第5話💠桜色の思い出

 十年ぶりに会った紗英(さえ)は、すっかり大人の女性になっていて僕は自分の鼓動が気になる程にドキドキしていた。


 彼女の虹彩(こうさい)が茶色味を帯びていることを、僕は今日初めて知った。


 あの頃の紗英はまだ幼さが残る少女だったし、僕は女の子と話せない程純情だった。(もちろん興味はあり過ぎる程あったけど)


 十年も凍結されていた思いが、僕の中でゆっくりと溶けはじめていた。



 うれしさと後ろめたさが、僕の中で同時に膨らんでくる。



「あの頃、佳樹(よしき)君は私のこと好きだったでしょう?」


 自信たっぷりに見当ちがいのことを言う紗英がおかしくて、僕は声を立てて笑ってしまった。


「僕が好きだったのは紗英の友達の結衣(ゆい)ちゃんだぞ、まぁ告って即撃沈したけどな」


 頬を膨らませながら、紗英は少し赤くなったほっぺたを細くて白い指で包んだ。


 確かに紗英は気になる存在だった。


 結衣ちゃんに告白した時でさえ、胸の奥が疼(うず)いたのもほんとうで、あの相手が紗英だったらどうなっていたのだろうかと何度も思った。

(それは今でも思っている)


 紗英に告白していたら恋人同士になっていたのだろうか?


 もっとも、初恋は成就しなかっただろうからきっとこれで良かったのだ。


 こちらの心の奥底まで見通すような眼差しで僕を見ている紗英を見る僕の目はきっと泳いでいたのだろう。




「とにかく私は、たまらなく佳樹君が好きだったし──もう、あの頃とは違うけどね、私ね今年の秋に結婚するの……」


「そうなんだおめでとう。

ごめん、さっきのウソ。

正直に告白する、紗英のことはずっと気になってた、だけど結衣ちゃんにフラれたからっていくのは違うなって思ってさ──幸せになれよ」


 僕が差し出した右手を柔らかい桜色(ピンク)のマニュキュアをした紗英の右手がそっと握り返してくれた。



「うん、ありがとう、じゃあ私行くね、佳樹君元気でね」


 通り過ぎる時にふわりと甘酸っぱいコロンの香りがした。


 公園の桜の木から薄いピンクの花びらがヒラヒラと落ちる通りを歩きながら。

大人になっていく過程で、人は様々な現実を知っていく。

僕は幼すぎた想いにサヨナラをした。


 了


【 New花金Day参加作品です】

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録(無料)

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る