第2話勃起ってピンポイントマッチョだよね

安「勃起ってピンポイントマッチョだよね」

土「そうだね」

安「そこだけ見ればみんなムキムキ💪」

土「そうだね、プロテインだね」

安「黙れオネショタ信者」

土「ケモナーだ、二度と間違えるなくそが」

湯「何言ってんだお前ら」

湯「百合こそ至高の極みだろ」

安「う ん こ」

湯「きっしょ」

土「ま○こ」

美「きもちぇぇー」

土「ヨシ!」

美「感度確認!ヨシ!」

安「風呂に入った後の指の如くふにゃふにゃになるまでフ○ラしないとイケない男」

安「それが土井」

土「つよい」

安「サキュバスであろうと苦戦するほどの遅漏」

安「それが土井」

土「つよい」

湯「あーもうめちゃくちゃだよ」

土「下ネタを言っちゃああかんのか!」

安「もっといえ」

湯「やめて」

土「ドギツイのお見舞いしてやるぜ!」

土「今日機嫌悪いね。生理?」

安「あっ」

湯「それ言って許されるの、イケメンだけだからな」

土「クーン」

安「くそぉ」

安「個体値の差か...」

土「人生リセマラどうぞ」

湯「マスクつけてずっと笑っとけ」

土「俺じゃん」

湯「弱キャラ安原くん」

安「ひ○みきて」

湯「こないよ」

安「石鹸をローションがわりにシコったらいい匂いしそうだよね」


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る