第31話 声なき帰郷

 今いる隠田は隠すための田畑だ。外への道がない。


 でも、ラボス村は近いはず。村から通うなら、あまり遠いと不便だ。


 ヒューが道をさがすというので、そのあいだに放った矢を回収した。


 矢は小川で洗わず、わざわざ水を汲んで離れた草むらで洗った。グールの血には毒があるらしい。川に流してはだめだと。これはボンフェラートさんに教わった。


 矢を矢筒に入れ出立の用意をしていると、ヒューがもどってきた。


「近くに道があった、馬車も通れる」


 それだ。作物を作っても馬車がないと輸送にこまる。その道がラボス村に通じているはずだ。


 ヒューの案内で道まで行き、道に出ると北にむかって駆けた。


 しばらく走っていると段々畑が見えた! ラボス村だ。


「煙が!」


 だれかが言った。立ち止まって目を凝らす。


 段々畑のさらに上にはラボス村があるはずだ。そのあたりから、うっすらと煙が見える。煙の筋はひとつではなかった。いくつもの細い煙の筋がのぼっている。


「駆けるぞ!」


 ラティオがさけんだ。みんなが走りだす。道はゆるい上り坂だったが、懸命に走った。


 気づけば先頭を走っていた。坂をのぼりきり、ぼくは足が止まった。


「そんな・・・・・・」


 うしろからラティオがぼくを追い越した。


「くそっ、生きてる人をさがすぞ!」


 ヒックイトの人が村のなかへ駆けて行く。


 村は焼け跡となっていた。あちこちに死体が見える。煙は焼け落ちた家からでていた。


 あの上級獣ダーズグール。双頭の火を吐く獣がまた来たんだ。


 それだけではない。道ばたにある死骸には、麦畑にもいた大土竜タルパのほかに、黒い毛をした狼のようなグールが何匹も倒れていた。


 グールの死骸は村のいたるところにある。前とはくらべものにならない数だった。


 風がふき、焼け落ちた家から火の粉が飛んだ。


 この村は木の家が多い。だれも消す者がいない木の家は、次から次へと焼けていく。


「アト! アト!」


 ラティオが呼んでいた。


「アト!」


 ラティオが目の前にきて大声をだした。ぼくの名だ。我に返った。ラティオと目があう。


「アト! 村に避難所のようなものはなかったか!」


 村の人が避難? ・・・・・・集会所だ!


 集会所へ駆けだした。村の中央、訓練所の横に大きな集会所がある。がれきが散らばる村の道を走った。


 集会所の前には、多くの人が倒れていた。グールの死骸も多い。ここで戦闘があったんだ。


「トーレスさん!」


 地面に横たわった守兵副長のトーレスさんを見つけた。死んでいる。


 大きな集会所は前半分が崩れていた。入ってみる。なかに人は倒れていなかった。


「戦闘は、昨日、今日、じゃあねえ。もっと前だ」


 横にならんだラティオが言った。部屋を見まわす。


「どうした? アト」


 なにか違和感を感じた。


「奥の壁!」


 集会所の奥の壁は石組みでできている。


「扉があったはずなのに、ない!」


 倉庫に使っていた小さな部屋があるはずだった。その扉がどこにもない。


 ラティオが石組みの壁に近づいた。


「ここだ、ここだけ石の色が微妙に違う」


 言われた場所を見ると、ちょうど扉の大きさにあたる部分の色が違った。駆けよって石を引きぬこうとしたが、びくともしない。石のあいだには泥をはさみ固定していた。肩でぶつかってみる。少しも動かなかった。


「アト殿、自分が!」


 グラヌスがくわをどこかで見つけてきた。鍬は三本爪だ。


 グラヌスがふりかぶって鍬を打ちつけると、石のあいだに鍬の爪が入った。もう一度ふりかぶる。


「ラティオ、大変だ! 馬に乗った犬人が襲ってきた!」

「なにぃ!」


 ラティオとグラヌスが駆けだしていく。


 ぼくは床に置かれた鍬をひろい、石と石のあいだを狙って打ちつけた。三本の爪が縦に刺さる。柄を両手で持ち、てこで開けるように引っぱった。


 柄の根元が折れると同時に壁の石がひとつ落ちた。その穴に手をかけ引っぱると次の石も取れる。


 いくつかの石がとれ、なかが見えた。


 なかにいたのは、老人と子供だ。小さな部屋にぎゅうぎゅうに詰めて座っている。みんな息はしていない。


 座ったまま絶命した人たちの一番前。見つけたくない顔を見つけた。


「ニーネ・・・・・・」


 顔や身体はきれいだった。おそらく煙で死んだんだ。やさしかったニーネは、子供たちを守ろうと一緒に入ったのだろう。でも、それでよかったのかもしれない。外にいてグールに食べられるより、こっちのほうがいい。


 穴を床まで拡げた。なかに入り、ニーネを抱えあげる。


 ニーネの体は細かった。でも、死んだニーネはなぜか重かった。


 集会所から出ると、前の広場にヒックイトの人たちがいた。


「そいつらが斬りかかってきたんだ!」


 ヒックイトのひとりが大声をあげた。みんな武器をかまえている。


 そのむかいには、馬に乗った兵士が十名ほどいた。そのなかにはコリンディアで見たふたりの副隊長もいた。あいだに立つようにグラヌスとラティオがいる。


「おい、あれ・・・・・・」


 だれかが言って、みんながぼくを見た。


 ぼくはニーネを抱え、みんなのもとに歩いた。ニーネをおろす。


「幼なじみのニーネだ」

「アト殿、さきほどの壁の・・・・・・」

「なかは、老人と子供が座っている」


 グラヌスが集会所のなかに駆けていった。


 ニーネを見つめる。遅かった。間に合わなかった。


 そばに座り、ニーネの手をとった。あの抱きしめてくれたような温かさはなかった。冷たい手だった。


「アトは人間だから、結婚する相手がいないと思う」


 そう言ったのは何年前だろうか。子供のころだ。


「だれもいなかったら、わたしが結婚してあげる」


 そうとも言った。


 だれもいなくなった。考えたくなかったけど、ぼくを呼ぶ声がしない。父さんも生きてはいない。


 涙がでてきた。これで、ぼくを知っている人はいない。ぼくが知っている人もいない。


 遅かった。ただただ、遅かった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る