第3話 可愛い理由

 


 職場の部下である高橋たかはし由茉ゆまと付き合って一ヶ月が過ぎた。

 ちょっと強引で仕事以外は言うことを聞かないところがある由茉ちゃんは、恋人になったからといって変わるわけでもなく相変わらずだった。

 鳥のひなのように後を付いて来るのも変わらない。

 私がお昼で食事に向かえば付いて来るし、休憩時間に席を立っても付いて来る。

 理子りこさん、理子さん言いながら子供みたいにまとわりついてくる。

 少し鬱陶しいけど、可愛くもある。

 由茉ちゃんが入社してきた時は、その数年後に関係を持つなんて微塵も想像していなかった。

 そもそも職場の人間にカミングアウトは一切してなかったし、付き合うのは仕事とは関係ない所にいる人が常だった。

 隣りで眠る由茉ちゃんのぬくもりが、あまりに心地良くて、久しぶりに恋人のいる生活に満たされている。

 その相手が由茉ちゃんなのが少し悔しくもあるけど、いつもにこにこしながら懐いてくれるのは正直、可愛いし愛しい。

「⋯⋯理子さん」

 由茉ちゃんが起き上がった気配がする。

 私の顔を覗き込んでいるのか、瞼が暗くなる。

 私も起きようかと思ったのだが、突然起きて由茉ちゃんをびっくりさせてやろうといたずら心が芽生える。

「理子さーん」

 ぺちぺちと頬を触られる。

「り、こ、さ、ん」

 耳元に吐息を感じるくらい近くで名前を呼ばれる。

「全然起きないなぁ。理子さんの寝顔可愛い」

 おでこにキスをされた。

 予想外の行動をされて無性に照れくさくなる。自分の耳がかっかと熱くなるのを感じた。しかしこんなことをされては、起きるタイミングが全く分からない。

「理子さん、好き」

 今度は私の肩にキスをしている。

「起きないからキスマーク付けてやる」

 宣言した通りに私の肩を強く吸う。

 本当にこの娘は私の言うことを聞かない。仕事の時みたいに少しくらいはこちらの言うことも聞いてほしいものだ。キスマークは付けるなと言ったのに。

 こんな事を言いながら、昨晩は由茉ちゃんのあちこちにキスマークを残した身なので起きてても強くは言えないが。

 由茉ちゃんはキスマークを付けられるのが好きらしいので、私も遠慮なくやってしまった。

 私なんて世間からしたらもうおばさんの年齢なのに、由茉ちゃんは私のことを大好きでいてくれる。

 一体彼女の何に引っかかったのかは未だに謎のままだが、たまには相手から強く求められるのも悪くないなと思う。

「きれいにできた〜! でもバレたら理子さんに怒られそう⋯⋯」

 分かっててやるのだから質が悪い。まるでいたずらっ子の子供だ。

 だけど、どうしても憎めないのだから私も大概甘い。

「どうせ怒られるなら、もう少し付けよ」

 由茉ちゃんは私の胸に唇をよせた。

 さて、どこで起きるべきか。

 彼女がいくつキスマークを残すのかこのまま寝たふりを続けてみるのも面白い。

 結局、由茉ちゃんは私の腕やら足にも付けて、飽きたであろう頃に私は起き上がった。

「おはよう由茉ちゃん。先に起きてたんだね。早起きね」

「理子さん、おはようございます!」

 とご機嫌そのものの笑顔だ。

 私はしばし由茉ちゃんの処遇をどうするか考えてから口を開いた。

「由茉ちゃん朝から元気だよね。私に何個キスマーク付けたのかな?」

 笑顔が一瞬で青ざめたのを見て、私は笑いそうになるのを堪えた。分かりやすい娘だ。

「きちんと教えなさい、由茉ちゃん」 

「お、起きてたんですか⋯⋯」

「目をつむって横になってたよ」

「何で起きてたのに寝た振りしてたんですか!!」

「目が覚めたからってそれを伝える義務はないと思うけど」

「理子さん、ひどい! でも私は謝らないですよ。止めなかった理子さんが悪いんだから!」

 拗ねたように口をへの字にしている。子供みたいに表情が豊かでくるくるよく変わる。見ていて飽きない。

 これだから、この娘をいじるのをやめられない。

「それはそうね。止めなかった私はどうこう言えない」 

「⋯⋯理子さん、怒ってますか?」

 次は泣きそうな顔で私を見ている。感情がすぐ顔に出る。とても分かりやすくて、とても愛らしいのが由茉ちゃんだ。

「怒るくらいなら止めてた」

「じゃあ、怒ってないですか?」

「可愛い彼女の可愛いいたずらに怒るほど、鬼じゃないよ」

 私は由茉ちゃんを抱き寄せて頬にキスをした。

「理子さん、優しい。私、彼女にキスマーク付けるのも付けられるのも大好きなんです。あ、ちゃんと服で隠れるところにしましたよ」

「それは良い子ね」

 頭を撫でると恥ずかしそうに笑う。

(全く、何なのよ。可愛いすぎるじゃない)

 そのうち惚れられた弱みが惚れた弱みになりそうで、私は彼女にデレデレの未来の自分を見たような気がする。

 でも幸せだから、それもいいかなと思っている。

 お互いに惚れ込めるのも、幸せなことだ。     

     

          

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る