第32話 旅立ち

 ぼくは、いつから座っていただろうか。


 ずいぶんと泣いていた気がする。


 ぼくの周囲に、だれかがいた。


 右を見る。グラヌスだった。左を見るとヒューだ。ラティオがニーネの亡骸を挟んでむかいにいる。


「アグン山、帰るか、アト」


 ラティオが言った。


 なにを言っているか、わからなかった。ああ、そうか。ぼくは家を失ったんだ。家族も。


「おれらの里に来い、アト」

「ヒックイトは部外者を入れないのでは・・・・・・」


 ラティオは親指でうしろを指した。


「それをすすめているのは、おれじゃねえ」


 顔をあげ、ラティオのうしろを見た。ヒックイトの人たちだ。みんな地面にあぐらをかき、ぼくを見つめていた。


 立ちあがろうとしたが、腰に力が入らなかった。


「まだ座ってていい」


 ヒックイトのだれかが言った。


 ぼくが泣きやむのを、みんな待っててくれたのだろうか。立ちあがろうとしたけど、やっぱり腰に力が入らなかった。


「アト殿」


 グラヌスが見つめてくる。そうだ、兵士がいたのを思いだした。


「兵士の人は?」

「残り火を消化するよう指示した」


 あたりを見まわした。ひとりの兵士が、半壊した家に斧を打ちこみ倒そうとしている。手にした斧はこの村のどこかから調達したのだろう。


 ちがう兵士はくわで燃えきった家の灰塵かいじんに砂をかけていた。


「グラヌスの部下?」

「そうだ」

「なぜ、歩兵隊が」

「うむ・・・・・・」


 グラヌスは少し考え、首を通りにむけた。


「イーリク! ドーリク!」


 人影がふたつ駆けてきた。あのときの副隊長だ。細身の若い男と、反対に体の大きな若い男。


「なにがあったが、もう一度、話してくれぬか?」


 グラヌスの言葉に細身の副隊長、イーリクがうなずいた。


「隊長たちが出た次の日です。ラボス村の者がコリンディアにやってきました」


 生き残った人がいたのか!


「その者が言いました。ラボスは猿人族に襲われたと」

「そんなっ!」


 ぼくが反論する前にグラヌスはうなずいた。そうだ、グラヌスはわかっている。イーリク副隊長が話をつづけた。


「ザンパール平原に猿人族の兵が集まっています。それは、こちらに攻めこむため、そう歩兵師団長たちは考えました」


 言われている意味がわからなかった。ラボス村が襲われたのはグールだ。


「各隊には、出撃準備の号がだされました。私とドーリクは隊長に会うために、ここに馬を飛ばしてきた、というわけです」


 どういうことだろう。そのラボスの人は、なぜ嘘をついたのか。


「ラボス村の人の名前は?」

「あいにく、私が会ったわけではございませんので。訓練兵の若いかたと聞きました」


 ぼくはグラヌスを見た。


「アト殿、どうした?」

「訓練兵は全員、死んだ。最初の日に」


 グラヌスが目を見開く。


「ならば偽物か。なぜまた。もしや、これもあの馬鹿息子が!」


 馬鹿息子、第一歩兵師団長の息子、ダリオン!


「いや、規模が大きすぎる。これは個人の話じゃねえ」


 口を開いたのはラティオだ。


「だが、アッシリア国とウブラ国を戦わせたいやつがいる。それはたしかだ。そいつがラボスの騒動を利用した。おそらく、そんなところだろう」

「でも、だれが!」


 そんなことをして、いったいなんの得になるのか。


「それは、ここではわからねえ。アッシリア国なのか、ウブラ国なのか、はたまた・・・・・・」

「バラールか」


 最後の言葉はヒューが付け足した。ラティオがうなずく。

 

「なぜ、バラールが?」

「戦争になれば、大量の物資が動く。どうやら、あの商業都市は調子が悪そうだしな」


 前にラティオが言っていた葡萄酒を買いたたかれたり、といった話か。でも戦争、それでもうかるのか。そんなことがあるのか。


「今このとき、自分はアト殿と共にいたいが、一刻も早く帰り、ゼノス師団長に正しい状況を伝えねばならん」


 グラヌスの言葉にラティオがつづいた。


「だからよ、アト、おめえはヒックイトの里に来たほうが、いいんじゃねえか」


 ぼくが、ヒックイトの里に・・・・・・


 ラティオのうしろにいたヒックイトのひとりと目があった。にっと笑う。


「流れ者が来るにはいいところだぜ」

「ぼくは、人間です。猿人族と似てますが」

「知ってるさ」

「ではなぜ・・・・・・」

「おい、こんな現状見て、子供ひとり、ほっとけるわけねえだろ」


 まわりの人が、そうだそうだとうなずいた。


「それにおめえさん、戦争になったら犬人の国にいるのは、あぶねえんじゃねえか」


 そうか、アッシリア国とウブラ国が戦う。それは、猿人と犬人の戦いなんだ。ヒックイトの人とグラヌスが敵になる。


 考えた。仕方がないことだとは、どうしても思えなかった。ぼくにできること、それがあるような気がする。


 立ちあがろうとしたが、まだ足腰が立たない。


「グラヌス、肩を借りてもいい?」

「おお、いくらでも貸そう」


 グラヌスの肩を借りて立ちあがった。立ちあがると腰のぬけた感触は遠のいた。足を踏みしめる。問題ない。


 ぼくはグラヌスを見た。人生で初めての友。ぼくがそう思うだけで、年上のグラヌスからすれば面倒な弟のようなものだろう。


 でも、グラヌスを戦わせたくはない。それは絶対に嫌だ。


「グラヌス、一緒に行くよ」

「アト殿・・・・・・」

「ぼくが、この村の最後の生き残りだ。ぼくしか説明できない」


 グラヌスは迷うように眉を寄せたが、やがて力強くうなずいた。


「すぐに行こう、グラヌス」

亡骸なきがらを埋葬しないでよいのか?」


 ぼくは首をふった。


「遅かった。その間違いは二度としたくない」


 ぼくの言葉にグラヌスが強烈に顔をしかめた。


「それはアト殿の間違いではない! このグラヌスが叱責しっせきされるべきところ」


 グラヌスの怒りが充分すぎるほど伝わってくる。やっぱりぼくは、この人を戦わせたくない。


「グラヌス」

「うん?」

「戦争を止めよう」

「うむ」


 ラティオが立ちあがった。尻についた砂を払う。


「なら、おれも行くか」

「ラティオ殿、アッシリア領だぞ!」

「危なくなったら逃げるさ、なあ、ヒュー」

「わたしも入るのか」


 いつのまにか、ヒューも立っていた。


「ありゃ、来ないの? 帰るか?」

「帰るところなど、ない」


 ふたりも来るのか。グラヌスが心配するとおり、それは危険なのかもしれない。それでも、ぼくはなぜか、この三人がいるという安心感がわいた。


 グラヌスは自分の隊を集めた。乗ってきた馬は、ぼくらが使うことになった。気の毒だが、兵士の人は歩いてコリンディアまで帰ってもらう。


「ついでにアッシリア領の外まで、うちのヒックイトを送ってくれねえか? 兵士と一緒なら無用な誤解がない」


 ラティオの提案だ。そうだ、後続の人たちもいた。


「では、イーリク、ドーリク、二手に分かれ、こちらにむかうヒックイトの方々を探しながら行ってくれ」


 グラヌスの言葉に副隊長のふたりがうなずく。


「いや、見送るだけだ。そのふたり、こっちのほうがいいと思うぜ」

「イーリクとドーリクをか?」

「そうだ。グールと戦ったのを忘れるなよ。まだいるかもしれねえ」


 グラヌスは少し考えた。


「そのとおりだな。見送り部隊も二手に分かれるのはやめよう。固まって国境まで」

「ラティオのほうが少ないのう。わしもそっちに行こうかの」


 声をあげたのはボンフェラートさんだった。


「じじい、帰れよ」

「ぜがひでも、グラヌスとアトは着かねばならんのじゃろ。このなかで一番強いのは、だれじゃ?」


 ラティオとグラヌス、ヒューは顔を見あわせ、首をすくめた。三人がなにも言わないということは、ボンフェラートさんなのか!


「隊長、このかたは?」

「うむ、イーリク、ボンフェラート殿は精霊使いケールヌスだ。それも、かなりの使い手」


 イーリクの老人を見るまなざしが変わった。そうだ、イーリクさんは精霊戦士ケールテースだった。


「ラティオよ、ブラオとイブラオの兄弟が見えん」


 イブラオの顔を探した。ひたいに傷のある人だ。


「気ままな兄弟だからな。まあ、あのふたりなら勝手に帰るだろ」


 兵士の乗ってきた馬をもらい、ぼくらは出発することになった。


 ぼく、グラヌス、ラティオ、ヒュー。この四人に今日初めて会話をした人が加わる。


 ボンフェラート、イーリク、ドーリクの三人だ。


 数は七人だが、ぼくとヒューが馬に乗れない。馬は五頭でよかった。


 馬の背に乗り、村をふり返る。


 村のみんな、ごめん。心のなかで謝った。ことが済んだら、帰ってくる。


 馬が動いていないことに気づいた。なにも言わず、ぼくを待っていたのか。


「行こう、みんな」


 ぼくの声にグラヌスは馬の腹を蹴った。馬が走りだす。


 もう一度、ふり向いて遠のく村を見つめた。いろんな想いがあふれそうになるのを押しとどめる。


「いつか、お前も、この村を旅立つときがくる」


 父さんがよく言った言葉。望んでいなくとも、そのときが来た。


「お前が旅立つとき、俺と母さんは、いつまでも手をふっているだろう。でもなアト、お前は、ふり返らなくていい。前だけしっかり見てろ」


 父さんはそう言った。目を閉じて、ふたりが段々畑で手をふっているのを思い浮かべた。金色になびく麦穂を背に、ふたりは笑っているはずだ。


 ありがとう、父さん。ありがとう、母さん。


 今、きっと、ふたりはうしろで手をふっている。


 目尻から流れる涙が、風でうしろに飛ばされた。


 目を開け、前を見る。馬の駆ける速さはあがり、風が顔に打ちつけてきた。


 その風に負けないよう、ぼくはしっかりと前だけを見る。


 静かな山間の街道に、五騎の駆ける馬蹄の音だけが、どこまでもどこまでも響いていくように感じた。




 第一章 終



  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る