朝日に照らされて

 裏口から校舎を出ると、ムジナの姿は1体も見えなかった。

「ラッキーだね、哲也君」

「さっき表で車の音が聞こえたからな、そっちに集まっているんだろ」

 道は危険だから森の中を進むぞ、と哲也は森の中に入る。

 夜の森をゆっくりと進むと、やがて月明りに照らされた石像が見えてきた。幸運にも、ここまでは1体もムジナに遭遇していない。

 しかし、

「止まれ」

 先を歩いていた哲也が小さな声で呟く。石像の周囲には、石像を守るようにムジナが集まっていた。

「どうしよう、哲也君」

「あれだけ守るように立っているんだ。きっと石像があいつらの弱点なんだろ」

 哲也は考え込むように首を傾げると、首から下げたムジナ避けを外し、祐樹の手に押し付けた。

「俺が引き付ける。祐樹、石像の方は任せた」

「え?」

 祐樹が何か言う間もなく、哲也は駆けだす。

「こっちだぞ! ムジナ!」

 その声に反応したのか、石像の周囲にいたムジナが一斉に哲也を追う。

 祐樹は震える脚に力を込め、ゆっくりと石像に近づいていく。早くしなきゃ、と焦れば焦るほど、足は地面を捉えることができない。

 それでもなんとか石像の前にたどり着くと、袋からムジナ避けを取り出し、左右の手に一つずつ握りしめる。ムジナ避けは、これまでにないほど熱くなっていた。

 その時、石像の胴体の部分から、白い煙がゆっくりと湧き出てくる。

「ひっ!」

 思わず後ずさりした祐樹は、何かに足を取られ、その場に倒れこんだ。白い何かは新たなムジナとなり、祐樹を見下ろすように立ち上がる。祐樹は地面に倒れこんだまま必死に手足を動かし、ムジナから離れていく。

「祐樹、逃げるな!」

 しかし、森の奥から聞こえてきた哲也の声が壁となり、哲也の背中を支えた。

 今、哲也はムジナに追われている。祐樹の前に1体のムジナしかいないのは、哲也が他のムジナを引き付けているからだ。

 哲也がムジナを引き付ける役目を担ったのは、責任感と、

「僕なら、僕ならできるって信じていてくれるからだ!」

 祐樹は一呼吸の間に立ち上がると、ムジナに向かって走りだす。

 ムジナは半透明な手を祐樹に向かってぼんやりと伸ばす。

「うわぁ!」

 祐樹はムジナの手の下に滑り込むように体をねじ込むと、その勢いのまま、両手のムジナ避けを叩きつける。

 その瞬間、石像から大きな悲鳴のような音が鳴り響いた。同時に徹夜に手を伸ばしていたムジナが煙となって消え去る。

「や、ったの、かな?」

 祐樹は周囲を見渡すと、ゆっくりと道の方に進んでいく。

 数分歩くと、いつもの朝日に照らされたいつもの通学路が見えてきた。

「祐樹!」

 通学路では、哲也が大きく手を振っていた。体中に泥や葉っぱがこびり付き、頬には大きな引っ掻き傷もできている。

「ムジナは?」

「いなくなった!」

 祐樹と哲也は拳を合わせると、その場にへたり込む。

 二人の視線の先では、地平線から朝日が顔を出していた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

森の中で ゆーり @yuri5858

★で称える

この小説が面白かったら★をつけてください。おすすめレビューも書けます。

カクヨムを、もっと楽しもう

この小説のおすすめレビューを見る

この小説のタグ

参加中のコンテスト・自主企画