第29話 ラボス村へ

 帆かけ船の漁師は約束どおり待っていた。


 先行する二十人が乗りこむ。小さな舟は二十人も乗ればいっぱいだ。荷物を置き、あぐらをかいて座ると舟は埋まった。


 まずはカルラ運河までくだることになる。


「山のなかを行きゃえんだ」


 舟の中央あたりから声が聞こえた。ひたいに傷のある大男、昨日も話しかけてきた人だ。


「俺はこのあたりの山だけじゃねえ、アッシリア領も北部の山はようく知ってる。尾根づたいに行きゃ、意外にラボスは近え」


 たしかに、テサロア地方の縦にながれる運河を中央とすると、北のはしがヒックイト族のいるアグン山。北西のはしがラボス村となる。


「イブラオ、そいつあ駄目だ。山にグールが潜んでいたら、こっちが不利になる」


 舟の後部にいたラティオが答えた。ぼくとグラヌス、ヒューは舟のへさきにいる。ラティオは後部で年老いた猿人と話をしていた。


「けっ、山の民が山での戦いを恐れてどうする」


 あの人はイブラオというのか。ひたいの傷は切ったというより、一度ずるむけたように赤っぽく肌の色がちがっている。その傷のためか、生え際は禿げていた。


 禿げていて、口まわりにはひげもあるので年齢が高く見えたが、よく見るとそれほど年はいってない。


「おい、おどう、グールがこええか」


 うっかり見つめていた。となりにいたグラヌスが、ぼくに身を寄せる。


「イブラオ殿、と申されたな・・・・・・」

「てめえにゃ聞いちゃいねえ!」


 怒号が響いた。


 さらに口を開こうとしたグラヌスを、ぼくはうなずいて止めた。


「怖いです。意気地がないかもしれませんが」


 虚勢を張るつもりはなかった。ぼくは村でなにもできなかったし、村を出たここまでも、なにもできていない。


「それでいい」


 イブラオは怒ると思いきや、静かに言った。


「おめえぐれえの年じゃ、いきがると死ぬ。ここの大人を頼れ。俺も守ってやる」


 イブラオは少し笑った。その顔、なんだか憶えがある。


 ぼくはうなずきながら、どこで会ったかを考えた。ぼくの顔を見てグラヌスが耳打ちしてくる。


「アト殿、だいじょうぶか?」

「どこかで会った気がする」

「イブラオ殿と? ラボス村に猿人族が来たことがあるのか?」


 いや、それはない。猿人族を見たのはバラールの都が初めてだ。


「そら似かもしれない」

「近場で言えば、ドーリクと似ておるな」


 あの巨漢の副隊長。身体の大きさといい、四角い顔といい、たしかに似ていた。


「あの副隊長さんは、ふたりとも、とても強そうだった」


 たたずまいを見ただけだが、ほかの兵士とはちがった。


「うむ。南部のおなじ村から出てきた幼なじみで、イーリクは精霊ケールも使う」


 あの細身の副長は精霊戦士ケールテースだったのか。それに幼なじみ。となりのニーネが男の子だったら、おなじように戦士を目指したのかもしれない。


「自分の隊が使えればな」


 グラヌスは悔やむように口元を引き締め、舟のさきを見つめた。


「それは悪手あくしゅだ」


 ふいに口を開いたのはヒューだった。


「悪手、失敗すると申すか、ヒュー殿」


 グラヌスがヒューを見る。ヒューは舟の走るさきを見つめたまま答えた。


「牢屋で聞いた話では、ラボス村からグラヌスのいるコリンディアまでが、五日」


 グラヌスがうなずく。


「では、往復では?」

「十日、なるほど、こっちのほうが早いのか!」

「さらに」

「ほう」

「グラヌスの隊が出るとして、すぐに出れるのか?」


 グラヌスは、ばつが悪そうに結んだ口を曲げた。そして唸るように声を漏らす。


「出れぬ。遠征の用意、もろもろの手続き。三日、いや、悪ければ五日かかる」

「では、あわせて十五日」

「そうか。紆余曲折したつもりが半分の日にちで・・・・・・」


 ヒューがぼくを見て、少し笑った。


「どちらの運か知らぬが、そうとう強い運を持っているようだ」

「けっして自分ではない自信がある。アト殿だな」


 ヒューとグラヌスの会話は理解できた。元々の計画より、かなり早く進んでいるということだ。


「しかし、ヒュー殿は冷静だな。よく全体を見ている」

「鳥人族は鳥の目で見る、とは、よく言われる」


 鳥の目、ああそうか、上空からの目線か!




 それからも舟は順調に進んだ。


 しかも川をのぼるより、くだるほうが早い。昼すぎには運河の交差する地点までおりることができた。


 へさきを西にむけ、今度はアッシリア領へと入っていく。


 ヒックイト族の人は、みんなアッシリア領が初めてではないか。そう思ったがちがった。父さんぐらいの年より上の人は、何度かは来たことがあるらしい。数十年前の大戦から交流が途絶えたようだ。


「アト、グラヌス」


 舟の後方にいたラティオがやってきた。


「予定どおり、昼夜ぶっとおしで走らせよう。いいか?」


 犬人の歩兵隊長はうなずく。


「それはよいが、舟をおりて動けぬ状態も困るぞ」

「ああ、着いたら三刻ほどは休憩にしよう」


 ラティオはそう答え、うしろへ帰る前にぼくに言った。


「無理にでも寝とけよ。着いてすぐ戦闘もありえる」


 ラティオが人や荷物をまたいで帰っていく。そのうしろ姿を見ていると、ため息が出た。


「どうした? アト殿」

「さっきのヒューといい、ラティオといい、自分の頭の足りなさが嫌になる」


 グラヌスは、いかめしい顔でうなずいた。


「自分を戒めるのはよいこと」


 そして顔をしかめつつ笑った。


「そして、アト殿、実は自分もそう思う」


 グラヌスもなのか。つられて笑っていると、グラヌスは持ってきた荷物を引き寄せた。


「頭を使うには、まず、することがある」

「おなかがすいた」

「そのとおり!」

「それは頭とは関係がない」


 ヒューがあきれた顔をしたが、こっちをむいて座りなおした。食べるようだ。


 グラヌスが、ラティオのお母さんが用意してくれた背負い袋をあける。ラティオにも声をかけたが、あとで食べると言われた。


 帆は風をうけ、舟は順調に進んでいた。早く村に着きたいが、ぼくが今できることはなかった。


 グラヌスがわたしてくれた肉にかぶりつく。ぼくは肉を咀嚼そしゃくすることで、はやる気持ちをどうにか押さえつけた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る