第30話 麦畑の戦闘

 おかにあがっても、まだ地面が揺れているようだった。


 朝から次の日の朝まで、昼夜ずっと舟に揺られつづけた。その影響か、揺れないはずの地面が揺れている。


 まわりを見た。知らない土地だ。ラボス村の近くまで舟で行くというので、以前に見たストルマ川にたどり着くかと思ったが違った。


 川の分岐があると、北へのぼるほうを選んできた。ストルマ川よりも北にいると思う。


 川幅がせまくなり、これ以上は舟で進めない。しかし歩いて北へあがっていけば、ラボス村への道がわかるだろう。


「こりゃ、まるで千鳥足だな」


 ヒックイトの猿人ひとりが、ふらつきながら言った。


「ああ、船酔いではなく、おか酔いと言う」


 ラティオが答えた。ぼくだけでなく、ヒックイトのみんなも気分が悪そうだ。


 予定どおり三刻ほど休憩をする。横になったほうがいいと言われ、寝転がって休むと、ずいぶんと楽になった。


「では、行くか」


 ラティオのかけ声で、みんなが腰をあげる。その時、ばさりと上空から羽音が聞こえた。ヒューだ。


 羽があるので飛べるとわかってはいたが、ぼくもヒックイトの人たちも口をぽかんと開けた。人が飛んでいる、それはあまりに異様な光景だ。


「あの林をぬけると麦畑が見える」


 ヒューは地面に降り立つと、林を指差した。ラティオがうなずく。


「ラボス村への街道かいどうがあるかもしれねえな、そっちへ行こう」


 ぼくとグラヌスで先頭を歩いた。犬人族に出会ったら、すぐに説明ができるようにだ。


 ヒューの言うとおり、林を抜けるとそこは麦畑だった。周囲は林に囲まれているが、そこだけはぽっかりと平地になっている。そこに四面ほど麦畑があった。


 大きな麦畑だが、見える範囲に民家はない。


「こりゃ隠田おんでんだな」

「ラティオ殿、それは徴収を免れるための田畑か?」

「そうだ。通報するか?」

「自分は軍人だ。役人ではない」


 ラティオとグラヌスが話していた。ラボス村の人だろうか? そういう話をあまり聞いたことはないが。


「おうい、こっちに水があるぞ」


 麦畑の横に粗末な小屋があった。その前でヒックイトのひとりが手をふっている。


 小屋まで行くと、そばに小川が流れていた。ここで休憩をとることにして、水袋にも補給する。


「なかに短剣があったぞ」


 ラティオが、刀入れのついた帯革おびかわを持って小屋から出てきた。刀入れに入った短剣のつかには、アッシリアの紋章が刻まれている。


「兵士、ならばこれは兵士の隠田か!」


 グラヌスがおどろいている。王都から派遣されてる兵士。こんな麦畑を持っていたのか。


「通報するか?」

「自分は軍人だぞ。もちろん通報する」


 ふたりの口舌こうぜつに笑っていると、どこかから声が聞こえた。


「助けてくれ!」


 すぐに荷物と一緒に置いていた鉄の弓をとった。まわりの見る。麦畑のなかだ!


 舟でラティオと話をしていた老人。なぜか中腰で駆けていた。そのうしろ、麦が揺れている。グールか!


 ぼくは走った。走りながら矢をつがえる。麦が揺れているところを目がけ放った。矢は大きくそれた。この鉄の弓、いままでと勝手がちがう!


 弓をにぎりしめ老人の元に走った。老人も走ってくる。ふたりが重なると同時に麦畑から影が跳ねた。


 子鹿ぐらいに大きな土竜もぐら。針のような歯を見せ襲ってきた。手にした鉄の弓をたたきつける!


 ぎゃんと鳴いてグールは逃げた。うしろから麦をかきわける音。みんなが追いついてきた。


「アト、剣もないのに飛びだすな!」


 ラティオが怒った。


「ごめんよ。つい・・・・・・」

「これでも巻いておくか」


 さきほどの帯革をぼくに巻きつけた。帯革をとめながらラティオが笑う。


「ボンじい、くそのとちゅうだったのか」


 となりでは老人が股引またひきを履きなおしていた。ラティオはボンじいと言った。あの書物の山があった家の人、ボンフェラートさんか。


「笑いごとではないぞ。一匹ではない」

「複数か!」


 ラティオは急いで帯革をとめ、周囲を見た。


「あの丘に行くぞ!」


 麦畑のなかに小高い丘があった。丘のてっぺんには巨大な岩が乗っている。


 みんなで武器を持ち、丘へ駆ける。


「アトとボンじいは岩の上、ほかは岩を背に円陣を組むぞ!」


 ぼくも短剣で。そう言う前にすっと身体が浮いて岩の上に乗せられた。ひたいに傷のある大男、イブラオさんだ。


 岩の上は遠くまで見とおせた。目を凝らす。


「あっちから来る!」


 麦の揺れが近づいてくる。その方向を指した。


「それにあっちも!」


 揺れる麦を素早く数えた。


「八体! 八体いる!」

「ちっ。ボンじい、土の精霊クセノパネスを頼む!」


 ボンフェラートさんは羽織っていた茶色い外套がいとうの下から両腕をだすと空にかかげた。なにかを唱え始める。


地力の護文ピスマ!」


 最後の言葉をするどく発すると、身体に高揚感があふれた。この人は精霊使いケールヌスだったのか!


「グラヌス! 土の護文でいつもより力があがる、気をつけて使いこなせよ」

「心得た!」


 グラヌスが剣をかまえた。ぼくも弓をかまえる。


 この鉄の弓は精度が悪い。遠くからは無理だ。近くにきてから射る。


 グールが麦畑をぬけた。丘を駆けあがってくる。狙いを定め放つ。矢は外れ地面に刺さった。もう一本を素早くつがえる。


 ほんの少し狙いの上に放った。矢がグールの背に刺さる。矢が突き立ったままグールは駆けた。


「グラヌス!」


 グラヌスの目前でグールが跳ねた。剣の腹でグールの歯を受ける。受けた刃を素早く返しグールの前足が切れた。


 地面に落ちたグールがまだ立とうとしている。三本目の矢で射る。首のつけ根に刺さりグールは動かなくなった。


 左から二匹! うしろのグールに狙いをつけて放つ。矢が刺さり横に倒れた。イブラオさんが駆けより上から剣を刺して仕留しとめる。


「イブラオさん、うしろ!」


 ふり返ったイブラオさんにグールが襲いかかった!


 倒れたイブラオさんはグールの上顎うわあご下顎したあごをつかんでいる。


大地の護文ピスマタリス!」


 岩の上のボンフエラートさんがさけんだ。身体がふわっと軽くなるのを感じた。さらなる土の護文か!


「むう!」


 イブラオさんが気合いをひとつ入れ力をこめた。グールの下顎がへんな方向に曲がる。地面に倒れてのたうちまわった。


「イブラオ、さがれ!」


 ラティオがさけんだ。イブラオさんは剣をひろい岩までもどった。


「みな、大振りせず、剣は突け! ふたりで一体を狙う。アトは敵が二体同時でくるやつをさがせ!」


 岩の上でぐるぐる周囲を見まわした。ヒックイトのふたりがグール一体を相手にしている。そのうしろ、もう一体がにじり寄っていた。矢をつがえて放つ。背中に突き刺さりグールがのたうつ。


 すぐに次の矢を用意し、のたうつグールは無視した。


 麦畑からならぶように二体のグールが飛び出てくる。片方を狙った。矢を放つ。今度は右に外れた。すぐに次の矢。うしろ足に刺さった。


 この鉄の弓はなんと扱いずらいのか。かなり練習が必要だ。


 まわりを見ると戦闘は終わりつつあった。のたうっていたグールにも止どめが刺される。


大土竜タルパとはの。ひさしぶりに見るわい」


 おなじ岩の上にいたボンフェラートさんがつぶやいた。


「これを知っているのですか!」

「うむ。遠い異国で見たことがある。じゃが、このテサロア地方で見たのは初めて」


 やはり滅多にないことが起きているのか。ぼくの心配を察知したのか、ボンフェラートさんは言葉をつづけた。


「アトボロスと申したな。わしはボンフェラートという。さきほどは命をすくわれた。まこと恩にきる」


 ボンフェラートさんはラティオを呼んだ。


「ラティオよ」

「なんだ、ボンじい」

「アトボロスの村へ急ごう」


 ラティオも、そしてヒックイトの人々も、ことの異様さを感じたのか、全員が真剣な顔でうなずいた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る