第24話 ラティオの家

「んまあ、長生きするもんだね!」


 ラティオのお母さん、タジニさんは感嘆の声をあげ、ぼくら三人をながめた。


「犬人族、鳥人族、それに人間族!」


 ふと気づいたのが、ラティオも似たようなことを牢屋で言った。親子なので性格も似ているのかもしれない。


「あんた、四種族がそろうことなんてないよ。今日はごちそうにしようかね」


 おなじく迎えてくれたラティオのお父さん、ガラハラオさんが無言で大きくうなずいた。


「こっそり隠してる葡萄酒アグルの上物もだしとくれ」


 ガラハラオさんは口を曲げ顔をしかめたが、しぶしぶうなずいた。無口な人のようだ。ヒックイト族の人はみんな体格がいい。無口で顔をしかめたガラハラオさんは、まるで岩のようだった。


 ラティオはヒックイト族の男にくらべると細身だ。


「ラティオ殿は母親似か」


 グラヌスもおなじ疑問のようだった。


「おれは連れ子でね。親父と血はつながってない」


 なるほど。


 ラティオの家は丸太を組んで建てた少し大きな小屋だった。


 入ってすぐに居間があり、ほかにも何部屋かあるようだった。


 居間は板ばりの床に何枚もの敷物が敷いてあった。そのまんなかには大きな囲炉裏がある。


「まあ、そのへんに座ってくれ」


 囲炉裏をかこむように座った。


「犬人族の自分が言うのはおかしいが、落ち着くな」


 グラヌスに言われ、ぼくもうなずいた。ぼくの家とはまったく違う造り。それでもなぜか、ほっとする。


「それは悪い気はしねえな。だが、せまい家だ。悪いが寝るときは、となりの納屋で頼む」


 まったく問題はない。それより、となりのグラヌスが目をきょろきょろと輝かせているのが笑えた。


「おい、そんなにながめるなよ。街の者に見せるほどじゃねえ。恥ずかしくなっちまう」


 グラヌスは言われて初めて、無作法であることに気づいたようだ。


「おお、すまぬな。まさか人生で猿人族の家にあがれるとは、思いもしなかったのでな。嬉しくてつい」


 ラティオが鼻で笑った。


「ご覧のとおり、粗末な家さ」

「いや、自分はコリンディアの下町の出だ。街の家はもっとせまい」

「ほう、そんなもんか」

「土地が限られるのでな。それでも、そこそこの家賃はする」


 コリンディアで見た建物を思いだした。縦長でいくつもの家がつながるように建っていた。


「へぇ、歩兵隊長が敵の家にあがって嬉しいとはね」


 それまで一言もしゃべらなかった鳥人族が口を開いた。


 考えてみるとそうだった。グラヌスは歩兵隊長。猿人族は敵だ。


「剣ぐらいしか取柄とりえがないので軍人をやっている。仕事なのでな。別に猿人族が憎くてやっているわけではない」


 それは、父さんがいつか語った言葉とおなじだった。


「そうか! しまったな・・・・・・」


 ラティオがなにか気づいたように声をあげた。ぼくも含め、三人が不思議そうにラティオを見る。


「さきざきの話だ。軍人で身を立てるのも考えたが、こりゃ無理だな」

「どうして?」


 ラティオとは、それほど多くのときを過ごしていない。それでも充分に頭のよさがわかった。軍人になっても活躍できそうな気がする。


「功をもとめ先陣を切ってみろ、相手の先陣にこの間抜けづらがいたら、戦う気がうせる」


 グラヌスは間抜けづらではないが、言い方がおかしかった。


「間抜けづらとはひどい」


 グラヌスも笑った。しかし、すぐに考えこんで真剣な顔になる。


「うむ、そうだな。ラティオ殿と剣は交えたくない。勝手な所願だが、軍人にはならないでいただきたい」


 ぼくは戦士ポレミテースになりたかった。なりたかっただけで、だれと戦う、そんなことを考えたことはない。


「では、ふたりが戦うことになったら、アトに仲裁を頼め」

「おお、ヒュー殿、その手があった!」

「名案だ」

「ええ! ぼく、無理だよ!」


 三人が笑った。なんだ冗談か。


 四人で話していると、家の入口から父親のガラハラオさんが入ってきた。手には大きな陶器のびんをかかえている。


「さあさあ、できたよ、もう軽く焼いているからね。あとは好みで焼きな」


 ラティオのお母さん、タジニさんも大きな木の皿を持ってくる。皿の上には、木の串に刺さった肉や野菜があった。それを囲炉裏の砂に立て、火にあてる。


「母上殿、これは?」

「このへんではサテ、と言って串焼きだよ。漬け汁がね、各家によって違うのさ」


 グラヌスは、囲炉裏の砂に立てられた串焼きの肉をすぐに取った。口に入れる。


 一口目を噛むと、目を見開いて残りの肉をいっきに歯で引きぬいた。頬を膨らませて咀嚼そしゃくする。


「口にあうかい? と聞こうと思ったけど、こりゃすぐ次が必要だね」


 タジニさんはそう言うと、奥の部屋に消えた。ぼくも串焼きの肉をとってみる。グラヌスのように歯で引きぬく。


 弾力のあるやわらかい肉だった。たぶん兎だ。グラヌスが目を見張ったわけがわかった。甘辛い味がする! これは食べことのない味だ。


 グラヌスはもう食べ終わり、二本目の肉に手をのばした。


「おい、野菜も食えよ」


 ラティオの言葉にのばしかけた手を止め、野菜の串をとった。


 肉を頬張ほうばっていると、ガラハラオさんが木の杯をわたしてくれた。


 ぼくはまだお酒が苦手で。そう言おうと思ったが、杯に入っていたのは黒い葉だった。発酵茶だ。それも、とてもいい香りがする!


 熱いお茶をすすって飲んだ。ラボスの村でも発酵茶は飲むが、香りより味だった。ここのお茶は女の人が使うお香のように香りが強い。美味しかった。


「父上殿、これが、アグルですか」


 グラヌスが、お父さんからわたされた木の杯を持って聞いていた。お父さんがうなずく。無口な父親にかわり、ラティオが話し始めた。


「アグン山で採れた葡萄ぶどうから作る酒を、ここではそう呼んでる。親父が隠し持ってたってことは、かなり上物だな」


 上物の酒。数日前の嫌な夜を少し思いだした。麦酒ビラの上物だと思ったら、毒が入っていたのだ。グラヌスもそれを思いだしたのか、杯をじっと見ている。


「いやはや、これは旨い!」


 もう飲んだあとだった。グラヌスは思いださなかったらしい。


 お父さんがグラヌスに注ぎにくる。


「親父、こいつ、酒豪だ。上物がもったいねえぜ」


 お父さんは口元に笑みを浮かべ、グラヌスの杯に葡萄酒をそそいだ。自身は囲炉裏には加わらず、部屋の隅にある毛布をまるめたものに寄りかかって座る。自分の杯に葡萄酒を注ぎ、無言でそれを飲んだ。


 お母さんが次の串焼きを持ってくる。木の椀に入った汁ももらった。


 グラヌスが葡萄酒を一口飲む。今度はゆっくり飲むようだ。


「旨い酒だ。バラールに輸送したのは、これか? よい値段で売れそうだ」

「いや、そうでもねえ」


 ラティオが顔をしかめて杯を置いた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る