第27話 アグン山の朝

 酒を飲みながらラティオと話をしていた。それは憶えている。


 どうやら、いつのまにか寝てしまったらしい。


 ぼくの上には毛布がかけられていた。ラティオは胸までわらに埋まって寝ている。毛布がなくても、こういう寝方があるのか。


 ラティオの上に毛布をかけ、外に出た。


 うっすらと東の空が明るい。夜明け前だ。


 あたたかい葡萄酒を飲んで寝たせいか、ぐっすりと眠った気がする。目は完全にさえていた。


 小道を歩き、昨日の広場まで歩いてみる。里のなかは静かだった。まだだれも起きてない。


 うす暗いなかでも、広場の外れが色鮮やかなのが見えた。近づいてみる。小さな花畑だ。


 こぶしほどの石をならべ、きれいに区分けされている。そこに秋咲きの花が植えられていた。いろいろな色や形の花が咲いている。


 ラボス村でも、となりの家にある花壇はいつもきれいだった。幼なじみのニーネが花を育てるのが好きだった。


「花は手入れをしてあげると、きれいに咲いて恩返ししてくれるの」


 ニーネがいつか言っていた。そして、このヒックイトにも花が好きな人がいる。あたり前だけど、考えたことはなかった。


 花畑のむこうに、のぼり道があった。平たい岩を埋めて階段ができている。


 のぼってみると、ゆるやかな斜面がずっとつづいた。引き返そうかとも思ったが、まわりの木々が進むごとに減ってくる。これなら、もうすぐ頂上のはずだ。


 石の階段が終わり、土の坂になった。少し歩くと頂上についた。


 お墓だ。小さな山の頂上には、岩をかさねて作った質素な墓があった。


 あまりここを訪れる人が少ないのか、岩の墓は落ち葉がたくさんついている。


 ぼくは手前にある岩の墓をきれいにしてみた。落ち葉は岩のあいだにも入りこんでいる。それを取り除くと、今度は崩れた箇所が気になった。岩を積みなおす。


 近くの地面に白く小さい野花を見つけた。それを三本ほど摘み、岩の墓に供える。


 父さんの語った言葉の数々が、やっとわかった気がする。犬人族も、猿人族も、おなじ人だ。それは米を炒めるか煮るか、そのぐらいの違いでしかない。


 いや、それを言いだせば、ぼくは人間だった。鳥人のヒューもいる。みんなおなじ。なにも違いはない。


 うしろの草むらで音がした。ふり返ったが、だれもいなかった。


 思えば、この里でない者が墓を訪れるのは無礼かもしれない。ぼくは墓をあとにしてラティオの家に帰った。




 墓の掃除に熱中しすぎたようで、ラティオの家では、すでにみんなが出立の用意をしていた。


 ぼくもあわてて自分の荷物を持つ。矢筒の矢が増えて九本になっていた。


「親父が勝手にしたぞ。矢が少ないとさ。おなじ長さの矢をさがしてきた」

「あ、ありがとうございます」


 ガラハラオさんに礼を言うと、無口なお父さんがうなずいた。


 四人が荷物を持ち、家の外に出る。


 来たときにはなかった荷物でいえば、グラヌスが大きな背負い袋をしょっていた。


「四人の食料にしちゃ、多いと言ったんだがな・・・・・・」

「なに言ってんだい!」


 ラティオの言葉をお母さんのタジニさんがさえぎった。タジニさんも戸口から出てくる。


「あんたら大人はいいけどね、アトは育ち盛りなんだ」


 タジニさんは、いきなりぼくを抱きしめて持ちあげた。


「やっぱり、ちょっと軽いねえ。しっかりお食べ!」


 それから地面におろし、しゃがんでぼくを正面から見つめた。


「ヒックイトの者は、一度、家に招いたら家族みたいなもんだよ。いつでも帰っておいで」


 思わぬ言葉を聞いて、うなずくしかできなかった。


「ラティオはしっかりアトを守りな!」

「おいおい、まるで息子を取り違えてるぜ」


 ラティオが笑う。


「弟みたいなもんさ、相手は上級獣ダーズグールなんだ。兄が弟を守りな!」


 タジニさんは知っているのか。


「親父、しゃべったな」


 すっと父親のガラハラオさんが家に入った。どうやら、しゃべってしまったらしい。


としで言うと、長兄はグラヌスだろうよ。葉っぱかけるならこっちだ」

「そうだね、まかせたよ!」

「はっ! このグラヌス、母上殿、父上殿のご子息ふたり、この身に変えましても!」

「聞いてなかったのかい、家に招いたら家族だよ。犬人のあんたもそうだよ」


 グラヌスが目を見開いた。


「お姉ちゃんも、しっかりおやり!」

「・・・・・・お姉ちゃん」


 ヒューがぼそっとつぶやいた。


 三人が歩きだす。ぼくは歩きだそうとして、もう一度ふり返った。


「行ってきます。母上、父上」


 お母さん、と言うのは気恥ずかしいので、グラヌスを真似た。タジニさんが笑顔でうなずき手をふった。戸口からはガラハラオさんが顔をだして手をふっている。


 ぼくは家に背をむけ、歩きだした。なぜか力がみなぎる気がして、グラヌスたちの元へ駆けていった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る