第二章 アトボロス 戦端の土

第33話 崩れたおじいさんの家

 馬を走らせつづけた。


 山間の道をしばらく走っていたが、やがて広い平原にでた。この平原は覚えがある。


 おじいさんの家が見えるはずだ。遠くに麦畑が見える。目を凝らした。まさか・・・・・・


「グラヌス、家から煙がでてる!」


 犬人の歩兵隊長は速度を落とした。まわりもそれに合わせる。


「あの遠くの家か。アト殿、よく見えるな」


 人間の特徴なのか、それともぼくだけなのか、昔から犬人より目はよかった。鼻はもちろん、犬人のほうが有能だ。


「どうした、グラヌス」

「ラティオ殿、あのむこうの家の煙が見えるか?」


 グラヌスが指を差した。ラティオをそっちを見て目を細める。


「よく見えるな」


 猿人のラティオも見えないのか。人間族は目だけはいいのだろうか。力は間違いなく一番弱いけど。


 あのとき、おじいさんには世話になった。寄ってもいいかと聞くと、みんな反対はしなかった。馬ならすぐの距離だ。


 馬を走らせ近づいていく。


「隊長、家が!」


 さきを走るイーリクがさけんだ。家が半壊している。


 家の前で馬が止まるのを待ちきれず、ぼくは飛びおりた。


「おじいさん!」


 走って母屋に入ったが、なかは空っぽだ。食料などがないところを見ると、どこかに避難したのかもしれない。


「だれもいねえな」

「しかし、これはグールだ」


 ラティオとグラヌスも来て話している。母屋から出た。


「おいグラヌス、この近くに村は?」

「ペレイアという街がある」

「街? 村じゃなくてか。そこは、でけえのか?」

「それなりに」

「まずくねえか? ラボス村から、それほど距離はねえぞ」


 ラティオとグラヌスの心配はわかった。ラボス村、それに隠田、さらにここだ。グールは広範囲に出没している。


「おれの里の者を帰さなきゃよかったか」

「ラティオ殿、それこそ兵士、自分たちの役割だ」

「そのペレイラの街に駐留する兵士は?」

「かなりの数がいるはずだ。だが・・・・・・」


 グラヌスがぼくを見た。あてにならなかったラボス村の兵士のことだろう。


「ペレイラの街にいる兵士は、まっとうであると信じたい」

「いきどおりを感じるのは大したものだが、ウブラ国でもそんなもんだぜ。兵士は仕事をしねえ。田舎じゃ常識だ」


 グラヌスが奥歯を噛みしめているのがわかった。


「隊長」


 大男があらわれた。副隊長のドーリクだ。


「俺の馬がへばりぎみです。ちょっと飛ばしすぎたかもしれません」


 馬が? ぼくとグラヌスが乗っていた馬を見た。とくに変わった様子はない。


「ふたりで乗るより、この副隊長さんのほうが重いってか」


 じろり、とドーリクはラティオを見た。


「猿人の軽口は、あまり好きではありません」

「そりゃ、失礼したな」


 ラティオは首をすくめた。


「ペレイアに寄っていこう。そこでドーリクの馬も変える」


 グラヌスの言葉にみんながうなずいた。


 馬の元に去っていくドーリクの背中を見て、グラヌスがため息をついた。


「すまぬな。あとで言っておく」

「なに、種族が違うんだ。無理もねえ。違う種族に好かれるなんざ・・・・・・」


 ラティオはそこまで言って、ぼくの顔を見た。


「なんでアトは嫌われねえんだろうな。おれとそんなに違うか?」

「違うだろう」


 いつのまに背後にヒューがいて、びっくりした。


「なにが違うんだ?」

「それは逆に聞きたい。なにがおなじだ?」


 ふたりは話しながら馬に歩きだした。妙なふたりだ。思わずグラヌスと見あう。


「ペレイアに着いたら、ラボス村のことも聞こう。運よく逃れ、ペレイアにきているかもしれない」


 それは期待できない。グラヌスも思ってないだろう。でも、気遣いは嬉しかった。


「そうだ、おい、アト」


 ラティオがふり返って呼んだ。


「前も言ったがな、ひとりで飛びだすな」


 ぼくは大きくうなずいた。どうも、かっとなると体がさきに動いてしまう。グラヌスにもラティオにも、心配させないようにしよう。それが、今ぼくができる友への気遣いになるはずだ。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る