第28話 三度目の出立

「たまげたな」


 ラティオがつぶやいた。ぼくも同感だ。


 ヒックイト族が住む里の広場。多くの男たちが集まっていた。その数は四十か五十人はいる。


 見物に来ているわけではない。それは姿を見ればわかった。ヒックイトの男たちは毛皮を着て、斧や剣、または棍棒こんぼうなどの武器と荷物を持っていた。


 武器を携えた者は、頬に赤色の線を三本つけている。


「ラティオ、あれは・・・・・・」


 自分の頬を指して聞いてみた。


「ヒックイト族に伝わる戦いの印だ。三つの赤い線は、これから血が流れることを意味する。敵の血、味方の血、自分の血」

「自分の血も・・・・・・」


 戦いの覚悟。それは戦士ポレミテースになりたくて木の枝をふり回す子供とは、わけがちがう。


 男たちには家族が見送りにきている者もいた。六つか七つの子は、笑うこともなく母に手をにぎられ、父の顔をじっと見ている。


「予想以上だな、ラティオ殿」

「ああ、みな飢えていると見える」


 飢えている? お腹が空くほど困っているのだろうか。


「己のしたことに気づいていない間抜けがいる」


 ヒューがぼくの顔を見つめ、にやついていた。グラヌスとラティオもぼくを見る。


「おい、アト、なんでぽかんとしてんだ?」

「いや、飢えてるというほど、お腹が空いているように見えない」


 グラヌスとラティオが見あった。違うのか。


「昨日、アト殿はめったに提示できないものを提示した」

「めったに?」


 ラティオが笑った。


「すげえや。ねらってないなら天賦てんぷの才だな」

「アト殿、なぜ昨日、石碑を建てると申した?」

「なぜ? 感謝を示すために」

「そっちか・・・・・・」


 ラティオが腕をくんで唸った。

 

「アト殿が示したもの、それは栄誉である。それも世に名を残すという、これ以上ない栄誉」


 言われている意味がわからなかった。


「話を聞いたことはないか? アッシリアの建国王ベサリオンなど」


 それは村の長老から聞いたことがある。ぼくはうなずいた。


「おなじものを、アト殿は提示したのだ」


 そんな大層なことになるのか! ただの石碑だ。


 とまどっていると、集まった人の雰囲気が変化した。むこうから馬に乗ってくる人影。ゴオ族長だ。


「意外に物好きが多いな」


 ぼくらの前に来て最初に放った言葉はそれだった。


「族長、みなを連れてっていいか?」


 ゴオ族長はまわりをゆっくりと見た。


 グラヌスが素早く自分の荷物から麻の小袋をだした。それをラティオにわたす。


 ラティオはそれを馬上のゴオ族長にわたした。


「なぜ、族長に?」


 小声でグラヌスに聞いてみた。


「戦いの報酬は、その集団のおさにわたすのが習わしだ。その者が帰ってこれなかったら、家族に分配する」


 帰ってこれない。そんなことも起きるのか。いや、起きる。これは戦闘だ。訓練ではない。


 ゴウ族長は小袋を受けとると、中身を見ることもなく人を呼んだ。呼んだ者にそのまま預ける。


「族長、たしかめないでいいのかよ」


 ラティオの言葉にゴオ族長の眉が少し動いた。


「ラティオよ」

「はいよ」

「人を計るのはよせ。小賢こざかしいお前の悪いところだ」


 ラティオは首をすくめた。


「冬支度もせねばならん。早く帰ってくるように」


 ラティオ、そして周囲にむかってそう告げ、族長は帰っていった。


「稲刈りにでも見送るような素っ気なさだな」


 ラティオはあきれた顔でつぶやき、あらためて集まった人へ呼びかけた。


「では、みな、聞いてくれ」


 いくさ衣装の人が寄ってきた。


「ふもとに舟を待たせてある。二十名ほどがそれで先行する。あとはあまり南下せず、人里を離れてラボス村を目指してくれ。ラボス村の場所をわかる者はいるか?」


 数名が手を挙げた。


「では、その者は舟に乗らず、みなを案内してくれ」

「犬人に会ったらどうする?」


 集まった者のひとりが言った。


「グラヌス歩兵隊長が、身元を証明する書簡を三つ作った。そのうち二つを持ってくれ」


 ラティオとグラヌスはこんな準備もしていたのか。ひとりだけ、のんきな散歩をしていた自分が恥ずかしい。


「二陣はなるべく急いでくれ。なんせ相手はグールだ。人数がいる」

「ラボス村なら軽い。駆けていこうぞ」


 ひとりの言葉に全員がうなずいた。


「頼もしいねぇ。期待してるぜ、みんな!」

「おお!」


 ラティオの言葉に、集まったヒックイトの男たちが声をあげた。これは出立ではない、出陣だ。ぼくは冷静になろうと努めたが、意に反して鼓動が早くなるのを感じた。


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る