第10話 東の都コリンディア

 大きな街だった。


 アッシリア国で、ここが東の都と言われるだけある。


 大きな建物がひしめきあっていた。細長い建物がくっつくように建っている。窓を数えた。縦に四つ、家が四階まであるのか!


「ちょっと!」


 上をむいて駆けていたら、恰幅のよい婦人とぶつかった。


「すいません」


 あわてて頭巾を目深にかぶった。すりぬけるように駆けだす。


 父さんから預かった手紙は、ゼノス隊長にわたせと言われた。また、街の入口からまっすぐ行くと役所があるとも言った。そこまで駆ける。


 道の両側の建物が高い。迫ってくるような怖さがあった。駆け足で石畳の道を行くと、道は左右の二つにわかれていた。父さんはまっすぐと言っていたのに、どっちだ。


 いや、わかれ道のところにある大きな建物、これが役所か!


 大きな建物だ。石造りで、建物の前には腕がまわりそうにないほど太い石柱がならんでいる。


 その石柱のあいだから、四角く穴をあけたような入口が見えた。


 なかに入ると、またおどろいた。大きな部屋だ。正面には、床の大理石とおなじ大理石で造られた長机がある。そこに十人ほどの人が座って作業をしていた。


 部屋からは廊下が何本ものびている。廊下のさきは、いくつもの扉が見えた。


 大理石の長机にいるひとりに近寄った。背負い袋から父の手紙をだす。


「この手紙をゼノス隊長にわたしたいのですが……」


 初老の男は、机の上にある編み籠を指した。そこにはすでに何枚かの紙が入っている。


 一番上でいいのだろうか? わからず上に重ねてみる。


 次に初老の男は、出口のわきに置かれた簡素な長椅子を指した。長椅子は四つほどあり、二十人ほどが座っている。あそこで待てばいいのか。


 長椅子のひとつに座って待った。


 ぼくは父の手紙をわたしたいだけだ。ここで合っているのだろうか。でも、ちがえば、さきほどの人は言うはずだ。おそらく、ここにゼノス隊長を呼んでくれるのだろう。


 かなりの時間が過ぎた。長机の役人は何かの作業をしているが、ほかの人が呼ばれることもない。何をやっているのだろう。


 入口の扉が開き、一目で金持ちとわかる年配の男が入ってきた。重厚な生地の服を着ている。


 初老の役人がすぐに気づき、長机から出てきた。丁寧にお辞儀をし、どこかの部屋へと案内していく。


 また待っていると、これまた派手な衣装の婦人が現われた。手にした紙を長机に置く。


 役人の一人が紙を受けとり、どこかへ行った。派手な婦人は、ぼくの横に座る。何かの香料をつけているのか、むせて咳がでそうになるのを我慢した。


 しばらくすると、さきほどの役人は帰ってきた。手にした書類を婦人に返す。


「遅いわね!」


 婦人はそう言うと、役人の手から書類をもぎとるようにして出ていった。


 それからも待ちつづけたが、いっこうに座って待っている二十人は呼ばれない。


 これは無理だ。いくら待っても。


 編み籠においた手紙をぬいた。長机の人たちは、勝手に手紙をぬいたぼくを見もしない。


 役所からでて立ち止まる。ひろい街だった。どこに行けばいいのだろうか。


 ふいに涙がでそうになり、自分をしかった。父さんは救援の軍を待っている。


 役所前の分かれ道は、人通りが多かった。人は多いが、だれも知らない人ばかりだ。


 そのむこう、歩き去る人の背中に盾が見えた。盾を背中にかついでいるのは、歩兵の人ではないだろうか。ゼノス隊長を知っているかもしれない!


 追いかけると、通りを歩く人は増え、屋根と柱だけの簡素な小屋がならぶ区画に入った。これは店だ。多くの小さな店が密集している。


 人混みで、追いかけていた盾の人が見えない。頭巾を片手で押さえながら、早足で人のあいだをすりぬける。


「あ痛っ!」

「すいません!」


 何度かぶつかり、謝って逃げた。


 ふいに人混みがとぎれる。顔をあげると石畳の道は終わり、土の道になっていた。


 道のさきに訓練をしている人が大勢見えた。これは軍の駐屯地だ! 街に隣接してあったのか。


 駐屯地に入ろうとしたけど、丸太で作られた柵あった。そこからさきは入れないようだ。


 ひとつの柵の前に人だかりがある。近づいてみたが、大人たちの背中で見えない。ぼくは腰をかがめて、人の隙間に割って入った。


 柵の前までくると、兵士たちが訓練をしているのが見えた。木の刀を腰に差した集団がならんでいる。その前で三人に囲まれている人がいた。


 見るからに屈強そうな体で、服からでた体には灰色の体毛が光っていた。灰色の毛は光が当たると銀色にも見える。


「三人は、いくらなんでも無理だろう」

「馬鹿言え、グラヌス様の強さなら余裕よ」


 まわりの大人たちが話していた。では真ん中の人がグラヌスと言うのか。


 囲んでいた三人が一斉に動いた。グラヌスと呼ばれた人は右に動く。打ってきた刀を弾いた。返す刀で胴を打つ。


 次に上からふり下ろされた刀を横に動いてかわすと、相手の腕を刀で打った。


 刀を落とした相手の肩を突き飛ばす。突き飛ばされた人は、せまっていた三人目とぶつかった。ぶつかった瞬間には回りこんでいて、三人目の首筋に刀をふり下ろす。


 あっという間に三人がやられた。これはすごい。ラボス村で剣が一番上手いのは父さんだ。でも、その父さんより上手いかもしれない。


「イーリク、ドーリク!」


 隊長が大声で呼ぶと、対照的な犬人ふたりが前にでた。ひとりはすらりと細身で小柄、もうひとりは山のような大男だ。


「このグラヌスごとき、三人で倒せぬとは、さきが思いやられる。気を入れて調練に取りかかれ!」


 ふたりの部下は「はっ!」と同時に答えた。


「やはり、あの噂はほんとかねぇ」

「うわさ?」

「騎士団に召し抱えられるという」

「平民の出で、それはないだろう」


 騎士団。聞いたことはある。王都を守る選ばれた兵士だ。


「わからぬぞ。第三歩兵師団のなかでも、グラヌス隊長には期待が高いと聞く」


 第三歩兵。ここにいるのは歩兵だ。


「ゼノス隊長はいるでしょうか?」


 話をしていた大人に聞いた。


「え、猿人族だ!」


 しまった! さきほどの模擬戦に熱中しすぎて頭巾を取っていた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る