バ・ラシーヌに咲く花々 百年後の王国物語3

作者 合間 妹子

後書き」への応援コメント

このエピソードを読む

  • キャロリン編は穏やかで順調な交際をしていったのに対し、ダフネ編は交際以前に会うだけで障害が多かったですね。しかし苦労しているのがジュリエン君なので、かわいそうではなく、もっとやれーっ!と思ってしまいました(  ̄▽ ̄)

    二つの恋の物語。執筆お疲れ様でした(#^^#)

    このコメントで、本作のコメントがちょうど100になっていました(≧▽≦)

    作者からの返信

    丁度百番目のコメント、ありがとうございます。

    この話も、主人公それぞれのキャラを生かして彼女たちらしい恋を書けたかと自分でも思っております。ありがとうございました。

    2021年6月6日 07:45

  • 座談会では思った通り、ジュリエンが冷たい目を向けられちゃいましたか。
    けどこれは仕方がない。本人は嫌かもしれないけど、たじたじになっちゃう所も彼の魅力ですよ(*´▽`)

    執筆お疲れ様でした。
    ゆっくり休んで、また素敵な物語を書いてください(#^^#)

    作者からの返信

    ジュリエン君が座談会で吊るし上げられるのは分かり切っていた展開でしたよねー。

    私、公私ともに色々とあって力尽きております。筆が全然進まないので思い切って休むことにしました。色々とお世話になって、感謝の言葉もありません。

    2021年6月6日 07:43 編集済

  • 完結お疲れ様でした~(*´▽`*)
    クロエさんだけでなく、キャロリンさん、ダフネさんも幸せになれてよかったです~(*´▽`*)

    花言葉の章タイトルはほんと素敵でした~(≧▽≦)
    菩提樹の花言葉の偶然はすごいですね!( *´艸`)

    作者からの返信

    大団円を迎えられて、作者の私もホッとしております。花言葉も色々と調べて楽しめました。

    2021年6月6日 07:42