雪の夜

作者 楠秋生

すべてのエピソードへの応援コメント

  • 雪の夜の迎えへのコメント

    大事な告白の前にトラブルにまみれて、幸先悪そうなスタートで、主人公は友達から後押しされて花束もかって、どこかまだ割り切れない思いを抱えていて。
    なんかいいですね。
    こういうの。
    甘酸っぱい。

    作者からの返信

    いい年して、いつまでもヘタレなんです(^^; 
    なんかいいといってくださって嬉しいです(*^^*)

    2020年12月17日 10:50

  • 雪の車中へのコメント

    最後にお互いの気持ちを知ることができて、よかった、よかった!

    作者からの返信

    やっと通じました!(*^^*)

    2020年12月9日 01:14

  • 雪の車中へのコメント

    うまく行ってホッとしました。。。
    良かった~・・・

    作者からの返信

    二人をあたたかく見守ってくださりありがとうございました!
    これからは仲良くやっていくことでしょう(#^.^#)

    2020年12月9日 01:13

  • 雪の車中へのコメント

    うふふ~♪ 綺麗な恋愛小説、堪能させていただきました!
    ピュアな想いが錯綜して。錯綜した故に、お互いちょっぴりの勘違い。
    そして勘違いが生んだハッピーエンド……。

    雪の舞う白い夜だから、こんなにも赤い花が暖かく咲き誇る。
    お二人とも、どうぞお幸せに!

    作者からの返信

    勘違い、すれ違い、からのハッピーエンドでした( *´艸`)
    二人をあたたかく見守ってくれてありがとうございました~(*^^*)

    2020年12月9日 01:10

  • 雪の国への帰省へのコメント

    ほう^^♪

    これは、お友達の皆さん揃って、素敵な報告を待っていることでしょうね……。
    はてさて。どんな結末が待っているのやら。……ラブコメばかり書く私としては、もう一年同じようなじれじれを見たいところではありますが! 今度はどんな作戦で煽ろうと盛り上がる友人一同の奮戦を想像してニヤニヤしたいところではありますが!
    ↑ おいおい(´・ω・`)

    作者からの返信

    長編だったらジレジレさせてもいいのかもしれませんね( *´艸`)
    周りのメンバーのあれこれも楽しそうですよね♪

    2020年12月9日 01:08

  • 雪の夜の迎えへのコメント

    お節介な仲間がくれたせっかくのきっかけ。
    男、三十路前。ここは決断して欲しいところですが……。

    雪の舞い散る夜。彼の想いにも、白く薄化粧。
    このまま踏み込めずに終わってしまうのでしょうか?

    作者からの返信

    決断してほしいです! 押されて押されて、それいけ~( ≧∀≦)ノ

    2020年12月9日 01:07

  • 雪の車中へのコメント

    楠 秋生様

     良かった~(*´▽`*)
     二人とも、頑張りましたね。末永くお幸せにです。

    作者からの返信

    なんとか上手くまとまってくれました( *´艸`)

    2020年12月4日 17:36

  • 雪の国への帰省へのコメント

    楠 秋生様

     今度は由利さん視点ですね。あら、両想いじゃないですか!
     しかも、実は二人ともヘタレだった(^^;
     由利さんも頑張ってと言いたいですが、車の到着が遅れて、大丈夫かしら?
     二人とも頑張って欲しいです。

    作者からの返信

    どっちもヘタレだといつまでたっても結ばれない(^_^;)
    なので周りがシビレを切らしちゃいました(笑)

    2020年12月4日 14:23

  • 雪の夜の迎えへのコメント

    楠 秋生様

     はじめまして!
     佳宏さん、優しくて素敵な方ですね。ご老人や脱輪の方を助けたり(#^.^#)
     ぐるぐると考えすぎて、なかなか告白に辿りつけない。ヘタレだけれど、頑張ってと応援したくなります。彼の気持ち、すっごくわかります。
     でも、告白を待っている方にとっては、早くしてよ!ですよね(^^;
     恋の行方、見守らせていただきます。

    作者からの返信

    誠実でいい人なんです。ただ彼女に関してだけ臆病なんですよ。

    2020年12月4日 14:22

  • 雪の車中へのコメント

    ぐおおおぉぉ、いいね! 落として上げる告白劇。
    彼女の勘違いからこみ上げてくる情愛は正に、感動のフィナーレ。至極の一時を存分に堪能させて頂きました。素晴らしい。
    どうかお幸せに! と言いたくなりますね。この先の二人はとんとん拍子で実が結ばれる。雪を溶かす程の熱愛を感じざる得ません。そこに想像が膨らむものです。良い物語でした。これは★★★でございますね。

    作者からの返信

    勘違いしてすれ違って……、からのラストでした(*^^*)
    最後までありがとうございました(#^.^#)

    2020年12月1日 16:10

  • 雪の国への帰省へのコメント

    おお、彼女視点で語られるのですな。というか、もうこれは両想いでしょ。ならば、最後の結末は……凄く気になる展開です。じっくりと読み進めます。

    作者からの返信

    そうなんです。実は彼女のほうもおんなじなんですよ(*^^*) でもどちらも臆病で、ちっとも先へ進まないww

    しびれを切らした周りに押されてやっと、動き出しました♪

    2020年12月1日 16:08

  • 雪の夜の迎えへのコメント

    お! 大人の恋愛ですな。なんだろう、随分と臆病な彼ですね。迷いが随分とあるみたい。ですが、私ならこの気持ちが凄く分かります。ふふん、私も彼みたいな一面があるからです(笑)

    余談ですが、高校の時の同級生にロマンチストな奴がいました。ボンネットに初心者マークを張り付けた軽自動車に乗り込み、免許取り立てで覚束ない運転を繰り返す中、向かう先は意中の人との待ち合わせ場所。その助手席にはバイトで貯めた金をはたいて購入した、赤いバラの花束。
    そうです。友達からの脱却を願って告白しに向かいましたが……思惑とはずれた展開が彼を待っていました。
    バラの花束を一目見た女性にドン引きされて、フラれしまうお粗末な結末です。随分と彼はへこんでいましたが、良い笑い話で覚えていました。まぁ、高校生の身分です。そんなことで喜ぶ女性は少ないのかもしれません。アクセサリーにしていれば、あるいは……。

    さてさて、本作品はどのようになるのでしょうか。楽しみに拝読を進めます。

    作者からの返信

    こちらにも読みに来てくださったのですね。ありがとうございます!

    高校生でバラの花束! それは……ひくかもしれませんね。でも勇気がいったと思いますよ。

    佳宏は友人たちに背中を押されてやっと、ですからね。

    2020年12月1日 16:06

  • 雪の国への帰省へのコメント

    お互いの気持ちをみんな知っているのなら、教えてあげて! と思ってしまいましたが、そこはやはり自分の口から言うべきなのでしょうね。

    作者からの返信

    周りはやきもきしたでしょうね(^_^;) 

    2020年11月28日 14:14

  • 雪の夜の迎えへのコメント

    迷ってますね。へたれだぁ~。

    作者からの返信

    へたれもへたれ、どうしようもないです。近すぎて、壊すのが怖くなっちゃったんですよ。

    2020年11月28日 14:12

  • 雪の車中へのコメント

    いやーん(*/∀\*)💕

    作者からの返信

    くふふふふ( *´艸`)

    2020年11月25日 20:18

  • 雪の国への帰省へのコメント

    知らぬは当事者二人だけですか(笑)
    でもなんだか雲行きが怪しいですよ。
    二人ともがんばれー*。٩(ˊᗜˋ*)و*。

    作者からの返信

    そうそう(笑)
    周りからしたら、何やってんだか、って感じなんだけど、当事者にとっては大問題なんですよね(*^。^*)

    2020年11月25日 20:18

  • 雪の夜の迎えへのコメント

    だって怖いですよね。
    なんだかんだ厄介事に巻き込まれたのも、もしかしたら必然なのかも。

    作者からの返信

    どちらに転ぶにしても、今の関係でなくなるのは確かだものね。

    2020年11月25日 20:17

  • 雪の車中へのコメント

    とりあえず一安心(´▽`) ホッ
    お幸せに♥
    ★★★(*。・ω・)σ=σ[]ポチッ

    作者からの返信

    やっと繋がった二人なので、末永くうまくやっていけるでしよう(#^.^#)

    2020年11月24日 22:50

  • 雪の国への帰省へのコメント

    なんだ。みんなグルか(*≧m≦*)プッ!!
    じゃあ、大丈夫ね(´ー`*)ウンウン

    作者からの返信

    そうなんです。まわりがやきもきしすぎて、けしかけました♪(´ε`*)

    2020年11月24日 22:49

  • 雪の夜の迎えへのコメント

    心のどこかで弱気の虫が「間に合わなければいい」なんて言ってるんじゃない? 告白できなかった自分を正当化できるから。でも、一人になったとき、花束を見つめながら自己嫌悪に陥るのよ。振出しに戻ってループ状態(笑)

    作者からの返信

    へたれすぎる彼なんです(^_^;) 渡せずに花束が残ったら、一人でどうしようもないものねぇ。

    2020年11月24日 22:48

  • 雪の車中へのコメント

    ちょっとドッキリでしたが、待ち合わせ場所で無事に会えた佳宏と由利。バラの花束、準備しておいてよかったですネ♪♪

    作者からの返信

    まわりのメンバーが頑張ってくれました(*^^*)

    2020年11月24日 22:47