第2話 嬉しい約束

 黒いTシャツにベージュのオーバーオールを合わせた。野球帽に伸ばした手は途中で引っ込めてブラウンのチューリップハットを被る。

「うん、可愛い」

 ギリギリで男子にも見える、と思う。リュックは部屋の隅でお留守番。財布は胸にあるポケットに入れた。

 うきうきした気分で自分の部屋を抜け出す。物音一つしない。廊下の隅を歩いて玄関に向かう。


 ドアの開く音がした。


 ほぼ同時にわたしは動きを止めた。意識した笑みで後ろを振り返るとお兄ちゃんが立っていた。パジャマではなくて赤いランニングシャツにジーパン姿だった。

 じっと見ているとお兄ちゃんは目を逸らした。ツーブロックの髪を手で撫で付けると前の方を指さした。

 頷いたわたしは玄関に急ぐ。お兄ちゃんは後から付いてきた。並んで靴を履いて一緒に外に出た。

 家の前の道で改めて向き合う。

「お兄ちゃんも夜の大冒険に出掛けるんだね」

「違う」

 一言で歩き出す。わたしは横に並んだ。歩幅が違うせいで軽いジョギングになった。

「お兄ちゃん、また身長が伸びた? 髪型のせいなのかな」

「百八十四になった」

「四センチも伸びたんだ。やっぱり背が高いと世界が違って見えるのかな。わたしは百五十二だからすごく気になる」

 お兄ちゃんは足を緩めた。こちらに顔を傾けて切れ長の目を更に細くした。わたしはオーバーオールの太腿の生地を摘まんでパンツルックを強調する。

「……肩車はしない」

「えー、期待したのにぃ。誰もいないし、恥ずかしくないでしょ。わたしなら全然、平気だよ」

「……俺が恥ずかしい」

 髪に手を当てて足を速める。わたしは小走りで横に付いた。

「今更なんだけど、どこに行くの?」

「コンビニ」

「お兄ちゃん、甘い物は苦手だよね。お菓子の線はないからカップ麺かな。近所のコンビニにはイートインコーナーがないから家で食べることになるんだけど、手作りにこだわるお母さんに見つかるとマズイんじゃないの」

「目覚ましの単一電池」

 前を向いたまま、ぽつりと口にした。思い出した瞬間、頭の中でジリリリンと甲高い音が鳴り響く。

「あれねー。すごい音だから、わたしの部屋まで聞こえるんだよねぇ。スマホの目覚ましにする気はない?」

「無理、起きれない」

「それならわたしが起こして、あげられないんだよね」

「俺より寝るし」

 お兄ちゃんの目が優しくなる。笑っているのかもしれない。

 二車線の道路に出た。お兄ちゃんは迷わなかった。煙草の箱のような店舗に向かう。わたしは胸のポケットに手を当てた。


 今日は財布があるからお客さんになれる。


 暗い店舗を通り過ぎて光り輝くコンビニに到着した。前に見た時と同じで駐車スペースに車はなかった。隅の方に一台のママチャリが置いてある。

 お兄ちゃんが入る前に中年男性が店から出てきた。膨らんだビニール袋を提げていてカップ麺の一部が覗いていた。目にした途端、いつか食べたカレー味が口の中に広がる。


 買う物が決まった。


 お兄ちゃんの後ろに付いて店舗に足を踏み入れた。雑誌コーナーを風のように通り過ぎる。飲み物には見向きもしない。正面に見える奥の棚に突っ込んだ。

 数々のカップ麺に両側から押されてとても肩身が狭い。そんなほっそりした一個を手に取った。英語の名前が湯気のように揺らいでいる。単数形なのが少し気になった。麺は複数だからヌードルの後ろには『s』を付けた方がいいと思う。意見を求めようと周りを見て気付いた。

「あれ、お兄ちゃん?」

 速足で店舗を巡るとレジにいた。会計が始まる前に単一電池の横にカップ麺を置いた。

 お兄ちゃんは目で問い掛ける。わたしは飛び切りのスマイルを返した。

「ご一緒でよろしいでしょうか」

 レジの男性がお兄ちゃんに向かって言った。

「……はい」

 わたしは先に外に出た。明るい店舗に背中を向ける。視線を上にやると綻びのような星が見えた。

おごるつもりはない」

「えー、わたしのスマイルはゼロ円なの?」

 振り返ったわたしに手を突き出す。掌が催促するように上下に動いた。金運線はかなり短い。

「なーんてね。ちゃんと財布は持ってるよ。だから心配しないで」

 胸のポケットから財布を取り出し、中を広げた。白っぽい硬貨は一円だった。銀色は五十円。百円と五百円は不在で十円玉を数える。下の方には折り畳まれた千円札があった。

「お兄ちゃん、あの、百十七円なんだけど」

「足りない」

「千円札はあるんだけど、お釣りはある?」

 うかがうような上目遣いをするとお兄ちゃんは大げさな溜息を吐いた。

「……帰るぞ」

「大冒険は始まったばかりだよ」

「家でも冒険できるだろ。カップ麺で」

「えー、はい、そうですね」

 睨まれたわたしは大人しく家に引き返した。


                *****


 部屋に戻った。パジャマに着替えたところでドアが控え目にノックされた。

 開けるとお兄ちゃんが立っていた。目を横に向けたまま、髪を撫で付ける。

「どうしたの?」

「単二の電池、あるか」

「どうだろう。なんで?」

 見つめているとお兄ちゃんの唇の端が吊り上がる。

「……単一じゃなかった」

「あ、そういうことね。ちょっと待ってて」

 机に直行して引き出しを開けた。ノートや文房具に混ざって細長い電池を見つけた。不要な単三を隅に押しやり、奥まで探す。

「ないかぁ」

 視線は下の大きい引き出しに向かう。

「懐中電灯はあるけど……そうだ!」

 急いで開けた。中にあった懐中電灯の中から電池を取り出した。握り締めて笑顔で戻る。

「お兄ちゃん、単二の電池があったよ」

「懐中電灯はいいのか」

「予備があるから大丈夫だよ」

「そうか、悪いな」

 軽く頭を下げてお兄ちゃんは自分の部屋に戻ろうとした。横を向いた状態で突然に止まる。迷っているような表情ではにかむ。

「今度、肩車をしてやるよ」

 早口で自らドアを閉めた。

「……お兄ちゃん」

 笑みが抑えられない。握った拳を無言で天井に突き上げた。


 少し寝るのがもったいない。そんな気分で部屋の明かりを消して布団に潜り込む。目を閉じると瞼がピクピクする。内側から誰かがノックしているみたい。くすぐったいような感じもして思い切って瞼を開けた。

「なんか、素敵かも……」

 部屋に夜が来てわたしを優しく包んでくれる。


 これからもよろしくね。


 夜に見守られて、わたしは眠りについた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る