追放されてから数年間ダンジョンに篭り続けた結果、俺は死んだことになっていたのであいつを後悔させてやることにした

作者 チドリ正明

3,597

1,419人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★ Very Good!!

設定とかすごく好きだし物語の流れも好みなんだけど、話が唐突すぎるというか、冒険者としてやり直すみたいな流れだったのに急に国を作るとか言い出すし
そもそも復讐相手が有名になっていたから悔しがらせるために冒険者としてやり直す話のはずが街に戻った時はまだ復讐相手の現状がどうなっているのか出ていないのに冒険者登録してAランクの依頼を受けていたりとあらすじと話が違う感じになっていて読んでいて困惑しました
上にも書いたのですが設定自体は好きですし、主人公が強くてざまぁする系の話は好きなので、あらすじとの相違や話の展開に気をつけて頑張って欲しいです。

★★ Very Good!!

のですが、、、

他の方も言ってるように色んなところの持って行き方が強引というか描写がないというか、読んでて違和感を感じてしまう、、、ダンジョンある国の領地もらって国作ろう!それなら直接お願いしに行こう!は流石に無理が…

文もしっかり書けてますし、面白いのですが、肝心な描写部分が作者様の頭の中でしか完結していない為、なにがどうなったのか分からないことが少し多いです…自分の読解力の無さのせいかもですが…

Good!

作者さんが書きたい設定や流れはわかるし、自分にとっても大好物。
しかし、その流れに持っていくための理由付けが強引かつ弱かったりするので、自然な流れとして読めない。
例えば、虐げられてた描写もなく、強さとは関係なく追放されているのに、なぜか見返すために強さを求めてダンジョンに向かう。せっかく辛い過去や冒険者に対する熱い想いの描写があるのにも関わらずである。
こう一つ一つ噛み合わない感じがして、脳内ツッコミがとまらなくなってしまう。

批判的っぽく書いてはいるが、本当に展開や流れはめっちゃ好き。めっちゃ好きなだけにすごく勿体無く感じる。

今後に期待してます。
いや、本当に応援してます。
大好物なんで。