回復術士だと思っていたら、世界で最初の衛生兵でした! ~応急手当しかできないと罵倒され、勇者パーティを追放されたヒーラー。最前線で救うべき命が多すぎて、いまさら戻ってこいといわれても判断が遅い!~

雪車町地蔵(そりまち じぞう)

第一章 革新的医療、応急手当を戦場に導入します!

第一話 パーティーを追放されました!


「ちぎれた手足も治せない回復術士ヒーラーとか、要らないんだよねぇ!」


 魔族の討伐を終え帰ってきたばかりの拠点で、回復術士エイダ・エーデルワイスは、突然の解雇通知を受けた。

 あまりのことに呆然としていると、彼女をクビにした張本人――烈火団の団長である双剣士ゾルタン・オッドーは、聞こえよがしに舌打ちをしてみせる。


「ど、どうしてですか? 私はこれまで、皆さんのお役に立ってきたと思っているのですが……」


 ようやくエイダが絞り出した問いかけは、しごくもっともなものだった。

 幼い頃に実家を放逐され、貧民窟ひんみんくつ同然の亜人街あじんがいで食うか食わずのその日暮らしをしていた彼女を、貴重な回復術士だからと拾ってくれたのは目の前のゾルタンである。


 粗末とはいえ食事と寝床を与えられた彼女は、ゾルタンたち烈火団に多大な恩義を感じ、献身的に尽くしてきた。


 炊事洗濯家事百般、それにとどまらず経理や雑魚の露払いからベッドメイキングまで、ありとあらゆる雑務を担当し。

 そして、それだけではなく回復術士として甲斐甲斐しく前線にまでついて回った。


 傷を癒やすことのできる回復術士や、奇跡を行使する聖女はとても貴重な存在だ。

 ヒーラーの適正を持つものは一万人に一人産まれればいいほうで、手足を再生できる聖女ともなれば十万人に一人産まれるかどうかといったところで。

 その亡失は国家的不利益に直結し、だからこそ万一の過失致死を避けるため、戦闘について回る回復術士というのは基本的に存在しない。

 後方で待機し、戦闘を終えて戻ってきた戦士たちを癒やすのが本来の役目である。


 そんなありえないことを、彼女はこれまで、平然とやってきた。

 どんな強敵が相手でもパーティーメンバーとともに前線に立ち、時に攻撃を防ぎ、時には加勢し、仲間が怪我を負えば的確に処置を施してきたつもりだった。


 事実、烈火団はいかなる死地、どんな強敵と戦っても生還する〝不死身の冒険者パーティー〟として勇名を馳せていた。

 ゆえに、「どうしてですか?」と彼女は訊ねてしまった。


「おまえが、コ・ヒールしか使えない雑魚だからに決まってるじゃん」


 たしかに、エイダは瞬時に傷を癒やすような回復魔術ヒールは使えない。もげた腕をくっつけることも、失われた生気を取り戻すこともできない。使える魔術は代謝を高め回復を促す局地的回復魔術コ・ヒールだけ。


「ですから、私は応急手当を施してきました。応急手当は命を繋ぐ技術です。皆さんはだからこれまで、無事に街まで戻ることができていたはずで」

「それ。それが一番わからん。なんだ応急手当って? なんか役に立ってるの?」

「――――」


 ゾルタンは、鼻炎気味のはなをすすりながら、呆れたように言い放った。

 絶句する彼女を、ほかのメンバーたちが冷笑する。

 止血、心肺蘇生、凍傷や火傷の処置。

 これまで彼女がおこなってきた傷の手当ては、どうやらゾルタンには――そしてほかのメンバーたちにも、カケラたりとも理解されていなかったらしい。

 ゾルタンが洟をかむのを待って、エイダはおずおずと進言する。


「応急手当がなければ、皆さんは死んでいたかもしれないんですよ?」

「俺たちが生き延びてきたのはさ、俺たちがめちゃくちゃ強いからだよ! みんなもそう思うだろ?」

「当たり前だわ!」

「おれたちゃ軍隊を除けば最強の冒険者だからな!」


 はやし立て同意するメンバーたちの様子を見て、満足したようにゾルタンが頷く。

 それから、さもいま思い出したかのように手を打って、彼はエイダへとこう告げた。


「あー、じつはさ、今度パーティーに聖女様を加入させることになったわけ。もちろん手足の一本や二本生やせちゃう本物さ。そうなったら当然――おまえみたいな無能は、お払い箱だよなぁ……? 言ってる意味、わかるかぁエイダぁ?」

「…………」


 ことここに至って、エイダ・エーデルワイスは、それ以上言い募るのをやめた。

 恩人たちが、自分を必要としないと言っているのだから、努力が足りなかったのだろうと考えたからだ。

 彼女は下唇を噛みながら、無言でゾルタンに頭を下げ、団員の証しであるバッジを返上する。


 受け取ったゾルタンはニヤァっと趣味の悪い笑みを浮かべると、


「そうそう、それで俺たちはさぁ、これまでの功績が認められて勇者に叙勲じょくんされるんだってよ。あたりきしゃりき、きらびやかな社交界なんかにもデビューしちゃったりするんだけど。いやぁ、よかったぜ。おまえみたいな気持ちの悪い白髪のお化け、お貴族様の前には連れて行けないもんなぁ!」


 違いない! とか、あひゃひゃひゃ! とか、品のない追従がメンバーたちから沸き起こる。

 白い髪に、赤い瞳。

 物珍しいエイダの容姿を、ことあるごとに彼らは笑いの種にしてきた。


 恩義があった。

 大切な仲間だと思っていた。

 だからどんな過酷な環境でも歯を食いしばり、彼らのために粉骨砕身の覚悟で歩んできた。

 けれど。


「……なんだ? まだいたのか。早く出てけよ」


 そう思っていたのは、彼女だけだったらしい。

 彼らはこれから貴族と繋がり、美味い汁をたんまり吸っていく。その恩恵を、わずかなりともエイダに分け与えることすら、絶対に嫌だと考えている。

 蔑み、奴隷のようなものだと考えている。

 だから。


「……お世話に、なりました。これ、置いていきます」

「なんだよ、これ」

「団長の、鼻炎の薬です。調合した分が、まだあったので」

「ふん……」

「では。えっと……これまでありがとうございました!」


 顔を上げ、気丈に微笑んで。

 そうしてエイダ・エーデルワイスは、パーティーから追放された身の上になったのだ。



 ゾルタンたち烈火団は、まだ知らない。知るよしもない。

 自分たちの活躍が、どれほどエイダに依存していたのかを。

 そして、彼らがついぞ理解しなかった〝応急手当〟が、今後世界をどう変えていくのかを。


 理解したとき、彼らはそのことを心から悔い改めることになるのである――

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る