第18話 剣の誓い

 どれぐらいたっただろうか。


 無心で闇を見つめつづけていると、ふいに東の空が明るくなった。


 立ちあがり、背伸びをする。身体はこわばっていた。


 あらためて周囲を見てみると、たき火からそれほど離れていなかった。闇のなかで動いたときは、ずいぶんと離したつもりだった。


 闇の恐怖、それは人の距離感まで狂わせるのだろうか。でも、その恐怖とは山猫だったりする。ぼくの臆病さに笑えてきた。


 昨晩に作ったかまどに火をつける。鉄鍋に川の水を入れ、火にかけた。


 荷物からだしていた干し肉とパンは、地面に落ちて土にまみれていた。干し肉は洗えばすむけど、パンは無理だ。


 ぼくは荷物から、母さんが作った堅焼きパンをだす。残り三つ、大事に使わないと。


 鉄鍋の上で堅焼きパンを割る。なるべく小さくした。グラヌスは毒草でお腹を壊しているはずだ。これで麦粥のかわりになるだろうか。わからないけど干し肉よりはいいと思う。


 木の枝を棒がわりにしてまぜる。湯気とともにパンの香ばしい匂いがして、匂いだけは美味しそうだ。鉄鍋を火からおろし、平らな岩の上に置いた。


「アト・・・・・・」


 小さな声が聞こえ、ふり向いた。グラヌスが起きたようだ。よかった!


 グラヌスのそばに膝をつき、木の杯で水を飲ませる。


「アト、盗賊は・・・・・・」

「だいじょうぶ。どこかへ行った」


 グラヌスは何かを考えようとしたが、また、うつらうつらしてきた。


「寝る前に、胃に入れたほうがいい」


 ぼくは鉄鍋の溶かしたパンを木の杯にうつした。


 荷物にもたれたままのグラヌスだったが、身体はもう動くようだ。木の杯を受けとり、ゆっくりと冷ましながら飲んだ。


「すまぬ、アト」


 グラヌスは飲み終えてそう言うと、また眠りに落ちた。



 

 ぼくは干し肉を河で洗って食べる。それから荷物を片づけた。


 鉄鍋や木の杯も洗い、荷物と一緒に置いておく。


 それから昨日に放った矢をさがした。二本はすぐ見つかったが、もう一本が見つからない。


 しゃがんだ態勢で草むらをかきわけていく。かなり広範囲をさがしたけど見つからない。


「世話になった」


 背後から声をかけたのはグラヌスだった。もう立てるみたいだ。


「昨晩の盗賊に、馬は盗まれたようだな」


 グラヌスが周囲を見まわす。しまった、馬がいたのを忘れていた。でも、憶えていても、どうすることもできなかっただろう。いや、それよりも・・・・・・


「グラヌス、昨日の晩、憶えてるのか」

「ああ。朦朧もうろうとしたなかで、アトが戦っているのはわかった」


 話しながら、ふたりで荷物の場所へもどる。馬がいないので、分担して荷物を背負うことにした。


「しかし、麦酒ビラにあたり、盗賊にまで狙われるとは。なんと運のないことよ」


 グラヌスは食あたりと思っている。どう説明しようか迷うけど、そのままを言おう。


「グラヌス」

「なんだ、アト」

「あの麦酒には毒が入っていた」

「毒? なぜ毒が・・・・・・」

「それに、襲ってきた賊は、気になる言葉をさけんだ」

「なんと申した?」

「弓があるとは聞いてない、と言った」


 荷物を担いでいたグラヌスの手が止まる。


「狙われたのは、自分か」

「そうだと思う」


 荷物を担ぎながら、眉を寄せる。考えているようだ。


「肉屋の親父が狙ったか」

「グラヌスそれは・・・・・・」

「いや、冗談だ。そう思えれば楽なのだが、いよいよ馬鹿息子が、本当の馬鹿になったか」


 第一師団長の息子であり第八隊長のダリオン。そうとしか考えられない。


「こんなに激しく、人は憎まれることもあるのか・・・・・・」


 思わずつぶやいた。ぼくはラボス村で好かれているとは言いがたいが、殺される心配はない。


「いや、激しいのは、やつの重圧だろう。表だっては冷静を装っているが、家のなかでは相当言われていても、おかしくない」


 ダリオンの父、第一師団長の細長くあごの毛をととのえた顔を思いだした。言われてみると、神経質そうな顔にも思える。


「帰ったら、やはり九番隊あたりに移動させてもらおう」


 うんざりした顔をして、グラヌスが歩きだす。ぼくも横にならんで歩を進めた。なんだか笑えてきた。殺されかけたのだ。ここは怒り心頭してもいいと思う。


「うん? なにかおかしいか、アト」

「この恨み、おぼえておけ! そうは言わないのかと、おどろいて」

「なるほどな」


 グラヌスは妙に感心したようだった。


「言われてみればそうだが、やつの家は王族の末端でな。かつては王都に住んでいたが、祖父の代でコリンディアに飛ばされたらしい」


 それは世に言う没落貴族だろうか。王の不満を買い、地方に飛ばれた貴族というのは、よく人がうわさのまとにする話だ。


「貴族連中というのは、どこか狂っているのでな。まともに取り合わないほうがいい。おそらく、ここらでダリオンが騎士団にでも呼ばれたら、王都に帰れる。そう妄想しているのではなかろうか」


 王都か。一度は見てみたいものだ。


「では、恨みと言えば麦酒のほう?」


 ぼくの冗談にグラヌスが笑った。


「違いない。旨い麦酒を無駄にして・・・・・・」


 ふと、グラヌスが思いだしたように顔をあげた。


「そういえば、夢うつつのときに麦粥を食べた気がする」

「ああ、あれは、堅焼きパンを湯に溶かしたものなんだ」

「堅焼きパン? なにやら旨そうな響きだ」


 ぼくは荷物から堅焼きパンをひとつだした。


「ほう、旨そうだ。一つもらってもよいか?」

「ごめんよ、もう二つしか残ってなくて」

「それではやめておこう」


 ぼくは荷物に堅焼きパンを入れ歩きだした。だが、グラヌスがうつむいて立ち止まっている。


「どうかした?」

「アト、いや、アトボロス殿」


 ぼくも立ち止まった。


「それは、アトボロス殿の亡き母が作ったものではないのか?」

「そう、母さんが焼いてくれたんだ」


 グラヌスが顔をあげた。顔をふるわせ、奥歯を噛みしめた口から声が漏れた。


「なんということを・・・・・・」

「グラヌス?」


 若き隊長は、怒りの形相だ。


「このグラヌス、アトボロス殿を守るのが役目のはず。それが命を助けられ、あろうことか、二度と食べれぬ母の形見を無駄にしたのか」


 あまりの怒りに、ぼくはあせった。


「お、おおげさだ、グラヌス」


 グラヌスは首をふった。


「そもそも、アトボロス殿の援軍要請も、この遠出も、自分とダリオンの確執が足を引っぱっている」


 犬人族の若き戦士は、ぼくを真っ正面から見た。


 いつだったか父さんに言われたことがある。今は友達ができなくとも、いつか人生にあらわれる。そのときは相手の目を見て話せと。グラヌスは友なのかもしれない。ぼくは犬人族の戦士をまっすぐに見つめた。


「このグラヌス、アトボロス殿に約束する。この身に変えてもラボスまで送り届ける。そして、ともにグールと戦う!」


 ぼくはうなずいた。


「この剣にかけ・・・・・・」

「うわぁ!」


 グラヌスが腰に差した剣をぬこうとしたので、腕をつかんで止める。


 これはかつて、父さんにこっぴどくしかられたやつだ。犬人族の男が約束をかわすとき「剣の誓い」というものがある。ぼくは忘れていた水汲みを明日にすると剣に誓ったのだが、ふざけて使ってはならぬと、珍しく本気でおこられた。


 グラヌスが今、剣の柄に手をかけたのは、間違いなく「剣の誓い」だ。


「アトボロス殿?」

「おおげさだ。言葉だけで充分!」


 戦士は不服そうに柄から手を離した。あぶなかった!


「まあ、アトボロス殿が、それほど言うなら」

「その、アトボロス殿というのも、やめて」

「わかった、アト殿」


 グラヌス、わかってない!

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る