テレパシーの両片思い~俺と幼馴染のあいつはお互いの心が読めるけど絶対に告白しない~

作者 秋野桐吾

75

27人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

 子供の頃のちょっとした事故で互いの考えが聴こえるようになった幼馴染の陽大と亜月。
 互いに好きな気持ちは伝わっているのに肝心の告白は二人とも自分からは絶対にしないと決めていた。

 高校に入学するにあたって、陽大はテレパシーに関するルールを提案して亜月も了承するが、二人とも守る気あるのかと疑いたくなるぐらいに守らない。いや、守れない。
 なにせ相手が自分を好きだという気持ちがダイレクトに伝わってくるのだから。反応せずにはいられないのだ。
 そんな甘々でじれじれな二人だが、今まで当たり前だった日常のちょっとした変化で、気持ちが大きく揺らぐ。

 幼馴染信者の悠斗、そのつもりなく引っ掻きまわすセアラ、天然入ったお嬢様の紗羽、脇を固めるキャラ達も魅力的。
 彼らを巻き込んで(巻き込まれて?)の、陽大と亜月のラブラブじれじれの両片思いを楽しんでいただきたい。