《光背》のユヴォーシュ ~不信心な俺、異端認定され棄てられる。この世の果てで拾ったのは知られざる神だった。今更慌てたって知らん、俺は自由に生きてやる~

作者 吉田一味

61

26人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

神様を信じていないから異端認定で、問答無用で追放された主人公。
なかなかの理不尽さの冒頭ですが、そこが新しいかなと思いました。
おかげで展開予測不能で、ページをスライドする手が止まりませんね。
専門用語が入り乱れますが、個人的には地の文でしっかりカバーされており、そこを理解するのも楽しくスラスラ読めます。
とにかく、主人公がいい意味で人間くさくて推せます。

★★★ Excellent!!!

設定、背景は未だに詳細が語られてないけど素晴らしいの一言。
よく思いつくなこんなの!って思わず毒づいたし(爆)
まったく羨ましい!!!
本当に先が予想できずワクワクが止まらない!

ファンタジーはファンタジーだけど、いい意味でファンタジーしてないというか、なんと言うか……。

神様いるからファンタジーなんだけど、主人公がファンタジーしてなくて面白い!
いや、やってる事や、能力は立派にファンタジーしてるんだけど、芯の部分でファンタジーっぽくない。

笑って、泣いて、怒って、悩んで。
そして、神様が信じられない……。
つまり、主人公は普通の人!!
(才能や能力は異常なくらいだけどw)

そんな彼を見守る、少女の姿をした一柱の神様が語る言霊。

「キミを縛っているのは、キミ自身だよ。」

カッコよすぎ……。
これは人生の教科書にしたい!