灰が小瓶に満ちるまで

作者 星太

48

20人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!


読み合い企画から来ました。

読み終えたとき、改めて題名を見返せば心にストンとくるような、そんな綺麗な物語です。

最後の世界の告白は衝撃的な展開でしたが、バットエンドではなくあの伏線を回収してきっとハッピーエンドで終わったのだろうと思うと、主人公がよかったなぁって思えました。くっ‥‥‥ネタバレになるからあまり言えないぜ。

自分はこの作品の様に、題名を絡めたラストを考えるのが逃げてなので、お手本にしたいなぁって思います。

面白かったです!

★★★ Excellent!!!

物語を作るときは結末を先に決めてそこから逆算していくものだ、というのはよく聞く話です。

この作品はまさにそういった逆算によって作られたのだと感じました。
それゆえに、短い文章でも読み終わったあとに「ああ、なるほど」「この設定はこういうことだったのか」と納得し物足りなさは感じませんでした。

短い時間で物語の世界に入りこみたい方にオススメです。