「この文章と同じ、吹き出し一つ分の話を聞いてよ」

作者 笹煮 色

0

0人が評価しました

★で称える

レビューを書く

書かれたレビューはまだありません

この小説の魅力を、あなたの言葉で伝えてみませんか?