第26話 里の夜ふけ

 家のなかは寝静まっていた。


 グラヌスを起こさないように、ラティオの部屋を抜け出る。


 ヒューは一応、女だということで別の部屋を用意された。


 居間にいくと奥の調理場には灯りがついていた。食器を洗っている音が聞こえる。音をさせないように、ゆっくりと居間を歩いた。


「ラティオのとこに行くかい?」


 奥から声をかけられ、びくっとした。お母さんのタジニさんだ。


「そこに、葡萄酒をあっためてある。持っていってあげな」


 囲炉裏のはしのほう、陶器のびんが埋まっていた。囲炉裏に火は見えないが、炭はまだ燃えているようで暖かい。


「あんた、寒そうだね」


 タジニさんが居間に来てぼくの格好を見た。部屋の隅に置いてあるいくつかの毛布から、小さめのものをだした。それをぼくの肩に巻きつける。


 最後にぼくをぎゅっと抱きしめ、背中をたたいた。


「ここの夜は寒いからね、風邪ひかないように」


 ぼくはびっくりして背筋をこわばらせた。


「おっと、痛かったい?」

「いえ、おどろいただけです。すいません」

「おどろく?」

「あまり、母さん以外に抱きしめられることはなかったので」


 タジニさんが、急にくるっと背をむけた。なにか悪いことを言っただろうか。


「泣かすんじゃないよ、この子は」


 タジニさんが今度は、がばっとぼくを抱きしめた。持ち上がりそうなほど、力が強い。


「犬人族と見た目がちがいすぎるからね。でも、嫌われてるわけじゃないよ」

「はい、それは、わかってます。ラボス村の人は、こんなぼくを受け入れてくれましたから」


 それは本当だ。ほかの子とおなじように気にかけてくれた。


 タジニさんは、また背中をたたいた。今度は強くて痛い。でも少し母さんを思いだした。




 納屋に入ると、蝋燭ろうそくの灯りがついている。


 ラティオは、わらの上に敷物をしいて毛布を何枚もかけていた。


「おう、アトか」

「タジニさんが、これを持っていけって」


 手にした陶器のびんを持ちあげる。


「そいつぁいいな、体があったまる」


 ラティオは起きあがり、ぼくの座るところを空けた。いっしょに持ってきた木の杯をふたつわたし、ぼくも座る。


「ラティオは、まだ起きてたのか」

「ああ、ここから見る星がけっこう好きでな。昔からよく寝そべって考えごとをしたもんさ」


 納屋なのに星、不思議に思って上を見あげると、屋根の一枚が外れていた。


「見るときによって、あの穴から見える星は異なる。こうして、ひとつだけじっくり見るとな、そのちがいもわかりやすいのさ」


 星のちがい。ラティオは頭がいいとは思っていたが、考えることも人とはちがうようだ。


「しかも今が当たりだ。かなり光の強い星が見える」


 ラティオは毛布をまるめ、背もたれを作ってくれた。そこにもたれると、本当にちょうどひとつの星が見えた。


「ほらよ」


 ラティオが木の杯を差しだす。


「いや、ぼくは・・・・・・」

「これは甘いんだ。きっとアトでも飲めるぞ」


 そう言われると飲んでみたい。受けとって一口飲む。


「ほんとだ、美味しい」


 葡萄酒は干し葡萄のような甘さがあった。それに、あたたまって酒がぬけたのか、酒精が弱く感じる。


 毛布にもたれ、星をながめた。そして、あたたかい葡萄酒を飲む。なんだか贅沢をしている気分になってきた。


 となりのラティオも、星をながめながら葡萄酒を飲んでいる。


「アト」

「うん?」

「パン、食っちまって悪かったな」


 星をながめたまま、ラティオが言った。なんて返せばいいだろう。ぼくは、なんとも思ってない。


「いや、ちがうのか」


 思わず声がでた。あそこでラティオがパンを食べたからこそ、今日ぼくは、生まれて初めてサテを食べた。卵粥もだ。そして今、生まれて初めて葡萄酒を飲んでいる。


「もう、じゅうぶん返してもらった」

「あん? 掟のことか」

「そう」

「馬鹿言え。なんとしてでも、アトの村を救うぞ」


 力強くラティオが言った。ぼくは星をながめた。村のだれかも、今、星をながめている人がいるだろうか。みんな、無事でいてくれたらと願う。


「・・・・・・しまったな」


 ラティオの意外な声に体を起こした。


「なにが?」

「あのパン。最後なら、もっと味わっておくんだった」


 ぼくは笑いが込みあげた。


「なんだ、おかしいか?」

「だって、ラティオ、指までなめてた」

「おお、そうか? 気づかなかった」

「だから、味わってるよ」


 ラティオが体を起こした。


「なあ、アト」

「なに?」

「お前の母親のこと、聞かしてくれ」


 母さんのことか。何を話そう。


「母さんの料理で一番好きなのはピラフィで・・・・・・」

「ピラフィ?」

「米を炒めたものなんだ」

「炒めるか! こっちではしねえな」

「そうだね。逆に、ぼくの村では米を煮たりしないし」

「ちがうもんだな」


 ぼくはうなずいた。ラティオが自分の杯に葡萄酒を入れる。ぼくも杯の残りを飲み干した。ラティオが新しく注いでくれる。


「ほかに、どんな料理がある?」

「話せばきりがないよ」

「まだ酒もある、いくらでも聞くぜ」

「そうだなあ・・・・・・」


 何を話すか考えながら、あらためて、ラティオは変わり者だと思った。母さんの話を今、ぼくは楽しく話そうとしている。


 やっぱりぼくは、もうじゅうぶんに返してもらっているのだ。この村の掟はわからないけど、ラボス村のことが落ち着いたら、それを父親のガラハラオさんに伝えに来よう。


 またここに来る理由。それができたことも、心からうれしく思えた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る