第25話 葡萄酒を買いたたかれる

「バラールへ二十樽ほど売りに行った」

「ラティオ殿が捕まる前か?」

「そうだ。ところが、いつもの半値ほどで買いたたかれちまった」


 ラティオはそのときを思いだしたのか、顔をしかめて葡萄酒を一口飲んだ。


だまされたのではないか?」


 グラヌスが心配そうな顔で聞いたが、ラティオは首をふる。


「いや、念のため何軒か店をまわったが、どこもおなじだった」

「そうか。今年は葡萄が豊作なのだろうか」

「それはちがう」


 だれが断言したのかと思ったらヒューだ。


「わたしが飲んだ葡萄酒は水でうすまっていた。それを指摘したら、逆に怒られた」


 ラティオがはっと顔をあげた。


「それで喧嘩になったのか!」

「喧嘩ではない。か弱き乙女を大勢で襲ってきた。ただの防衛だ」


 これは冗談なのだろうか。三人が目をあわせたが、だれも何も言わなかった。


「・・・・・・おなごか!」


 部屋の隅で飲んでいたお父さんが口を開いた。ガラハラオさんの声を初めて聞く。


「しかし、そうなると、物資の相場がくずれてるのかもしれねえ」


 ラティオはあごに手をやって考えこんだ。


「すまぬな。ややこしいときに、ややこしい話を持ちこんだ」

「いや、グラヌス、逆だ。これから冬支度で金がいる。いつもより産物が金にならねえとなると、いい機会だとふんだ」


 いい機会。ラティオには算段があったのだろう。思わず出しゃばったことが悔やまれる。


「アト、そんな顔するな。さっき言ったろ、あれでよかったんだ」


 ラティオだけでなく、グラヌスもぼくを見た。


「うむ。立派であった」


 ふたりになぐさめられ、逆に恥ずかしくなった。


「しかし、上級獣ダーズグールであれほど大の大人が引くとはな」

「ラティオ殿、それは自分も思った」


 ラティオが部屋の隅で飲む父親のほうをむいた。


「親父、上級獣ダーズグールに出くわしたことはあるか?」


 ガラハラオさんが、ゆっくりとうなずく。


「強えか?」


 また、うなずく。


「ほかの者から、おれたちの目的は聞いたか? ここに来たのは・・・・・・」


 ガラハラオさんが、黙れという意味で手を挙げた。部屋に母親のタジニさんが入ってくる。


「アグン山の葡萄酒アグルを飲み、アグン山の葡萄を食べるのがここのやりかただよ」


 大きな木の皿には何種類かの葡萄が乗っていた。


「母上殿、それはおつですな」


 みんなが話を変えている。さきほどの話は母親の前ではするな、という意味か。


「なにか足りないものはないかい?」


 ぼくは手にしていた木の椀をじっと見た。入っていたのは米の粥だ。となりのウブラ国では麦より米を食うとは聞いたことがある。汁で煮た米を初めて食べたけど、びっくりするほど美味しかった。


卵粥たまごがゆがまだいるかい?」


 聞かれてとまどった。お願いしていいのだろうか。こちらでは卵粥というのか。たしかに溶かした卵が入っていて、それは小さな花が散るようにきれいだった。


「アト、遠慮しなくていい」


 ラティオが言った。タジニさんに椀を差しだす。


「半分ほどにするかい?」

「できれば・・・・・・たくさん」

「おやまあ! 口にあったんだねえ」

「美味しかったです。米もですが、汁がとくに」

「そうかい! 兎の骨をくだいて煮込んでるからね」


 それを聞いたラティオが、かかっと笑った。


「犬人族は米をあまり食わねえからな。うちの米は旨いだろう」


 ぼくはうなずく。


「もらった手前、言うのもあれだが、アトの持ってたパンは固かったな」

「ラティオ殿・・・・・・」


 グラヌスが小さな声で呼びかけた。


「やっぱり、おれはパンよりは米のほうが好きだな。なんせ米はだな・・・・・・」


 グラヌスが立ちあがった。


「ラティオ殿」

「おお、どうした」


 グラヌスは父親のガラハラオさんに頭をさげた。


「客として、あるまじき非礼はのちほどびます」


 そして今度はラティオにむかった。


「表へ出られよ」

「はぁ?」

「お主が食べたのは、アト殿の亡き母が焼いた最後のふた切れ。愚弄することは、アト殿が許しても、このグラヌスが許さん。喧嘩を申しこむ。表へ出られよ」


 ラティオがおどろいた顔でぼくを見た。


「ほんとか、アト」


 グラヌスをどういさめようかと思った、その時、目の前を岩が通った。いや、岩だと思ったのは、素早く動いたガラハラオさんだった。


 ガラハラオさんに殴られ、ラティオが壁までふっ飛んだ!


「いってえ。親父、いきなりなにしやがる!」

「少年よ」


 ガラハラオさんがぼくをふり返る。


「犬人の言葉は本当か?」


 ぼくは言葉に困った。


「ええと、そういうふうに言えなくもないと思いますが・・・・・・」

「息子にわたしたパンは、亡き母が作ったものか?」

「・・・・・・そうです」

「それは、まだあるか?」


 困った。これほど答えに困ったことは、人生で一度もない。


「あるのか、ないのか? それだけを聞いておる」

「ありません。ですが!」


 ガラハラオさんは、ぼくの言葉は聞かず、息子のラティオを見た。


「ラティオよ、お前は、決して返せぬものをもらった。ヒックイトの古いおきては、憶えておるな?」


 ラティオが顔をしかめた。


「憶えておらぬか」


 ラティオはため息をひとつつき、古い言いまわしの言葉をすらすらと口にした。


「旅なかば、ゆめゆめ返せぬほどこさずかれば、おのれもゆめゆめ返せぬ恩差しあぐるまで故郷の土を踏まず、だろ」


 ぼくは口をあけっぱなしで見ていたが、ラティオの言葉がわからなかった。


「ラティオ、それは・・・・・・」

「簡単に言うとだ、里の外で決して返せない物をもらったのなら、決して返せないものを自分も差しだせ、それができるまで里には帰るな。という意味だ」


 そんな、大げさな。


 ガラハラオさんは、グラヌスへとむく。


「息子の非礼を問い正し、父として感謝する。むさ苦しいところだが、息子の部屋でゆっくり休んでいってくれ」


 ガラハラオさんは三人にそう言って、部屋を出ようとした。


「親父、みながおれの部屋で寝たら、さすがにせまいぜ。おれは?」

「お前は納屋で寝ろ」


 ラティオは盛大に顔をしかめたが、反論はしなかった。


 しかし、大変なことになってしまった。返せないもの。ラティオとガラハラオさんが言っていた。そういうつもりでパンをわたしたわけではない。


 だれも悪いことをしていないのに、ぼくは困った。そんな思いが初めてで、どうしていいかわからない。


 帰ったら父さんに聞こう。これは、ぼくでは持てあます問題だ。


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る