変身〜欲求〜(2)

※ ※ ※


 植田海斗うえだかいとはどうしようもない欲求を抱えていた。どうすればいいのか? 真剣に考えるも良い案は当然、思い浮かばない。

 どうして男の子に生まれて来てしまったのか? もはや生まれ変わることでしか解決方法はないのか。

「女の子になりたい」

 こんな事を母親に言えるわけがない。が、大人に訴えればもしかしたら……という期待が微かに海斗にはあった。そう思うのも勇気を持って打ち明けて問題が解決した事例が何度かあったからだ。

 やはり大人は知らない事をたくさん知っている。だから、この願いもあの時のように勇気を持って言えば……それをピークに波は一気に急降下する。さすがの子供でもこればかりは無理だとはわかっていた。

 でも、だからといって諦めるわけではなかった。気持ちを落ち着かせるために今日も海斗は想像を膨らませる。もしも、自分が女の子になれたらなにをしようかと……。

 卑猥な事ばかりを考えていた。海斗の当時の年齢で卑猥、という言葉はおそらく知らないだろうが客観的に見て、幼い子供が考えた事を考慮しても卑猥、という言葉しか適切な言葉は見当たらない。

 女の子になった海斗は念願である短めのスカートを履いていた。床に座り両足を大きく広げる。その間から見える白い布、ショーツを頭部を垂らして見つめていた。

 自分のを見るぶんには誰からも文句は言われないはず——

 海斗の下半身のある部分が盛り上がっていた。こういうな事を考えると決まってこの部分が大きくなると海斗はもう幼稚園生の時から知っている。理由は気になるが、これも親など大人に質問できる事ではないのであまり気にしない事にした。

 海斗は悶える。自分が女の子になれさえすればのにと。が居ればそれにこしたことはないが無理なのもわかっている、だから自分が……。


 この願いは彼女さえできれば簡単に解決する。要は女性の下着を見たいというのであれば、恋人と呼べる人をつくればいずれ向こうから喜んで見せてくれるだろう。それで満足かい? 答えは否、のような気がした。

 そんな、向こうから進んで見せてくれるなどこの時の海斗には想像できなかったからだ。もしもそんな事が起きたら海斗の常識が壊れて、その場でフリーズ状態になるだろう。

 だがこの時、女の子は海斗の言う事だったらなんだって聞いてくれる。スカートの中に顔を突っ込んでも拒みはしないだろう。想像、妄想の中ではいくらでも相手をもてあそぶが現実に、ましてや自分なんかに対して許すわけがないと現実がしっかり見えていた。

 その女性はいつの間にか海斗と共に成長していた。確か最初に見た頃は海斗と同じくらいだったのだが今では高校生、時には中学生にもなる。

 成長すれば反抗期がやってくるのは同じだった。もう海斗に体を自由に触らせてくれる事はない。一人で、自分の部屋で何かをやっているようだが、海斗の事を嫌いになったわけではないのは部屋のドアを少しだけ開けて中を覗けるようにはしてくれているから分かっている。

 その代わりに海斗の布団の中には新しい彼女がいる。彼女こそ真に大切にするべき人だ。

「さっきも言ったけどまずはこんな感じでスタートしたいの。本当に大丈夫?」

「うん、構わないよ。望月もちづきさんがそうしたいならそれに従う」

 若い男女が共に布団の中に入り体を暖め合うもその先に向かう意思は今はないようであった。

「……ありがとう。理解があって助かる。他の友達の話を聞くと付き合い始めたその日に求められる事もあって困惑したっていう話も聞くから。やっぱり心の準備っていうのが必要だよね。男子の、そういう野蛮なところは苦手だなやっぱり」

 甘えたように言う望月。

「俺は、多分そういう一面はないかな。俗にいう草食系男子ってやつ? こっちはこっちで心の準備が必要だって思っているから、そんな直ぐには……って考えているよ」

「ほんと、植田くんってどこか男ぽっくない所があるよね。極端に言えば女子なんじゃないの? って思うくらい。だから初めて会った時から警戒感があまりないのかも」

「ははっ。女子みたいか〜。そこまでいくとさすがにちょっとショックだな〜」

「……じゃあ、今のこの状況で本当は我慢できないよね?」

「えっ?」

「いくら、私が、こう言ったからってこの状況でなにも、手を出さないってある? 誰も家の中にいないんだよ? あと数時間は親が帰ってくる心配もないし。本当に今日はただこうしているだけなの?」

 海斗は思考が停止してしまう。彼女のためを思っていたはずだが、どうやらそうでもない空気を読み取り痺れが全身に走る。なにがいけなかったのか?

「胸くらいは衣服越しから……ううん、捲られて直に触られても仕方がないかって思ってた。もしかしたら手を下に伸ばされて結局、ある程度は許しちゃうのかなって覚悟はあった。でも、なにもやってくれないんだね……植田くんは私のじゃないんだから、もっとを出してよ」

「ちょっとなに、怒っているの? どうして」

「うそでしょ、本気でわからないの? ごめん、私、帰るね」

 と、望月はザッと立ち上がってしまう。止めても無駄なように見えた。

「植田くんはすごいいい男子だと思うよ。だから誰かに、同じ学校に通う女子に取られまいと焦って私から告白した。それをオッケーしてくれたけど、なんで私と付き合いたいと思ったの?」

 これだけは絶対に聞いておきたいと思ったのかリュックサックを持ち上げるも部屋からは出ずに海斗を見下ろしながら質問した。

「それは……」

 女性の方から告白してくれるなんて夢にも、いや夢の中では何度も思い描いたがまさか現実に、本当に訪れる日が来るとは思ってもみなかった。だから断るのは申し訳ないと思って……こんな事を馬鹿正直に言っても火に油を注ぐだけのような気がして声に出せなかった。

「ないの?」

 睨めつけられる。逃げの一手かもしれないが海斗は女性に心から聞いてみたかった質問を投げかけてこの場をつないだ。

「話、変わるけど僕も、女性に聞いてみたい事があるんだ。その、男は女性の、下着をみたり、胸をみるだけですごい興奮する。じゃあ女性目線では男の裸を見たりして、その興奮するの? 嬉しいの? 俺には理解できないんだけど」

「な、なんでそんな事聞くの? 今までそんなこと考えたことないから、急に聞かれても……」

「普通は嫌だろう? 自分の体を男に見られるのは。でもこうして心を許した相手にはみせる、それどころか触らせるというのは、その、なにを見返りとして求めているんだろう? なんかこれって男だけ得してないかな? 俺から言わせてみれば女性こそ男性の操り人形じゃないかな?」

「……だから植田くんは女性を優先しようってことなんだね。今の意見聞いてなんとなく植田くんのスタンスっていうのが分かったかも。でもね、そんな難しいことをくそ真面目に話す男は私はめんどくさい奴って私は思う。つまり、ごめん、選ぶ相手を間違えたのかも。もう別れよう。優しすぎるのも考えもんだって思い知った方がいいと思う。多分、いつかまた植田くんと付き合いたいっていう視線を送る女性が現れると思うけど、それまでには改善した方が良い点はそこ。じゃあね。……セックスなんて、わざわざそんなややこしい事なんて考えず、ただ楽しめればそれでいいじゃんっ」

 ダダっという望月の足音、靴を履く音、玄関の扉を開けて自然と閉まる音を最後に静まり返る家の中。

「なんだ、どうしてこうなったんだ……やっていいならなんであんな回りくどいこと言うんだよ……おかしいだろう。なんだ、女っていう生物はあんな面倒な生き物なのか? そうだ、俺から言わせてみれば女こそ面倒くさい奴だよ、それなのにこっちの方がこれは改善した方がいいとか、えらそうな事を言いやがって……!」

 海斗は両手を後頭部に抱えて今にも発狂しそうになった。それと同時にやって来た後悔の念。

 あの日からの欲求が叶う機会を逃してしまった。

「俺だって、触りたかったさ、だってずーっと待ち望んでいた事だもの、でも、女性に対する敬意を持つべきだ、だから、だからあっちが良いって言うまで我慢してたんだ、なのに、なのに、それを馬鹿なの? っていう顔を向けながら踏みにじりやがって……」

 震える声で小刻みに不満を吐き続けた。膝を敷布団の上の付けていた姿勢から平伏する。

「お兄ちゃん、大丈夫?」

 心配そうに部屋の外から声をかける女の子が居た。その女の子は裸足で、無地の黒いTシャツに赤いチェック柄の短めのスカートを履いている。

 海斗はその子を見つめる。何度も、何度もこの子で欲求を満たしたのに、いざ本番となるとどうにも上手くいかなかった。所詮、妄想は妄想なのだと殻を破れなかったことを恥じた。

 だが今はこの子で我慢する事にした。さっきまで生身の体がいたから物足りないと懸念したが、思ったよりも感触はリアルであった。

 鏡で顔さえ見なければこの体は女性なんじゃないかと思うくらい。

「はは。そんなだらしないポーズしていいのかい? もう中学生なんだからちゃんと気にしろって」

 乾いた笑い声に虚しいかけ声が陽が落ち、闇に染まった部屋に鳴り響く。海斗が満足するまで空間は歪められ、お遊戯は繰り返される。


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る