第20話 猿人族のラティオ

 ラティオと名乗った男は立ちあがり、鉄柵の前にきた。


 顔が見える。若い猿人族だった。ぼくより背は高いが、グラヌスよりは小さい。歳はグラヌスと同じ、二十四、二十五、そのあたりだ。


「ほんとに珍しいな。犬の隊長さんと、人間の子とはな。おもしれえ組み合わせだ」


 ラティオと名乗った猿人族の横に、大きな人影があらわれた。


「いい匂いがする」


 人影がしゃべった。ぼくはおどろいた。グラヌスより高い背もあるが、その背中。羽が生えている。


「鳥人族か・・・・・・」


 グラヌスが一言つぶやき、言葉を失った。ぼくも同じだ。なんと言っていいかわからない。


 鳥人族なんて生まれて初めて見る。それを言えば猿人族も今日が初めてだが、鳥人族となるとラボス村でも見た人はいないのではないか。


「いい匂いだ」


 鳥人族も柵の前まできた。


「うわぁ・・・・・・」


 思わず近寄って見あげた。きれいな人だ。切れ長の目に、鮮やかな黄色のくちばし。


「気をつけろよ、囚人をのしたのは、おれじゃねえ。その鳥人だ」


 ラティオの言葉に牢屋の角を見た。ほかの囚人がちぢこまって身を寄せている。そんなに強いのか!


「パンの匂いだ」


 鳥人が深呼吸をしている。ああ、あれのことか。ぼくは背負い袋を降ろし、なかから堅焼きパンをだした。


「おい、食いもん持ってんのか。くれ!」


 猿人族が柵のあいだから手を伸ばす。グラヌスがとっさにぼくの前に立った。


「ここの看守、飯を忘れてやがる。三日まるまる食ってねえ。たのむ、その食いもんをくれ!」


 三日なにも食べてないというのは、ひどい。ぼくは背負い袋から、もうひとつ堅焼きパンをだした。


「アト殿、それは!」


 止めようとしたグラヌスにうなずいた。わかってる。でも、ぼくは、おじいさんの言葉が忘れられない。


「今は、わしのはらより、お前さんのはらじゃ」


 あのとき、おじいさんはそう言った。今もそうだ。ぼくの腹より、このふたりの腹だろう。


「よかったら、どうぞ」


 言い終わる前に、両手に持っていた堅焼きパンをふたりは取った。ぼくは水袋もだす。


「おう、すまねえな」


 ラティオと名乗った猿人族が、それも奪うように取った。おなかも空いていたけど、のども渇いていたと見える。


 ふたりは一心不乱に堅焼きパンを食べ、水袋の水を飲む。


 ラティオは食べ終わると、指についた粉までなめながら、その場にあぐらをかいた。


「人心地ついた。この借りは返そう。なにに困ってる?」


 ラティオだけでなく、鳥人族も横に座った。


「なんだ、おめえも話にくわわるのか」

「もうひとつ欲しい」

「ごめん、あれが最後なんだ」


 鳥人族は肩をすくめた。それでも話は聞くようだ。


 ぼくはグラヌスと見合った。たったふたりに話しても解決しないが、今はほかに手立てもない。グラヌスがうなずく。同じことを思ったのだろう。


 牢屋の柵をあいだに挟み、四人がむき合った。


「おい、すげえな」

「ラティオ殿、なにがだ?」

「これだ」

「これ?」

「四種族が一堂に会してら」


 言われて気づいた。ほんとだ。


「こっちの三人は名乗った。あとは鳥人族のお前だな」


 三人の目が鳥人族にあつまった。


「ヒューデール」


 ヒューデール、聞かない名前だった。ラティオも同じことを思ったらしく、さらにたずねた。


「ここらじゃ聞かねえ名だ。どこの国のもんだ?」

「我ら鳥人族、定住はせぬ」

「なんだ、渡り鳥みてえだな」


 ふたりの会話にグラヌスが割って入った。


「ふたりは、なぜ捕まっているのだ?」

「それよ」


 ラティオが聞いて欲しかったといわんばかりに、身を乗りだした。


「酒場で飲んでたら、こいつが喧嘩を始めてな。多勢に無勢。ひとりだったほうに味方してやったら、こいつ、相手を全部のしちまった」


 ヒューデールと名乗った鳥人族は、ラティオのほうをむいた。


「味方してくれとは、言ってない」

「そうだな。だからさっきは、手伝わなかったろ」

「うむ」


 牢屋の角にちぢこまってる囚人を見た。七人いた。ひとりで全部を倒したのか。


「ヒューデール殿」

「ヒューでいい」

「ではヒュー殿、なにが原因でもめたのだ?」

「さわられるのは、好きじゃない」


 さわっただけ! 思わずグラヌスと見あった。気をつけよう。


「それで、さっきの話だ。グールが出たって?」


 ラティオの問いに、ここまでの経緯をグラヌスが手短に説明した。


「待ってくれ。アト、だったな。ラボス村のことを最初から話してくれ」

「さきほど、自分が説明したが?」

「いや、本人から細部まで聞きたい」


 ぼくはうなずいて最初から話した。ラティオは、本当に細部まで聞きたがった。あいづちを打ちながら、村の地形や住人のようすなども聞いてくる。


「ずいぶんと細かいな、ラティオ殿は」

「隊長さん、こういうのは最初に聞いとかねえと、策をねるときに見落としがでる」

「策があるのか!」

「それは、これから考える」

「そうか・・・・・・」


 一瞬、おどろいたグラヌスだったが、すぐに落胆のため息をついた。


「そのまえに、アト」


 ラティがぼくを見た。


「お母さん、残念だったな」


 ぼくはうなずいた。話のなかで母さんが死んだことは話した。不思議なことだが、何度か話すことで、母さんはもういないのだと実感がわいてくる。


「しかし、相手はグールか。それも上級獣ダーズグールまでいる。この男四人で行ってもしょうがねえ。もっと人手が必要だ」


 大きくうなずこうとしたら、意外な言葉がさえぎった。


「四人ではない。三人だ」


 口を開いたのは、鳥人族のヒューだった。


「なんだ、おめえは行かねえのか」

「行く」

「じゃあ四人じゃねえか!」

「三人だ」

「はぁ?」

「わたしは女だ」

「はぁ!」


 人間、犬人、猿人、初めて会った違う種族だったが、三人とも同じように目を見開き、口をぽかんと開けた。

 




 



 

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る