『秀吉豊臣のすべらない話』すべると打ち首獄門やて。

作者 かなたろー