第11話 第三歩兵師団

 うしろから羽交い締めにされた。相手は見知らぬ男の人だ。


 手をふって逃れようとすると、さらに周囲の男の人たちに両腕をつかまれる。


「こいつ!」

「暴れるな!」


 逃れようともがいた。


「待たれよ!」


 声をあげたのは、さきほど剣の稽古をつけていたグラヌス隊長だ。ゆっくりと、ぼくに近づいてくる。


「まだ年端としはもいかぬ子供ではないか」


 ぼくの前に隊長が来た。背格好は父さんより少し高い。身体の厚みもあった。近くで見ると、意外に若い。隊長というから上の年齢を想像したけど、二十五、二十六、そのあたりだ。


「何用ぞ、猿人族の子よ」


 ぼくは羽交い締めされていた腕をふりほどき、あわてて背負い袋から父の手紙をだした。


「ラボス村のアトボロスと申します! 父の伝言をゼノス様にと」


 グラヌス隊長が手紙を取る。少し読むと顔色を変え、周囲にむけて声をあげた。


「第三歩兵師団、第五隊長のグラヌス。この子の身柄を確保する! 手出し無用!」


 それを聞いた周囲の大人たちが後ずさりする。


「少年よ、これは正規の軍達ぐんたつである。偽造は重罪。受け取るがよいか?」


 言われている意味はわからないけど、なにもだましてはいない!


「父、セオドロスの名にかけて!」

「セオドロス。聞いた名だ」


 グラヌス隊長は、そう言って少し考えたが思いだせないようだった。


「ついてまいれ。ゼノス師団長に接見を申しこむ」


 グラヌス隊長は訓練所のなかへと歩きだした。グラヌスはさきほど、ゼノス師団長と言った。父さんの知り合いは隊長ではなく、師団長だったのか。




 丸太の柵で区分けされた訓練所のなかに、石造りの建物があちこちにある。

 

「ここは、歩兵の駐屯地ですか?」

「そう。昔は隣国との戦争で、駐屯地は運河ぞいの砦にあったと聞くがな。コリンディアは初めてか?」

「はい」


 運河。このアッシリア国とウブラ国のあいだを流れる大きな川。見たことはないけど聞いたことはある。


「猿人族ではないのだな?」

「はい。人間、だと思います。ぼく以外に見たことがないので、ちがうかもしれませんが……」


 グラヌス隊長がおどろきの顔でふり返った。


「なんと、始祖しそか!」


 もろもろの種族の始祖は人間だという説がある。でも、ぼくは信じてなかった。ほかの種族にくらべ、あまりに弱い。


 始祖というなら、鳥人族ではないか? というのがぼくの予想だ。飛べる種族が一番強そうに思う。会ったことはないが大昔には、ラボス村にも数年に一度、鳥人族が立ち寄っていたと長老が話してくれた。


 グラヌス隊長に連れられ、大きな石造りの建物に入った。役所と同じように入ると長机に人がいる。ただし、こちらの長机は木だった。大理石の床もない。


 ここで待つのかと思ったら、グラヌス隊長は奥へと進んだ。


 扉の前に兵士がひとり立っている。これは見はり? でも家の中だ。


「第三歩兵師団、第五隊長グラヌス。ゼノス師団長に接見を申しこむ」

「はっ、お待ちください」


 見はりの兵士は気をつけをし、部屋に入っていった。


「待たなくていいのですか?」

「軍達は、運んだ者が、宛てた相手に直接わたすのが決まりだ」


 そう言って、父さんの手紙をぼくに返した。


「本来は、宛てた者以外に見せてはならぬ」

「街の役所にだしてしまいました。見られてはないと思いますが……」


 グラヌス隊長が顔をしかめた。


「たるんでおるな。あとで言っておく。一目見ればわかるものを」


 見はりの兵士がもどってきた。


「グラヌス隊長、どうぞ」


 ふたりで部屋に入る。入ったさきは何もない部屋だった。さらに奥の扉へむかう。


「第五隊長グラヌス、入ります」

「許可する」


 部屋のなかから、太い声が聞こえた。グラヌス隊長が扉を開ける。


「急ぎの用か」

「はっ!」


 入口にむけて大きな机があった。そこにかけている人、この人がゼノス師団長!


 岩のような老人、見た瞬間に思った。顔にきざまれた皺は深いけど、たくましい体躯たいくだ。


 ゼノス師団長がぼくを見て、眉をひそめた。


「猿人族か」

「いえ、人間とのことです」

「なんと、始祖か!」


 ゼノス師団長も、グラヌス隊長と同じようにおどろいた。


「しかも、ラボス村の子だそうで」

「ラボスか。あそこには、かつて共に戦ったセオドロスという者がおる」


 さきほど会ったばかりだけど、ぼくはグラヌス隊長と目をあわせた。


「師団長」

「なんだ」

「そのセオドロスの子だそうです」

「なんと!」


 ゼノス師団長は目をむいて、ぼくを見た。


「セオドロスの子、アトボロスと申します。ゼノス師団長。父は隊長と呼んでいました」


 自分の名を名乗ると共に、父の間違えを聞いてみた。


「うむ。昔の大戦でセオドロスがいたころは隊長だったのでな」


 なるほど。父さんは、それでいまでも隊長と呼んでしまうのか。


「しかし、あの戦場の男鹿エラボスが人間の子を、なぜまた……」


 グラヌス隊長も興味深そうに、ぼくをながめた。隠すことでもないので説明する。


「明け方に、橋の下に落ちてたそうです」

「なぜ、橋の下に」


 なぜだろう。それは考えたことがなかった。


「霜がおりても大丈夫なように、でしょうか。毛布にくるまって編み籠に入っていたそうです。寒い日だったので」


 ふたりが見あった。変なことを言っただろうか。


「して、セオドロスの子が、何用で来た?」


 ぼくは手にした手紙をわたした。手紙を読み始めた師団長さんは真剣な顔になり、読み終えると、立派に生えた鼻の横の長い毛をなでた。


「グラヌスよ」

「はっ!」


 師団長に呼ばれ、若き隊長は気をつけの姿勢になった。


「すぐに師団長会議を申し入れる。ふたりの師団長に連絡せよ」


 グラヌス隊長が一礼し、退出する。ぼくは自分の役割が果たせたと、ほっとした。


「ありがとうございます!」

「ふむ……」


 ぼくはゼノス師団長に感謝したが、師団長は浮かない顔をしていた。鼻横の長い毛に手をやり、何かを考えている。ほっとした気持ちが、なぜかまた、ざわつくのを感じた。


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る