第34話 ペレイアの街

 ペレイアは、ラボス村よりずっと大きな集落だった。


 街の中央に水路が流れていて、そこにいくつかの水車がある。水路の左右に家は密集していた。


 街の家は二階建てが多かったが、ひときわ高いものがふたつ。細長く建てられた塔と、やぐらを組んだ見はり台があった。


 着いたときにはグールとの戦闘中、そんなことも想定していたが、街はおだやかな風がふいている。


 道ばたでは婦人たちが世間話に興じていたし、野菜を運ぶ驢馬ろばの音も、かっぽかっぽとのんびりしたものだった。


 馬は街の入口にあった木につないだ。ドーリクだけ、馬房をさがしにいく。


「のんきなもんだな」


 少しあきれたようなラティオだ。


「住民がのんきなのはよいが、街の外にも、なかにも、どこも警備の者が見えん」


 そう言われれば、ラボスでは村の両端に見はり台があり、だれかが常にいた。この街には中央に高い見はり台が見えるが、人影はない。


 街一番の大通りは、水路の両側に沿ってある。その大通りに面して、店がならんでいた。歩いていくと、建ちならぶ店から挟まれるように塔があった。遠くからでも見えた細長い建物だ。入口にアッシリアの旗がかかげられている。


「塔が兵士の詰所か」


 グラヌスが入っていく。なぜか、すぐに出てきた。


「だれも、おらぬ。そんなことがあるのか」


 ぼくはラティオと見あった。そんなことは、大いにある。


「イーリク、兵士をさがそう。グールは街外れの民家まで来ているのだ」


 グラヌスとイーリクが駆けていく。残ったぼくらはどうしようかと思ったとき、会いたかった顔を見つけた。


「おじいさん!」


 おじいさんもぼくがわかったようだ。


「おお、セオドロスの息子、アトボロスか」


 おじいさんに駆け寄る。


「だいじょうぶでしたか」

「お前さんが出ていったあとに考えての。危ないと言われて家にいるのもどうかと」


 よかった。おじいさんには、ぼくは何度も強く避難するように勧めた。そのときは伝わらなくとも、あとになって意味がある、そういうこともあるのか。


「おじいさんの家、襲われてました」

「なんとな!」

「しばらくは、帰らないほうがいいと思います」

「わしの家はどうなっとった?」


 おじいさんの顔が青くなっている。言うべきか迷ったが、隠していてもなにもならない。


「母屋は半分ほど崩れています」


 おじいさんが地面に座りこんだ。無理もない。


「ちょっと、あんた! 老人になにやってんだい」


 ぼくが? 声をあげたのは通りがかった婦人だ。


「ひっ! 猿人!」


 ぼくは猿人ではない。そう言おうとしたが、うしろにいるのはラティオとボンフェラートだった。


 大通りに面した家や店から、次々に人が出てきた。ぼくらを囲む。


「なにをしておるか!」


 剣を腰に差した男があらわれた。兵士というより、肉屋を思いださせるような腹のでた男だ。少し顔が赤い。なんだか足取りもふらついている。


「兵士長、どうされました?」


 もうふたり、兵士があらわれた。


「敵が入ってきておる、ひっとらえよ!」

「待ってください!」


 言い返そうとしたぼくの肩をラティオが押さえた。


「あれ、酔ってるぜ。へたなことは言わないほうがいい」


 あれよあれよという前に、ぼくとラティオ、ボンフェラートさんは後手にひもで縛られた。


「ちょっと通していただきたい」


 人混みをかきわける声が聞こえた。グラヌスだ。


 グラヌスは、ぼくらを見てぎょっとした。近寄ってこようとしたが、ラティオが首をふった。近寄るな! という合図だ。


「ほら、歩け」


 兵士長と呼ばれた男がせかした。さきほど見た塔の建物に連れていくらしい。


「さっさと歩かんか!」


 後手に縛られたラティオの背中が蹴られた。つんのめって顔から地面にこける。


 あわててラティオに駆け寄った。


「ラティオ、だいじょうぶ?」

「ああ、世話ねえ。だが、嫌な予感がするぜ」


 嫌な予感? その時、うしろで剣をぬく音が聞こえた。


「わが友に対し、あるまじき行為。このグラヌス、ラティオ殿が許すと言われても、お前を許さん!」


 ラティオは盛大にため息をついた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る