NARRATOLOGY ―あなたが犯人です―

作者 玄武聡一郎

36

12人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

根底にそのようなテーマが感じ取れる珠玉の作品。

これを見た貴方は、何故死が救いになるのかを疑問に持つかも知れません。
それはきっと、死というものをそのように捉えたことがないからなのでしょう。

では死の本質とはなんなのか?
救われるとはどういうことなのか?

少しでも気になったのであれば、どうぞこの作中の「死を見る会」にご参加下さい。

きっと貴方は今まで知ることの出来なかった「死というものについて」に触れることが出来るはずです。

ああ、でも深入りには気を付けて下さいね。


だってーーこの事件の犯人は貴方自信なのですからーー

★★★ Excellent!!!

TRPGを思わせるプロローグで、読者である「私」は「死を見る会」の主催者を殺しました。その白い首をナイフで切りさいたのです。
そして「死を見る会」のメンバーが主催者の「死」に対する見解を明らかにしていきます。美しい死体を横にそれぞれの死生観を語る様子は、状況を冷静に見れば狂気の沙汰です。常人と狂人の境目が緩くなるような時間でした。
やがて推理が終わっても、犯人が見つかっても、それでも「私」が犯人であるかのように思えるのです。この奇妙で不可思議な読後感をぜひ。
読み終えたら、自首——思わず物語に登場したくなりますよ。