを思ったらしい。


「あの子がひとりなら、私の家が迎えよう。そのほうが自然だ」

「・・・・・・兄貴と話してみる」

「ああ、そうしてくれ」


 返答がない。去ったか。


 あのブラオとイブラオの兄弟に、人間の子と関わりがあったとは。そしてそれを息子が連れてくる。


 私はひとつ、大きく息を吐いた。


 ラティオのうつわは、この里で収まるものではない。それは常々に感じていたし、ボンフェラートにも言われた。


 それが、いきなり三種族。この閉鎖的な山に三種族も連れてきた。


「まさか、あやつ、動乱の火種になりはせぬよな」


 暮れゆく空に問うてみた。答えはもちろん返ってはこぬ。


「・・・・・・その言葉の意味がわからん」


 山猿、まだいたのか。


「イブラオよ」

「・・・・・・なんだ」

「帰れ」

「・・・・・・わかった」


 草が動く音がした。今度こそ去っただろう。


 しかし・・・・・・


「しゃべりすぎだな」


 私はしゃべるのが嫌いだった。それがどうも、ここ数日でやけにしゃべる機会が多い。


 もうすぐ冬だ。冬がくれば年も超える。


 来年の一年ほどは、しゃべらないでいいだろう。こんなにもしゃべったのだ。暮れゆく空におのれを褒め、私は家に入った。




 小話1話 終



  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る