第9話 川沿いをゆく

 夜明けとともに目が覚めた。


 かまどの炎は消えていたが、炭のなかに火は残っているようだった。まだ暖かい。


 おじいさんは、まだ寝ていた。起こさないほうがいいだろう。音をたてないように母屋を出た。


 昨日の山猫。そう思って家の前の畑をさがしたけど、死骸は見つからなかった。夜のうちにきつねが来てさらっていったのかもしれない。


 納屋に置いた荷物をかつぎ、昨日の道にもどる。わだちのついた道は南へと伸びていた。どこかの村につながっているのだろう。


 ぼくは反対に歩き、川まで引き返すことにした。ザクトが教えてくれた道は川沿いだ。川沿いに行けば、東の都コリンディアに近い街道にぶつかると言っていた。


 一度、おじいさんの家をふり返る。


「ここは、わしが生まれ育った家。ここでええ」


 昨晩にグールの話をしたとき、ぼくは用心のためにどこかに避難するのを勧めた。でも、おじいさんは断った。


「死ぬのであれば、我が家がええしの」


 そう言われると、返す言葉がない。でも、ラボス村では多くの人が亡くなった。亡くなった人は、そう思っていただろうか。


「故郷に帰りたい。そういう思いは、歳を取らねばわかるものよ」


 若いときにコリンディアにいたという父さんが、以前にそう言っていた。ラボス村に帰りたい。そう思う日が、ぼくにも来るのだろうか。


 頭をふり、考えるのをやめた。今は明日を急ぐときだ。川沿いを走る。


 半日ほど走ると、川は、だんだんと谷になっていった。


 さらに進み、気づけば深い谷底になっている。川沿いを歩けない。引き返すべきか?


「いや、ひるまないぞ」


 声にだした。一日も早くコリンディアに着くのが、ぼくの役割だったじゃないか。


 川に入った。川岸の岩場をっていく。


 とちゅうに滝が二つもあった。それをくだると、やっと、なだらかな沢になった。


 沢の両側は森だ。森に入り辺りを見まわる。大きな生き物がいる気配はない。ぼくは森のなかで一晩を過ごすことにした。


 夜明けがくる。またぼくは川沿いを走った。長い長い下り坂をおりると、ふいに山が開けた。


 がけだ。川は滝となって落ちていく。


 眼下には平野が広がり、遠くに大きな街が見えた。あれが東の都か!


 ここまで来れば川沿いに行く必要もない。崖から離れ、山をおりる道をさがした。


 林の中を進むと、人の作った道を見つけた。地面は踏み固められていて、急な坂には石造りの階段がこしらえてある。


 今までの川くだりからすると、ずいぶんと楽だ。荷物をかつぎ直し、走りだす。


 山道をくだると、大きな道にでた。これは街道だ。両端が草むらになっているので、すぐに道とわかる。街道は馬車がすれ違えそうなほど、幅広い道だった。


 街道わきの草むらに座り、背負い袋から堅焼きパンと水袋をだす。ここからもうすぐだ。一度休んで、あとは走っていこう。


 父さんがくれた外套がいとうを思いだし、それも引っぱりだした。頭巾のついた物だ。街に入るときは、目深にかぶっていけば、目立たずに行けるだろうと。


 あとちょっと。あとちょっとで街だ。ぼくは、あせる気持ちをおさえ、のどに詰まらせないよう、しっかりと堅焼きパンを噛みくだいた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る