拝啓、あしながおじさん。

作者 日暮ミミ♪

22

8人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★ Very Good!!

すべて読ませていただきました。底辺作家のくせに少し上から目線レビューになります。許してください。本気で作家を目指しているらしいので私も本気で読んで評価をさせていただきます。
まず、前半の盛り上がりに欠けるのでネット小説向きではないのかもしれません。ですが全体的に語彙や文章力が高く、情景描写がとても分かりやすかったです。
また作品「あしながおじさん」を私は読んだことはありませんがこの先どのように物語が進むのか。あしながおじさんと同じようにたどってハッピーエンドか、はたまた独創的なものになるのか、これからですね。
キャラの性格はある程度把握できました。確かに、自分の不幸は簡単に同情はされたくないですね。愛美が恋をしているとさやかから聞かされた時、珠莉の性格だったら怒ったりひねくれたり、それこそ、はたまた口を利かなくなったりこじれるのではと思いました。
もしかして純也おじがあしながおじさんなのかな? と思いましたがどうなのでしょうかね……ただの予想ですが。
一話、一話、丁寧に書かれていましたので非常に読みやすかったです。物語の上げ下げ「起承転結でいう転」が所々にないと読者は飽きてしまいます。←これは受け売りです。こういうのを意識してみるといいかもですね。
最期に伏線回収などをする作品はネット小説より新人賞に出した方がよいといわれてます。ぜひ出してみてください。これからも応援しています。

まじ、どの面下げてんのですいません……