第17話 刺客

 風もないのに、草むらが動くはずはない。


 さらに音はひとつではなかった。


 ぼくは左目を閉じた。これからすることのために。


 近づいてくるのは、人か動物か。父さんと山の深くで野宿をしたことは何度もある。そのときに学んだ。ゆっくりと近づいてくる音には敵意がある。


 石を積んで作ったかまどの火がじゃまだ。鉄鍋をおろした。木の杯に入れてあった水をかけ、かまどの火を消す。


 かまどの火が消え、あたりが少し暗くなった。たき火はまだ燃えている。


 音は前方と左右。グラヌスの荷物をたぐり寄せ、うしろのしげみに投げた。がさっと大きな音がして、小さな音のほうは止まる。


 弓と矢筒を肩にかけた。もうひとつ水の入った杯を手に持つ。耳をすました。


 草むらをかきわける音。やっぱり近づいてきている。


 グラヌスの手首をつかみ立ちあがった。たき火に身体をのばす。水をかけた。


 じゅわっと音がし火が消える。


「消えたぞ!」


 男の声が聞こえた。近づいてきたのは動物ではなく人。


 つかんでいたグラヌスの手首を両手で持った。グラヌスをうしろに引きずっていく。とにかくここから離れないと。


「ばれたか、どうする!」

「ゆっくり進むぞ!」

「気をつけろ!」


 暗闇で距離がわからない。あまり長く移動すると居場所がばれる。草むらにしゃがんだ。音がしないように肩から弓を外す。矢筒から矢を一本とった。


 閉じていた左目を開ける。閉じていたことで、左目だけは闇にすぐ慣れた。


 弓を引き絞る。


「くそ、見えん。おい、きさまら、かんねんしろ!」


 右。声がしたほうに矢を放つ。すぐに次の矢をかまえた。


「なにか飛んで・・・・・・」


 さきほどと同じ声。さきほどより少し左にむけて放った。


「ぐあっ!」

「どうした!」

「矢だ、矢が刺さった!」


 三本目の矢をかまえる。


「たき火のとこに着いた! 水かけて消してやがる!」


 たき火の場所。なんとなくでもわかる。矢を放った。外した。もう一本を即座に引き、放つ。


「ぬあ! 太ももに・・・・・・」

「相手は剣じゃねえのか! 弓とは聞いてねえぞ!」


 最後の一本をかまえた。


「逃げるぞ!」

「おい、待て!」

「連れてってくれえ! 足が動かねえ!」

「こっちもだ、助けてくれえ!」

「しるか! って逃げろ!」


 草むらをかきわける音が遠のいていく。


 ぼくは弓をかまえたまま、じっと動かなかった。


 あたりがうっすら明るくなった。空を見上げると、雲から三日月がでていた。


 弓をかまえたまま立ちあがる。周囲に人影はなかった。かまえをとき、矢を背中の矢筒にもどす。


 たき火のそばにもどると、炭の上に矢が落ちていた。ひろって矢筒に入れる。


 さきほど襲ってきた者が言っていた。


「弓とは聞いてねえぞ」


 そう聞こえた。グラヌスは弓が苦手と言っていた。そのことだろうか。


 たき火に火をつけようか迷い、やめた。帰ってくるかもしれない。


 グラヌスを引っぱり、さらに遠くの草むらに移動する。自分たちの荷物も持っていく。最後に、鉄鍋と木の杯を持った。


 薬草を煮出した鉄鍋は、ひっくり返ってはいなかった。しかも、ちょうど冷めている。


 グラヌスのそばに荷物を置き、脇を抱えて起こす。上半身が荷物にもたれるようにした。


 木の杯に煮汁をうつし、グラヌスの口に入れると、少しずつ飲んだ。


 弓を足下に置き、グラヌスのそばに座る。夜が明けるまで、このまま待とう。


 グラヌスを見た。まだ起きる気配はない。さきほどは危なかった。それでも、夜であることがよかった。昼間ならグラヌスを守れなかっただろう。


 弱いぼくは、母さんも村も守れなかった。今は、夜明けを待つだけだ。それぐらいなら、できる。


 膝をかかえ、暗闇を見つめた。怖くないぞ。


 ふいに込み上げた涙を押しとどめた。泣いてもどうにもならない。冷静さを失ったから、あの山猫は死んだ。殺す必要はなかったはずだ。


 家に早く帰っていれば、母さんも死ななかった。


 母さんと山猫。二人が、ぼくのせいで死んだ。三人目はさせない。そう思い定めると、込み上げていたものは止まった。


 あとは夜明けを待つだけだ。ぼくは膝を抱えるのをやめ、あぐらをかき、夜の闇を見つめることにした。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る